Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

公式Raspberry Pi OS

昔はRaspbian、今はRaspberry Pi OSと表記だけが変わりました。Raspberry Pi 公式のOSをインストールするには、これまた公式で用意されているRaspberry Pi Imagerで以前よりも簡単になりました。

アプリケーションが公開された時に書いた記事

初心者にはOSを準備することも難しい、ということなので、不安を無くしてもらおうと思い、Raspberry Pi Imagerを少し細かくご紹介します。

ツールのダウンロード

download-rpi-imager

初めにRaspberry Pi Imagerから入手します。
各OS毎に用意されています。(Windows、macOS、Ubuntu)

ラズパイをセットアップするのに別のマシンが必要です。よく、母艦と言い表します。今回はmicroSDカードへOSのイメージファイルを書き込むだけですから特に性能は求めません。

Raspberry Pi Imager ダウンロードページ

記事の後半部分で、Raspberry Pi Imagerのメニュー画像を並べてみます。

統合型のソフトウェア

Raspberry Pi Imagerは、単にmicroSDカードへイメージファイルを書き込むツールではありません。

イメージファイルを自動的にダウンロードしてmicroSDカードへ書き込めます!

つまり、ファイル操作は必要ありません。これまではダウンロードしてからmicroSDカードへ書き込むソフトで行うツーステップが最短でした。これを1つで完結できるので、難しいコトがまた減ったわけです。

各項目には、オンラインでサイズが何GBか表示もされています。それに想像よりも速くダウンロードできている印象があると思います。
各OSの公式サイトから適切なOSのイメージファイルを探し出す手間も考慮すれば、更に速くmicroSDカードへ書き込めますよ。

NOOBSの役割

同じダウンロードページには、NOOBSもこれまで通りに存在しています。これは今となって考えると、Raspberry Pi Imagerと丸かぶりの存在です。

オンラインでダウンロードする点も同じなものの、予め通常版Raspberry Pi OSがプリインストールされているため、ネットに接続していなくてもインストールが可能な点がありました。

また、NOOBSを用意するmicroSDカードへは、単にファイル群をコピーすれば良い点が全くの初心者には有効でした。

今後はRaspberry Pi Imagerの方が直感的で分かり易いため、役目を終えようとしています。

少し特殊な立場になっているNOOBSは、当サイトでも何度か取り扱っています。使いたい場合は参考にしてください。

Raspberry Pi Imagerのメニュー一覧

全てを俯瞰できた方が分かり易いので、画像キャプチャを作ってみました。

こちらがメニューの一覧です。
公式のRaspberry Pi OS、メディアサーバーのLibreelec、人気のUbuntuServer、レトロゲームコンソールのRetropieと、EEPROMリカバリー用のイメージファイル、消去&フォーマット、そして他のOSをインストールできるメニュー構成です。

Raspberry Pi OS

通常のRaspberry Pi OS(32bit)、Lite版、フル版と選べます。

今後はここに64bitがラインナップする予定です。

Libreelec

メディアサーバーとして私もバリバリ使っているLibreelecは、ラズパイのモデル毎にイメージファイルを選べます。

Raspberry Pi Zero WHではちょっと厳しい・・・と思うので、動画となれば3B、3B+、4で構築してください。

動画などのメディアファイルをUSB接続のHDDから選択する場合は、Raspberry Pi 4がオススメです。USB3.0接続の恩恵を受けられます。

仮に本体microSDカード内、または他のファイルサーバーから再生する場合は、3B+がオススメですね。

いずれにしても、消費電力が低いラズパイ各モデルですから、常時起動させておいても心配ありません。現に、自宅のLibreelecは再起動こそすれど、電源を3年は外しませんでした。全くもって快適です。

Amazonプライム・ビデオも構築できるから、FireTVスティックは押し入れへ片付けました!

実はLibreELECには専用の書き込みソフトが別にあります。LibreELECに限りこの専用ソフトでも良いでしょう。

LibreELECでAmazonプライム・ビデオ、DAZNもNetflixもプラグインの導入で観られます。導入には少し厄介なので参考にしてください。

Ubuntu(Server)

ラズパイでUbuntuも動きます。
しかし、誤解されるので、改めて書いておきます。

Raspberry Pi 用のUbuntu Serverが動きます。つまり、通常のままではコマンドのみのターミナル画面しかありません。

ここにGUIの環境を追加でインストールすることで、Ubuntuを実現しています。皆さんがご存じのUbuntuがそのまま動くわけではないので誤解しないでください。

とはいっても、ラズパイ用arm版のUbuntuと同等という認識で構いません。

メニューにあるUbuntuCoreというのは、まさにコアであり、デスクトップとして使うのではありません。デスクトップPCライクに使いたい場合は、Ubuntu20.04LTSを選んでください。32bit版と64bit版があります。

ラズパイの基板自体は64bitです。64bitを選べばマッチしますが、全てのアプリケーションが対応しているとは限りません。汎用性を活かすなら32bit版が良いでしょう。私のような素人には違いは分かりづらいので、いつも64bitで試しています。

次はUbuntuの種類の1つMATEを当時にインストールした記事です。このときはまた正式に対応していませんでした。

2020年中に本家Ubuntuが20.10へversionアップしRaspberry Piに対応したことで、MATEの方も対応しました。

これで益々、Raspberry Pi にUbuntuをインストールし易くなりました。

Retropie

レトロゲームコンソールとして有名なRetropieもラズパイのモデル別にダウンロード可能です。Raspberry Pi Zero Wでも快適に動いてしまうので驚きます。

問題はゲームのROMに関して、日本ではどうしようもないため、財団がこれを推奨する意図が私には理解できません。もちろん、著作権フリーのゲームで遊んだり、自作のゲームを走らせるのには有効だと思います。

著作権フリーの遊べるゲームROM

市販品と変わらない完成度です。ファミコン形式のROM(.nes)です。
ブレイドバスターはPD-ROM(パブリックドメイン)でほぼ合法的にダウンロードして遊べます。

日本人により開発されています。

bladebuster

体験版「THIN LINUX」

30日間体験できるシンクライアントOS「THIN LINUX」です。Ctrix社のでしょう。
これをインストールしたラズパイからメインのサーバーへ接続して使うためのOSです。

ビジネス用途で検討するものですから、個人ユースではあまり必要ないかも知れません。

ユーティリティ

現在、ユーティリティの項目にはEEPROMのリカバリーイメージしかありません。これはRaspberry Pi 4にある起動用のフラッシュROMが破損した場合に使用するものです。

microSDカードへOSを入れても起動しない場合は、破損している場合もあります。あまりお世話になりたくないですね。

今後は別のユーティリティ系も追加されるかも知れません。

フォーマット(Erase)

Eraseとあるのは、フォーマッターです。これでmicroSDカードのフォーマットすら、このRaspberry Pi Imagerで事足りることになります。

使い方は、Eraseを選んでmicroSDカードの場所を指定して、実行することは他のOSを書き込むのと同じです。

ただ、個人的な観測では、上手く機能しないことが多々ありまして、私個人的にはまだ完全に信用できていません・・・。

これはmacOS版に限った話かも知れません。

ご存じのない方に改めてお伝えします。
64GB以上のmicroSDカードをFAT32形式でフォーマットすることは、現行のWindows標準では対応していません。

Windowsの場合はフリーウェアやHDDメーカー製のソフトウェアで可能です。
macOSは32GBまではFAT形式を選択すれば可能です。(→Macで64GB以上のFAT32フォーマットはディスクユーティリティでFAT形式を選び空き容量の拡張でイケる

このRaspberry Pi Imagerなら1つで、OSイメージを裏側でダウンロードしながら書き込み、そしてフォーマットもできるので便利です。

カスタマイズ

このメニューにある以外のOSを書き込むために利用するのがカスタマイズ項目です。

このように.img、.zip、.gz、.xzの圧縮形式に対応しています。

ただ、これは全てのOSが上手く書き込まれる保証はありません。現時点ではあまり有効に働いていないように思います。

私はmacOSユーザーということもあり、この辺は専らEtcherで済ませてしまっています。

簡単になったmicroSDカードへの書き込み

これまでの経緯を考えれば、OSをmicroSDカードへ書き込むのに、専門的な知識は必要なくなってきています。

ラズパイでいえば、このRaspberry Pi Imagerを使いセットアップが開始できるので、非常に単純で簡単です。3ステップで完了ですからね。

もちろん、これまで通りにイメージファイルをダウンロードして、それを書き込む方法は変わりません。以前から使っている身としては、慣れているとはいえ、このツールのように1つで完結できるなら有り難いです。

先ずは公式のOSである「Raspberry Pi OS」(旧名:Raspbian)でアレコレと操作してみてください。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  2. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  3. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  4. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  5. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  6. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP