LibreELECがマイナーバージョンアップで9.0.1 (Leia)に

LibreELEC

今回のLibreELEC 9.0.1(Leia)マイナーバージョンアップには、ユーザーエクスペリエンスに対する多くの変更と改良、および安定性の向上とハードウェアサポートの拡張のための基礎となるOSコアの全面的な見直しが含まれています。

このバージョン9からKodi RetroplayerやDRMサポート(要アドオン)でNetflixやAmazonのようなサービスからの非公式ながらストリーミングを可能にする新機能があります。

Changes since LibreELEC 9.0.0
updated Kodi to 18.1
updated Kernel to 4.19.23
fixed TBS 5520SE tuning
fixed Zotac remotes
fixed pvr.hts (Tvheadend) timeshift (partly)
Settings Add-on:
Changeable SSH passwords!
Default firewall (iptables) with simple configurations for Home/Public networks
Updates are moved to their own menu, other options are cleaned up a little
Safe Mode boot when Kodi experiences startup problems

アップデートの内容をみていきましょう。

LibreELEC 9.0.1 (Leia)

アップデートチャンネル

VPNサービスを使っている人でSSH / SMB / Webサービスを公開していて、セキュリティ上で危険にさらされていることに気が付かずにいるユーザーが増えています。

これに対してホーム/パブリックネットワーク用の単純なファイアウォール設定を追加されました。デフォルトの設定(ホーム利用)では非プライベートネットワークからのインバウンド接続をブロックするようになりました。

セキュリティ的にも9.01へアップデートした方がイイでしょう。設定が自動更新でアップデートしていなかったので、私は手動でアップデートしました。

自動更新の設定

一度Auto設定をManualに変更して、アップデート用のチャンネルをLibreELEC 9にすることでアップデートするバージョンが選べます。そこでLibreELEC 9.0.1を選べば問題なく更新できました。

設定にいくつか新しい機能が追加されていますが、特に変更しなくてもOKです。アレコレ設定していて気になる人は、より細かく設定できることに気が付くと思います。

AmazonとLibreELEC9

Netflixは試していませんが、Amazonプライム・ビデオは簡単に対応できました。

アドオンのインストールなどは経験しないと分かりづらい面はありますが、紹介した記事の通りに進めていけば簡単です。Amazonプライム・ビデオを観られる環境の人(Amazonの会員)ならば一度試して見ください。とても快適です!

テレビを観るにはチューナーカードが必須

LibreELECで地デジを視聴や録画をするには別途、テレビチューナーカードが必要になります。個人的にはLibreELECをテレビ画面に表示しているのなら意味が無いと思っています。PC用液晶モニターであれば意味があります。

最初からいくつかのDVB ドライバーが提供されています。このバージョンからは更に充実しています。

Linux上で動作するチューナーカードこれまでPT3がメインでした。流石に発売から時間が経ち古くなったので、最近はPLEXのPX-W3PE4が人気のようです。

LibreELEC一つで全てをシームレスに賄うには必要にあるチューナーカードは意外と高価なので、より趣味性が高い機能となっています。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

まとめ

LibreELECは9になり大幅に機能アップして安定しています。今回のマイナーアップデートもセキュリティ強化にも役立つので、積極的にバージョンアップした方が良いと思いました。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  3. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  4. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  5. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  2. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  3. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  5. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  6. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP