\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

macOSからWindowsへのリモートデスクトップは公式Appが最適

WindowsはOSレベルで標準搭載されているリモートデスクトップ機能が便利です。ただ、macOSとの連携では不都合もありました。OSが異なるので仕方ないですけどね。

macOS用Appとして公開されているMicrosoft Remote Desktopの利点を感じましたのでご紹介します。

キーボードの問題なので、Macユーザーならではの利点です。Microsoft Remote Desktopならかなキーが使える!

この記事の主な流れ

リモートデスクトップ(RDP接続)

試した環境としては、遠隔地ではなく屋内での使用です。でも便利ですけどね。

S41というスティック型PCを、離れた部屋のMacから遠隔操作しています。どうしてもWindowsが必要な時がたまにあるんですよ。普段はリビングPCになっているS41を、月に1度くらいの頻度でWindowsマシンとして機能させる使い方をしています。

Windows側でリモートデスクトップで接続する準備を1度してから接続します。

あっ、Windowsは11 Proです。

接続の許可

Windows11 Proでも、デフォルトはリモート接続を許可しない設定になっています。先ずは許可させましょう。

設定→ システム→ リモートデスクトップ

アカウントの追加

利用したS41は、購入時に「S41」というローカルアカウント(管理者)が既に設定されています。単独で使う際も、初期状態ではなく利用するユーザーを追加してから自分用に設定するのが望ましい使い方です。

今回は更にRDP用のアカウントを追加しました。

設定→ アカウント→ 家族とその他のユーザーからアカウントを追加します。ここではローカルアカウント(管理者)「rdp-user」として設定しています。もちろん、Microsoftアカウントで作っても構いません。

屋内でもリモートデスクトップ

遠隔地のマシンを操作するのに便利なリモートデスクトップですが、家庭内の別の場所レベルでも便利なんです。

特に私はメインがMacですから、Macでそのまま操作できるのはとても楽です。

Raspberry Piと同様にVNCでも良いのですが、せっかくOSレベルでリモートデスクトップが搭載されているので、利用しない手はないですね。

Windows はProバージョンからリモートデスクトップのホストが利用できます。Homeではできません。

接続はIPアドレスかホスト名またはコンピュータ名

接続するには、Raspberry PiとVNCでも同じように、アプリからIPアドレスかホスト名を入力して接続するだけです。システム情報にあるコンピュータ名でも可能です。

同Wi-Fi内でのリモートデスクトップなので、フルHDで表示させても動作はスムーズです。階が離れている程度でも利便性を感じますよ。

macOSでリモートデスクトップ

本来の目的である会社と自宅のような遠隔操作も可能です。

※ファイアウォールやVPNが必要な場合、それぞれの設定は必要になります。環境に依ります。

Macで使う公式のAppの利点

MacにはAppStoreからMicrosoft公式のMicrosoft Remote Desktopが無料で利用できます。ランキングでもビジネスApp2位なんです。

公式からMac用APPがリリースされている

Windowsユーザーには関係ないお話ですみませんが、Macなら他のソフトウェアではなく、この公式Appはオススメです。

Microsoft公式Appの最大の利点として、macOSのキーボード対応が挙げられます。

Macの純正キーボードは、スペースバーの左右に「英数」「かな」のキーがあります。これで日本語入力を切り替えて使う形です。Windowsユーザーには馴染みがないキー配列です。

Macのキーボード

これがくせ者でして、リモートデスクトップを使う際、Microsoft公式ではないソフトウェアの場合、このキーで変換ができなくてハマることが多いんですよ。

その点、公式Appの場合、キーボードモデルをUnicodeにしてあげれば、ちゃんと機能してくれます。

これならストレスなくMacからWindowsを遠隔操作できます。ホント、便利。

WindowsとMacのリモートデスクトップは、Microsoft謹製がよろしいという情報でした。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメント一覧 (4件)

  • はじめまして。

    日本語入力の切り替えについて報告です。

    記事中の、Keyboard Mode ----> Unicode を試してみましたが切り替わりませんでした。
    メモ帳上ですが半角スペースが入力されるだけです。

    環境:
    Mac Book Air M1:Big Sur 11.5.2
    Microsoft Remote Desktop Ver. 10.7.9
    Windows11Pro:Ver.21H2

    • お知らせをありがとうございます。
      あら、また出来なくなったようですね。
      記事公開当時はこれで凌げたのです。
      キーマップを変更するしかないでしょうか。何かお分かりになりましたら、また書き込みください。

      • その後です。

        情報を探ったところ、キーボードレイアウトに関するdllに問題があるという報告を見つけました。
        レジストリの1箇所を書き換えるだけのお手軽な修正だったので試してみると、問題はすんなり解決してしまいました。
        他にどのような影響がでるのかわかりませんがこのまま使い続けてみようと思います。

        ありがとうございました。

      • わざわざありがとうございます。Windowsのレジストリを書き換えるのですね。参考になりました。
        情報としてまた調べて追記しておきますね。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ