アイ・オー・データ器機がラズパイ4の4GBモデルに続き8GBモデルもハードウェア保証付きで発売

ニュース

日本でRaspberry Pi本体を購入するには、海外のショップか日本で輸入販売しているショップ(代理店など)で購入するかになります。

この10月末からアイ・オー・データ器機(IO DATA)でもRaspberry Pi 4の8GBモデルがラインナップに加わりました。これまでも3B、4Bの4GBも取り扱っています。(3Bに続きRaspberry Pi 4もアイ・オー・データ機器から1年間の保証付きで12月下旬に発売

アイ・オー・データ器機に限らず、いくつかの販売店では1年ハードウェア保証付きで販売されていますので、故障したら交換には応じてくれる場合も多々あります。国内でも信頼性が高い大手メーカーからの保証ということで取り上げました。

価格はオープンプライスとはいえ、他の販売店よりは若干お高くなりますが、安心と共に購入したい人には選択肢が増えますね。

主に直販で購入できます。(https://www.ioplaza.jp/shop/g/g1000-01730810-00000001/

個人的にIO DATAというとネットワークHDDのLAN DISKシリーズを利用してきました。500GBの時代からです。ネットワークに慣れていない人にはおすすめですね。

今はクラウドやスマホ連携も簡単みたいです。


I-O DATA NAS 4TB スマホ タブレット クラウド連携 初心者モデル ネットワークHDD 日本製 1年保証 簡易パッケージ HDL-TA4/E

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  4. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  5. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP