M5StackGrayでMicroPythonの環境構築ができない(Mac)

特集記事

タイトル通りなのですけど、MicroPythonのファームウェアをMacで書込が見事に失敗しました。初めに断っておきます。解決していません。(※少し進展したので追記しました

環境を書いておきます。

  • M5Stack Gray (16MB版)
  • Mac OS Mojave 10.14.4
  • Python 2.7.16(pyenvでインスト)(OS標準は2.7.10です)
  • pip install esptoolでインストール

以下の通りに行ったのですけどね。

https://github.com/m5stack/M5Cloud/blob/master/README_JP.md

これ、esptoolをpipでインストールすると失敗するような情報もありました。実際にはesptoolで消去と書込は成功しています。書込が終了してもLCDに表示されないのです・・・線だけ。

M5のLCDに線だけ

何コレ。ポンかっ!!

ファームウェアはオフライン版とクラウド版の2種類があります。どちらも書き込んでみましたが同じでした。消去&書込は出来ているため余計に訳が分かりません。

GitHubにあるこのファームウェアのリンクからダウンロードしてみたのですが、リンク先がおかしい時もあったのようなので、clone or downloadで全て落として再度試みました。結果は・・・やはりダメです。やっぱりLCDはポンでした・・・。

Macの環境のせいだと思われます。もしかしてバージョンか?と思っていくつか試しても同じです。

× m5stack-20180516-v0.4.0.bin (オフライン版)

× m5cloud-20180516-v0.4.0.bin (Cloud版)

× m5stack-20180323-v0.3.8.bin (オフライン版)

M5Stack用のMicroPythonのファームウェアが2種類あるようですね。M5CloudとM5Stack_MicroPythonです。先程までのはM5Cloudのオフライン版ということですね。

https://github.com/m5stack/M5Stack_MicroPython

これオフラインだけど、IDE環境がない・・・。FTPで転送するの?? 使い方も分からない・・・。

他に、UiFlowというのがあります。Scratchみたいにブロックで組めます。Pythonも使えます。使ってみようとfirmwareをダウンロードしたものの、肝心のfirmwareフォルダが空っぽなんだけど、これは私だけが見えないのかな・・・。

あっ、UI Flowの起動とfirmwareの書込は解決しました!

M5Burner画面

Twitterでフォローさせていただいているしおさん@o_sioが私の悩みに反応してくれました。ありがとうございます。助かりました。

直接M5Burnerを叩けばOKとのこと。単純にダブルクリックでアプリは立ち上がりました。

M5Buner アイコン

firmwareフォルダが空っぽだったのは、個別にダウンロードするからでした。アプリケーションが立ち上がらないから分からなかった。

とりあえず、バージョン1.2.3のファームウェアをこれで書き込んでみたところ・・・、

m5エラー

やっぱりポンかー!!

でもね、しおさん曰く、LCDは表示されないバグがあるのも事実のようです。(恐らく特定の環境)だから動作はしているので、他のサイトを参考に操作してみました。

再起動するとUI Flowのロゴが出るらしい。・・・ポンだから想像して、その間に右ボタンを押します。

すると、M5StackがWi-Fiのアクセスポイントとして振る舞います。192.168.4.1へ接続するようにLCD画面に出るらしい。・・・やはりポンの画面のままなので、そうやって想像してMacのWi-FiアクセスポイントをM5Stack-xxxへ繋ぎなおします。扇マークから選ぶだけです。

192.168.4.1ブラウザで接続しますと、現在の自宅のWi-Fiのパスワードを入れろと出ます。それを入れると設定終了です。

成功すると以下画像になりますので、M5Stackの横ボタンを1回押してリセットします。

Wi-FiコネクションOK画面

本来ならLCDにロゴが出ている間に左ボタン長押しでAPI KEYが出ます。

しかーし!画面はやっぱりポンのまま・・・。

M5のLCDに線だけ

これではAPI KEYが読めませんから、再びあきらめました・・・。

M5Stackは人気があるのは分かりますが、ちょっと環境を構築するのに心が折れますね。microPythonを使いたいけど、どれもダメだったので、ひとまず修正されるまで待ちます。

んー、非エンジニアにはツライッス。

恐らくMacの特定環境だけだと思います。たぶん。きっと。

ちなみにArduinoIDEは問題無く使えます!!

以上、あきらめの現場からお送りしました!

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  2. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  5. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  6. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP