作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

MagPiマガジン76号はやっぱり3A+情報

スポンサーリンク
magpi76-title The MagPi
Raspberry Pi 何ができる

今回のMagPiマガジンには、先日発売になったRaspberry Pi 3 modelA+の情報が詳しく載っていました。まだ日本では手に入りませんが、事前の予習としては充分な内容です。

rpi3A+の紙面

これまでのRaspberry Pi の性能を比べたベンチマーク結果のグラフは参考になります。自分ではここまでできませんからね。

 

特に3A+では発熱量が抑えられているため、使用時のヒートマップは良く分かり易いです。

ヒートマップ

消費電力も抑えられているからこそです。その割に性能は3B+に引けを取りません。サイズ感や価格といった点が、USBやイーサネットポートの制限(1つ・なし)が許容できるプロジェクトならば、3A+は最適になりました。

サイズ感はZero系が魅力的でも、性能とイーブンでは実現しないプロジェクトもあるでしょう。

3B+ではオーバースペックなプロジェクトは多いので、今後は間違いなく3A+が主力になりそうです。

 

他にも素晴らしいプロジェクトやそのガイド、様々なレビューもあります。 毎月のPygameチュートリアルでゲーム「パックマン」を作成する方法を紹介しています。

主な内容

  • Pygame Zeroのコードパックマン
  • スマートライトを作成する
  • ロボットキャットであるNybbleに会いましょう
  • Raspberry Pi で作るクリスマスギフト10選

クリスマスプレゼント10

 

公式のラズパイマガジンである「MagPiマガジン」は、PDF版なら無料でダウンロードできます。当然のことながら英語ですが、図や写真も多いので、英語が苦手な人でも楽しめます。

The MagPi Magazineとは?

Raspberry Pi 公式の雑誌があるのをご存じですか?

イギリス発祥で当然のことながら英語になります。(と、言ってもそんなに難しい英語ではありません。高校までの英語で充分だと思います)
「The MagPi Magazine」と言い月刊誌です。次の方法で読むことが出来ます。

  1. 紙ベースで印刷されたいわゆる雑誌として購入する
  2. その紙ベースの雑誌を定期購読する
  3. iOS、Androidアプリとして定期購読するThe MagPi: the official Raspberry Pi magazine - Raspberry Pi Trading Ltd(iOS)
  4. 公式サイトからPDFをダウンロードする(無料)The MagPi Magazine

このように4パターンあります。

4番のPDFであれば誌面を無料で購読できます。汎用的なPDF形式なのでスマホでもどこでも読むことが出来るので便利です。

紙ベースの雑誌を購読すると購読の初回特典と、雑誌の付録が付いてきます。

購読料は次の通りです。

購読料 イギリス国内 各ヨーロッパ国内 アメリカ 世界のその他の地域
月額払い £4(570円) £6(854円) £7.5(1,067.9円) £8(1,139円)
年間払い £55(7,831円) £80(1,139円) £90(12,815円) £95(13,527円)
アプリ版(月額) £3(427円)
PDF版 0円

日本のような地域はイギリス国内の倍なので、電子書籍が通常の現在は、無料のPDF版でも充分だと思います。

これらが日本語訳で刊行される話はどうなったのだろう??

参考:subscribe to The MagPi

The MagPi
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント