Kodi・OSMC・LibreELEC用の格安リモコン

LibreELEC

先日購入したリモコンをご紹介します。これはKodiやLibreELEC、OSMCなどのメディアサーバーOS向けリモコンです。

特にリモコンとして設定しなくてもイケました。設定項目があるOSの場合、設定した方が良いかも知れませんが、カーソルと確認ボタン、戻るボタンなどはそのまま動作します。

Amazonで販売している場合もあり、送料が無料なら買いです。

同じ物があるとは限りません。キーワードは「メディアリモコン」または「Airマウス」など。

いくつも検索でかかると思います。その中でもPrimeのマークが付いている商品を選ぶのは基本です。

また、販売業者の情報もみておきましょう。動作しない商品を堂々と売っている場合があります。

口コミにはこんな注意点もありました。

ただし、KODIではそのままでは戻るキーが使えないので、一部Keyboard.xmlの修正が必要なのでご注意を。

私が購入した製品は・・・

OSMCでは動作しました!

OSMCではデフォルトでボタンはアイコンイメージ通りに動作しました。チープな感じは否めませんけど、価格もチープなので仕方ありません。
真ん中にあるマウスのマークは、押すと十字キーのカーソル操作ができませんので、マウスモードということになります。OSMCのようなインターフェイスでは必要ありませんね。(2018年年末)

LibreELECでも問題ありませんでした!(2019年2月)

もしも上手く動作しない場合、コントローラー設定で、このようなカタチのリモコンの定義があれば、それをインストールすることで解決できます。(製品に依る)

リモコン

画像の製品は「Haihuic ワイヤレスエアーマウス リモコン レシーバーと2.4GのUSB2.0」です。

まるでAmazonFireTV用のリモコンとそっくりです。恐らく中華圏で生産しているOEMかも知れません。

かなり便利です。単4電池2本で動作します。仕組みは2.4Ghz無線となり、レシーバーが付属しています。

※Amazonで販売しているのですが、技適については自己責任でお願いします。

こういったリモコンは非常に使いやすいので、メディアセンターとしてRaspberry Pi を仕上げるなら検討した方が良いです。もちろん、CEC対応のテレビならば、どのテレビのリモコンでも相応の操作が可能です。

専用のリモコンとして必要なボタンも少なく直感的なので、テレビのリモコンとはまた違います。スマホのアプリよりも快適でした。

値段が安いので、ダメ元でトライするような商品でしょう。万人にはオススメできません。画像の製品は実際に動作していますので、同じ環境ならオススメです。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  3. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  5. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  6. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP