ラズパイのフォーラムはじめました

インストールと設定

installandsetting-title

Raspberry Pi はmicroSDカードに書き込んだOSを起動して使います。公式のOSは「Raspbian」と呼びLinuxOSの一つである「Debian」をカスタマイズしたものです。

このOSのインストール方法は、配布されているOSのイメージファイルをmicroSDカードへ書き込むことで実現します。

書き込みは専用のアプリケーションで行います。イメージファイルは圧縮されており、1つのZIPファイルのまま書き込めます。(例:2018-11-13-raspbian-stretch.zip)

公式に通常のイメージファイルとは別に「NOOBS」と呼ばれるインストール補助OSが存在します。

これはファイルを専用ソフトで書き込まず、すべてのファイルをmicroSDカードへコピーする特殊な方法です。microSDカードをフォーマットしてNOOBSファイルをコピーすれば、書き込みソフトを使用せずにOSをインストールできます。主に初心者に適しています。

OSのインストールの他、使用するアプリケーションのインストール、その後の各種設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「インストールと設定」の新着記事

Wi-Fiの電波強度をモニターするコマンド「wavemon」が初心者には分かり易い
ラズパイのVolumioにはSpotify connectがお似合い
古いアナログ液晶テレビをラズパイの3.5mmアナログジャックで繋ぐコンポジット接続
DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法
ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選
スマホのテザリングでRaspberryPi ZeroWをネット接続
PCとRaspberry Pi をUSBケーブルでネットに接続(Volumio on Zero W/WH)
メディアセンター系OS「XBian」を試してみる
Sambaファイルサーバーの構築
LibreELECのconfig.txtを編集する方法
Processing3をRaspbianで試してみる
DuckDnsでopenmediavaultをSSL化してみた
今度のLibreELEC9.0はゲームエミュレータにもなる!確認用に2048(ゲーム)入り
openmediavaultでexfatの外付けハードディスクを利用する
動画再生用ハードウェアデコードを有効にする(OSMC編)
[メモ] RetroPie——ゲームのセーブとロード機能
IPアドレスとサブネットマスクを理解しよう!
同一LAN内のIPアドレスを調べる方法(MacOSX編)
RaspbianでWi-Fiパスワードを暗号化して設定する方法
RetroPieへSFTPを使ったROM転送の方法(2)
RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3)
Raspbian Stretchで固定IPにする方法
新型Raspberry Pi 3B+はネットワーク周りに問題を抱えている?? ネットワークが遅い!解決?!(Solved)
LibreELECに繋いだ外付けHDDでデータが表示されないディレクトリが出来たので直した話
LibreELECをrpi3Bにインストールして動画再生として使う(2018年)
かんたんRetropieのセットアップ手順【Raspberry Pi Zero W/WH編】
Raspberry Pi 3でWi-Fiに繋がらない?検証してみた。
Raspberry Pi のセットアップでWi-Fiに繋がらない時の確認ポイントその1
Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!
LibreELECメモリスプリットの設定
Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

ピックアップ

Raspbian

これまでと異なりRaspbianの種類も複雑になってきました。

NOOBS

Raspberry Pi公式が開発したインストールランチャーのアプリケーションです。フォーマットしたmicroSDカードにファイルをコピーすることで、初心者にもかんたんに扱えるようになっています。

全くの初めてならばNOOBSを利用することで、余計な手間や知識を省くことができ、インストールは楽でしょう。

Raspberry PiにNOOBSでOSをインストールする方法
Raspberry Pi にOSをインストールするには大きく2つの方法があります。ひとつは各OSのイメージファイルをSDカードに書き込んで(焼き付け)そのSDカードから起動し設定する方法と、もう一...

フォーマット

microSDカードのフォーマットはSDを開発したPanasonicのアプリケーションを使用すると簡単です。但し、FAT32の書込ですので、32GB以上は通常の方法でフォーマットができません。

Windowsならば決まったアプリケーションでのみ可能となり動作します。しかし、大容量のmicroSDカードなどは使わなくても、ネットワークを介してデータのやり取りが可能です。逆にそういった使い方ならばRaspberry Pi を選ぶ理由が少ないため、一般的ではありません。

現状は32GBで充分です。

書き込みアプリケーション

一般的にコンピューターの業界では、microSDカードやCDRなどに書き込むことを「焼く(burn)」と言います。焼き付けるという意味から来ています。(※ラズパイダでは書き込むという言葉でご紹介しています)

色々な方法で書き込めます。その中でも定番となっているのがbalenaEtcherを使う方法です。

最後にその他のOS

実はRaspberry Pi では様々なOSが動作します。各ディストリビューションで開発されており、実用的な物も多いです。Raspberry Pi公式にサポートされていない場合が多いので、使いこなすには少し敷居は高いかも知れません。

他にどんなOSが動作するのか興味ある人は以下の記事からどうぞ。

Raspberry Pi を収めるケースの選び方はこちら

どれがいいの?Raspberry Pi 用ケースを素材と機能と価格で分けてオススメ15選
Raspberry Pi はいくつかの種類に分けられます。現在に手に入りやすい3B/3B+、機能を絞ったZero/ZeroWH、最新のRaspberry Pi 4Bが存在します。ケースは無く...
\ FOLLOW ME /
/ 最新記事をお知らせしています! \
スポンサーリンク
\\ 特集 //
購入するならAmazonセールで
この記事をシェアしたり自分用に保存する
スポンサーリンク
こちらの記事もよく読まれています♪
ラズパイダ