LibreElecが久しぶりにバージョンアップ!一部VODに対応?!

LibreELEC

LibreELECが久しぶりにメジャーアップデートしました。バージョンは9.0 (Leia)となり、現地2019年2月2日に公開されています。

今回は大幅なアップデートで新機能だけでなく、Kodiv18におけるLibreELECはファイナルリリースのため安定性も向上しました。次回はKodiもv19以上でのアップデートとなる予定です。

いつものごとく、公式サイトを意訳してお届けします。

新機能

意訳と共に新機能をみてみます。

LibreELEC 9.0(Leia)がようやく長い期間を経てやっと到着しました。 Kodi v18.0をベースにしたFinal 9.0リリースには、安定性を向上させハードウェアサポートを拡張するため、ユーザー体験に対する多くの変更と改良、および基礎となるOSコアの全面的な見直しが含まれています。

Kodi v18は、Kodi RetroplayerやDRMサポートのような(適切なアドオンを備えている)NetflixやAmazonのようなサービスからの非公式なコンテンツのストリーミングを可能にする新機能ももたらします。

引用:LibreELEC (Leia) 9.0.0 RELEASE

主な新機能は、Kodi Retroplayerが搭載され、AmazonプライムビデオのようなVODの視聴がOS側で対応した点です。

そして安定性を向上したことは長い開発期間から期待されます。

  • Kodi Retroplayer
  • VODへの対応(Amazon、Netflixなど)
  • OSの安定性

このKodi Retroplayerとは、Kodi(LibreELEC)の画面からシームレスにRetropieのようなゲームプレイインターフェイスへ変更してゲームが遊べるというものです。

非常に簡単にいうと、Kodi←→EmulationStationなど、を行き来できるということです。実はこれまでもできました。しかし、それはアドオンという形で、サードパーティが実現させたもので、今回はOS自体でサポートするということで異なります。

Kodi v18でレトロゲームの初期サポートと、Kodi内から直接何百ものレトロゲームをプレイする機能が追加されています。もちろんゲームROMは入っていません。合法なゲームで遊んでください。

VODの視聴もこれまでも可能でした。しかし、かなりピーキーな方法で誰でも構築できるものではありませんでした。このブログでもOSMCでの実現はできましたが、LibreELECでは挫折しています。

これが正式に対応ならば、これまでよりは簡単に構築できそうです。

早速やってみようと思います!

パイブラック
パイブラック

簡単だった

OSの安定性は、ここまでのバージョンアップでも実感してきたものですが、OSのコアであるKodiが枯れている(こなれている)ため、かなり安定性は確保できたのではないでしょうか。

v9.0以前も大きな不安定性ははありませんでした。数年前は色々と大変でしたけど…。

ダウンロード方法は2つ

LibreELECのダウンロード方法は2つあります。

  1. LibreELEC USB-SD Creatorというアプリケーションを使いダウンロード&SDカードへの書き込みを行う方法
  2. イメージファイルをダウンロードして別のbalenaEtcherなどを使ってSDカードへ書き込む方法

正直、LibreELECに関しては1のLibreELEC USB-SD Creatorを使う方が簡単で早いです。

LibreELEC Downloads – LibreELEC

書き込み手順は本当に簡単!

僅かに4ステップです。キャプチャ画像も5枚の簡単さです。特に説明も要らないでしょう。

マルチプラットホームに対応

細かい修正と新機能

ネットワーク周りの設定が強化されました。

SSHパスワードの変更が可能

SSHのパスワード変更が可能になりました。理由はVPNで接続する人が増えたためとしています。
それはVPNサービスをプライバシーのために使う人が多く、あまり理解せずにSSH、SMB、Webサービスを公開している人が増えています。

いくら接続がVPNであっても、サービスを外に公開しているなら意味ありませんね。外に公開しないでVPNで接続するといった方が分かりやすいでしょうか。外出先から安全に接続するためにVPNの構築は必須ですけど、他のサービス類がどうなっているのかも把握する必要がありますね。

公衆インターネットで見られるHTPCインストールの増加に対抗するために、変更可能なSSHパスワードとデフォルトのファイアウォール設定が追加されました。 増加の一因は単純な数学によるものです。 私たちのユーザーベースは拡大したので、HTPCを不適切にインターネットに公開するユーザーの数も増えました。 libreelecの静的パスワードは、ほとんどすべてのパスワード辞書リストに含まれているので、ユーザーに変更を勧めてもらうことが重要です。(SSHが有効になると初回実行ウィザードがプロンプトを出します)

簡単なファイヤーウォールの設定ができるのは有難いです。しかし、家庭内で使用する分にはこれまで通り設定も変更せず大丈夫でしょう。

セーフモードの搭載

これもよく分からないアドオンなどを入れてしまっても、問題を切り分けれることができます。

"Safe Mode"がKodiの起動クラッシュをカウントします。 起動に5回失敗すると、デフォルトの(クリーンな)設定と警告が表示されるので、ユーザーに問題があることがわかります。ただし、トラブルシューティングのためにGUIは表示されます。

こちらも通常利用で、特にアドオンのインストールなどをしない場合は必要ありません。ただ、安心ですよね。

DVBドライバー

広い範囲のDVBドライバーが提供されます。

DVBとは?
デジタルビデオブロードキャスティング(DVB)の略です。デジタル放送の受信形式といったところです。
日本ではスカパー!プレミアムサービス、NHKワールドTV、NHKワールド・プレミアムでDVB-S、DVB-S2が使用されています。

テレビをLibreELECで視聴するということです。それにはハードウェアが必要です。テレビチューナーです。個人的にはテレビを観ませんし、チューナーも限られているので、あまり興味はありません。日本でも一部の人がこれでレコーダーとして番組を録画しているようです。

Rockchip

Rockchipについての細かな説明は割愛します。——マイクロプロセッサ(CPU)への対応はこれまで同様に限定的なサポートでアルファ状態のままとなり、Kodiのバージョンは更新されていますが、Rockchip 4.4カーネルコードベースに対するビデオ/オーディオの大幅な改善はありません。とありますので、次期バージョンで改善されるでしょう。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

新しいデバイスへの対応

Raspberry Pi のような他のSBCなどの対応デバイスが増えました。

それぞれリンクを貼っておきます。

Amlogic

Rockchip

  • 96rocks ROCK960(https://www.96rocks.com)
  • ASUS Tinker Board(https://www.asus.com/jp/Single-Board-Computer/Tinker-Board/)
  • Firefly ROC-RK3328-CC(http://wiki.t-firefly.com/ROC-RK3328-CC/index.html)
  • Khadas Edge(https://www.indiegogo.com/projects/khadas-edge-rk3399pro-hackable-expandable-sbc#/)
  • PINE64 RockPro64(https://www.pine64.org/?product_cat=rockpro64)
  • Popcorn Hour RockBox(https://www.cloudmedia.com/?product=popcorn-hour-rockbox-basic)
  • Popcorn Hour Transformer(https://www.cloudmedia.com/?product=popcorn-hour-transformer)
  • Radxa ROCK Pi 4(https://wiki.radxa.com/Rockpi4)
  • Rockchip Sapphire Board(http://opensource.rock-chips.com/wiki_Excavator_sapphire_board)
  • Mqmaker MiQi(https://www.armbian.com/miqi/)

まとめ

いかがでしょう。LibreELEC9.0のバージョンアップについてまとめてみました。

かなり期待が持てると思いませんか? 我が家のメディアサーバーは以前にLibreELECを利用していたものの、Amazonプライムビデオを観たくてOSMCで再構築しました。

問題なく視聴はできます。しかし、少し不安定なんです。シークすると止まったり・・・。

インターフェイスはLibreELECの方が操作もし易かったため、このバージョンアップでまた再構築しようと思います。

VODの視聴も含め、別の記事でまとめたいと思います。

AmazonVODのプライム・ビデオとメディアセンターOSのお話でした。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  2. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  4. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  5. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  6. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP