価格コムのプロダクトアワード2019でラズパイにも最適な周辺機器

ニュース

プロダクトアワード2019が今年も発表になりましたね。周辺機器カテゴリーでラズパイにも最適だなと思えた製品に目が止まりました。価格も安くて申し分無さそうです。

プロダクトアワード2019のモニター

モニターで銀賞に輝いたのが「BenQ モニター ディスプレイ GW2283」が受賞していました。個人的にBenQは昔から信用して使っています。現在はASUSのモニターがメインですが、これ、迷ったんですよね。

以前にもラズパイのモニターとして格安になったPCモニターをご紹介しています。実際、7インチや10インチのモニターってラズパイとのサイズ感は良いのですけど、お高いんですよ。
ほぼ同価格帯で21.5インチが買える時代です。大は小を兼ねるのでオススメしています。

この価格で21.5インチ、フルHD、IPS液晶、ウルトラスリムベゼル、ブルーライト軽減、スピーカー付きです!
しかも、D-subケーブルとHDMIケーブルが付いてきます。(HDMIケーブルが付属しない物もある)

  • 21.5インチ IPSパネル搭載 アイケアウルトラスリムベゼル液晶ディスプレイ
  • アイケア:輝度自動調整機能(B.I.)搭載
  • アイケア:ブルーライト軽減機能搭載
  • アイケア:フリッカーフリー技術搭載
  • D-sub, HDMIx2の3系統接続端子
  • スピーカー付き(1Wx2)
  • 付属ケーブル: D-subケーブル(約1.5m)/HDMIケーブル(約1.5m)
  • 付属ケーブル: 電源ケーブル(約1.5m)

僅か約1万円なので、仮にラズパイ4でデュアルディスプレイにさせても安い。ラズパイの使用用途にも依りますが、少なくてもRaspberry Pi 4をデスクトップPCライクに利用するならオススメですね。

なんちゃって簡易デジタルサイネージでもいいでしょう。

プロダクトアワード2019のキーボードとマウス

同じく周辺機器カテゴリーでキーボードとマウスがラズパイにも適しているなという製品がありました。

ハイブリッド?マウス

Raspberry Pi のマウスはBluetoothのペアリングよりもWi-Fi式の方が無難です。セットアップ時から繋げば使えるのは有線タイプかWi-Fi式です。Wi-Fi式の方が高くなるのでいくらまでなら妥当かなということは考えるでしょう。

しかし、このロジクール無線マウスPebble M350はBluetoothと小型USBレシーバーのどちらにも対応しているハイブリッド!

そう思うと実売が2,500円前後の価格は安いか?! こちらも銀賞を受賞しています。

何よりもこのマウス、とってもシンプル&お洒落です。サイズも程よい大きさです。色展開も最低限の3色(黒、白、ピンク)ありますから、お子さんにもいい。

今後はラズパイをデスクトップPCライクに使うならこういうハイブリッドが良いなと思いませんか? ノートPCではBluetoothがイイし。

手に入れたのでレビュー!

無線キーボード

ワイヤレスキーボードは受賞が1つでした。その金賞を受賞したのが、「エレコムTK-FDM105TBK」です。

ELECOMというとかなり低価格のイメージですし、チャチな作りが多いでしょう。Raspberry Piのワイヤレスキーボードとしては及第点だと思います。ラズパイ自体が安価な基板ですからね。
実売で1,500円前後というのはワイヤレス式なら格安だと思います。

キーがメンブレン式なのでこだわる人には向きませんが、初心者にはオススメです。

私はこの有線式はラズパイ使っています。テンキーだけが無いサイズっていうのが好きでして、省スペースでありながら矢印キーが使えるからです。

ノートPCを普段使っている人はもっとキートップが低い方が良いでしょう。ただ、メインマシンのようにラズパイを使うわけではないので、本当にこれで充分ですね。

SSDドライブをラズパイに

microSDカードで起動するラズパイだからこそ、大容量のデータ置き場もフラッシュメモリー形式がいい。もちろんUSBメモリーでも構いませんが、大容量ならSSDドライブがいい。

金賞を受賞したCFD販売 CSSD-S6B480CG3VXはパソコンに接続するSATA接続なので、USBへ変換するアダプターやモバイルケースが必要になりますが480GBで5,000円程度ということもあり現実的なお値段です。

性能の上がったラズパイ4をPCライクに使うなら

商品情報

【フォームファクター】2.5inch (7mm厚)
【容量】480 GB
【コントローラー】Phison PS3111-S11(S11T)
【NANDタイプ】3D NAND TLC(TMC BiCS フラッシュ)
【インターフェース】SATA 6Gbps
【Sequential Read (Max)】550 Mbps
【Sequential Write (Max)】510 Mbps
【Random Read (Max)】82K IOPS
【Random Write (Max)】90K IOPS
【TBW】155 TBW
【MTBF】200万時間
【保証期間】3年

最後に

いやぁ、色んな製品が発売されているから、なかなか気が付きませんね。

まだまだ知らないけど良い製品は多いんだろうなーと思いました。特にラズパイに使えるような情報は少ないので、いくつか試してみるしかありませんね。

海外でも手に入る製品なら、意外と検索で見つかることもありますから、動作状況は事前に調べておきたいところです。

今回、マウスが自分的にはヒットです。ポチったのでまたレビューしますね。

価格コムのプロダクトアワード2019:https://kakaku.com/productaward/

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

    • Osamu ISHIDA
    • 2020.01.04

    こちらのニュースを拝見し、「BenQのモニター欲しいな」とつぶやいていたら、「2画面でやれば」と言われてしまいました。

    その手があったわ。
    マスカレードホテルを見ながら、小さい画面でmoodleのセットアップしています。

    仕事で使っているわけではないので、これはこれで便利かも。
    さすがは愛妻。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  2. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  4. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  5. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP