作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

LibreELECで観られなくなったAmazonVODアドオンの問題

widevine-issues Amazon

先日から観られなくなっているLibreELECによるAmazonプライム・ビデオが音だけ再生できるようになりました。

実はLibreELEC9からは全く問題無く視聴出来ていました。その辺は次の記事にまとめてあります。

Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー
先日、バージョンアップしたLibreELEC 9.0でAmazonプライム・ビデオを設定して視聴できるようにしました。(※この記事は2019年にたくさんのアクセスをいただいています!いつもありがとうご...

ちょっと問題解決にアレコレ調べてみました。

Google側の問題

LibreELECにTwitterで訊いてみたら、Google Chromeを利用している関係で、Googleの仕様変更によって観られないとのことで、アドオン側で対応してもらわなければならないと判明しています。

AmazonVODアドオンを起動すると、こんな感じに読み込めます。

libreelec-vod1

タイトルをクリックすれば再生されます。

先日までプレイヤーが起動もしなかったのに、本日時点でアプリケーションがコケることはなくなり、一応再生されます。

が!

libreelec-vod2

スクランブルが掛かったような映像です。音は正しく再生されています。

観られなくなってから調べて、いくつか対応したのですけど、ダメだったから諦めていたのです。

I think I may have solved the Widevine installation problem in Kodi 18 on Raspbian · Issue #44 · emilsvennesson/script.module.inputstreamhelper
My Config: Raspbian Stretch Lite with vanilla LXDE and Openbix installed on top, Raspberry Pi 3B+, Kodi 18.0-1. Prerequisites The following instructions were te...

このサイトの手順を実行してもその時はダメだったんです。この投稿者はこれで問題を回避できたとあります。ただ、環境としてOSがLibreELECではなく、Raspbianです。

手順は面倒ですが、最終的にlibwidevinecdm.soとrecovary.confをリネームしたwidevine_config.jsonを決められたディレクトリにコピーしたのですけどね。ダメでした。

 

なぜ? GoogleChromeブラウザが必要かというと、実はVODの再生は、内蔵ブラウザで再生させてもできない場合はChromeブラウザで表示しています。この時、ChromeブラウザがRaspberry Pi では対応しないようになっていて、それを回避するために、HP Chromebook 11だよ、と偽装させています。と言ってもWidevineはGoogleが買収したのでGoogle側なんですけどね。合法です。

Google側がRaspberry Pi もVODにアクセスできるようにしてくれれば良いのですけどね。

これが原因??

もしもAmazonプライム・ビデオを観ようとして、以下のようなダイアログが出てきたら注意です。

これを実行したら観られなくなったと思っていました。結論から言うと、これを回避してもダメでした。

widevineアップデート

原因はやはりGoogle側の仕様変更です。ここに記載があるようにChromeブラウザを特定の機器でしか実行出来ないようにしてあったのを、更に変更したということらしいですね。

spring

この「SPRING」というのがKodiの中にあるconfig.pyに設定されています。先程の投稿者はこれを別のバージョンの「SKATE」に変更して回避したとあります。

Assuming you’ve already set everything up under a root instance of Kodi, closed it, and then opened Nautilus as root, navigate to /root/.kodi/addons/script.module.inputstreamhelper/lib and open config.py in your text editor of your choice.

Change CHROMEOS_ARM_HWID = ‘SPRING’ to CHROMEOS_ARM_HWID = ‘SKATE’, then save the file.

この「SKATE」の他にもHP Chromebook 11対応のバージョンはあるのですけど、どうもサイズの問題で無理のようです。「SKATE」は唯一600MB以下だから選んだと記載してありました。

 

あっ、ここに書いてある。

News | Widevine
Widevine provides multiplatform DRM and video optimization solutions using industry adopted standards including common encryption (CENC) and encrypted media ext...

Widevine CDM for Chrome 58 (or earlier) is no longer supported.

これじゃね?

結論は・・・まぁ待て?

とりあえず記事執筆時点ではまだ対応できていないので、Amazonプライム・ビデオは観られません。音声すら出なかった時から一応は音声は出るし、裏で動いているChromeブラウザもコケなくなったので、時間の問題かと。

少なくてもアドオンやLibreELECがバージョンアップしていませんから、待ちの状態ですね。

 

この記事で「なんだRaspberry Pi で観られないのかよー」とお嘆きにならないでください。これまで観られていましたし、仕様変更でアドオンが対応すれば大丈夫です。

その証拠にほら、リストに入っていますよね?

widevine trust

待ちましょう!

コメント