作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

The MagPi 69号のレビュー

magpi69 The MagPi
Raspberry Pi 何ができる

今号のメインは3Dプリンター特集

99ドル〜150ドル、200ドル以下の低コスト3Dプリンターが登場しています。これでRaspberry Piのケースを作ったり、プリンターのモニタリングをRaspberry Pi でやってみようといった内容です。

作成例

ニュース

GoogleAIYのキット2種類がバージョンアップしました。どちらもRaspberry Pi Zeroと WHに変更され、それぞれRaspberry Pi 本来を含んでの販売となりました。
価格はAIY Voice Kit V2 が$50,、AIY Vision Kit V1.2が$90です。日本円ではいくらになるのかまだ発表はありませんね。

aiykit-1aiykit-2

アイディア製作の紹介

  • コダックのブローニーカメラをRaspberry Pi で復元しよう!
  • ミシンでの刺繍をデザイン通りに自動的に刺繍するマシン!
  • 砂金取りの大会用のタイマー?!ゴールドタイマー
  • 水中で動く魚のロボット!それもリアルに泳ぐ
  • タッチスクリーンを使ったデータ表示システム

・・・等など

タッチスクリーンは難しそうだけど作ってみたいですね。

タッチスクリーンを使用したシステム

 

たまにセールしている5インチモニター。当サイトでも使用中です。ドライバーも一発なので簡単セットアップです。

Pi StickとRasPad

3Dプリンターでケースを作らないと格好が付きませんけど、AmazonStickTVみたいなKodiを搭載したPi Stickって格好良い!

pi-stick

RasPadはRaspberry Pi をタブレット端末に変えるキットのこと。ちょっとお高いですけどね。

RasPad – a Raspberry Pi Tablet for Creative Ideas

 

この他にもまだあり全100ページです。今号は気になる記事が多かったです。3Dプリンターが欲しい。

 

The MagPi Magazineとは?

Raspberry Pi 公式の雑誌があるのをご存じですか?

イギリス発祥で当然のことながら英語になります。(と、言ってもそんなに難しい英語ではありません。高校までの英語で充分だと思います)
「The MagPi Magazine」と言い月刊誌です。次の方法で読むことが出来ます。

  1. 紙ベースで印刷されたいわゆる雑誌として購入する
  2. その紙ベースの雑誌を定期購読する
  3. iOS、Androidアプリとして定期購読するThe MagPi: the official Raspberry Pi magazine - Raspberry Pi Trading Ltd(iOS)
  4. 公式サイトからPDFをダウンロードする(無料)The MagPi Magazine

このように4パターンあります。

4番のPDFであれば誌面を無料で購読できます。汎用的なPDF形式なのでスマホでもどこでも読むことが出来るので便利です。

紙ベースの雑誌を購読すると購読の初回特典と、雑誌の付録が付いてきます。

購読料は次の通りです。

購読料 イギリス国内 各ヨーロッパ国内 アメリカ 世界のその他の地域
月額払い £4(578円) £6(868円) £7.5(1,084.6円) £8(1,157円)
年間払い £55(7,954円) £80(1,157円) £90(13,015円) £95(13,738円)
アプリ版(月額) £3(434円)
PDF版 0円

日本のような地域はイギリス国内の倍なので、電子書籍が通常の現在は、無料のPDF版でも充分だと思います。

これらが日本語訳で刊行される話はどうなったのだろう??

参考:subscribe to The MagPi

 

他のオススメ雑誌をまとめてみました!

→ 雑誌や書籍で学ぶRaspberry Pi

 

こちらの記事もオススメです♪
The MagPi
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント