StreamDeckもRaspberry Piで作れるってよ「StreamPi」

streampi-title
過去の話題

ライブコンテンツ作成コントローラー「StreamDeck」はご存じですか? 簡単に言えば、カスタマイズキーボードみたいなものです。

ちょっと面白い使い方でしたのでご紹介します。

StreamPiで、Steamではないですよ。

そしてStreamDeckというのはこちら。

CORSAIR elgato STREAM DECK XL ライブコンテンツ作成コントローラー メーカー保証2年 USB3.0 LCDボタン:32個 10GAT9901

これをRaspberry PiとLCDディスプレイで再現してみたのが「StreamPi」です。

サーバー・クライアント構成?

StreamPiはRaspberry Pi だけで完結するものではありません。サーバー、クライアントの関係で表現する仕組みです。

Raspberry PiはStreamPi アプリケーションとして実行し、ユーザーからの入力を受け付けます。ボタンが押さた場合に、割り当てたイベントがトリガーされます。

このクライアント側にインストールできるのは、Raspberry Pi OS(arm)や他のLinux(x64)、AndroidとWindowsです。

サーバー側はLinux(x64)とWindowsです。

※バージョンはそれぞれ記事執筆時点の初リリース版です。

このサーバー側とイントラネット内のIPアドレスを指定して動作させる仕組みです。websocketでやり取りさせています。

サーバー側アプリケーションで、ボタンをカスタマイズすることが可能です。
ボタンのアイコンを変えたり、プログラミングが可能な人ならカスタマイズに勤しめるでしょう。

それぞれAPIとして用意され、以下のようなアクションが実現できるとあります。

  • Hotkey
  • Website
  • Twitter
  • OBS Actions
  • Run Command
  • Text Block
  • Media File
  • Media Key
  • Twitch

テーマもAPIとして用意されていました。テーマを呼び出すだけならサクッと適用できて良さそうです。

Raspberry PiはLCDディスプレイで表示とボタン入力用の役割だけとなります。StreamDeckのような物理的なボタンではないにしても、安価に構築できそうです。

15個や28個のボタン画面がありましたので、かなり割り当てられそうです。

TwitterのAPIは既に利用でき、ボタンを押すだけでツイートを作成できます。今後は他のAPIも利用できるようになる予定と記載されていました。

デモではRaspberry Pi 4でした。ボタンの待ち受けだけだと少し勿体ない使い方かなー、と思います。Raspberry Pi 3B程度で快適に操作できるなら、3.5インチ〜5インチのLCDも安価ですし、トライしてみてはいかがでしょうか。

中級者向けですね。

興味あるアプリケーションだったのでご紹介しました。

詳しくはStreamPiのページ、またはgithubで確認してください。

StreamPihttps://stream-pi.com
githubhttps://github.com/stream-pi

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました