\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

VSCodeとVSCodiumのインストール

少し騒動になったRaspberry Pi OSで使うVSCode(Visual Studio Code)ですが、ソフトウェア自体はMicrosoft製のフリーソフトで、エンジニアさんもオススメする人気のプログラミングエディタです。(ソースコードエディタ)

別にプログラミングだけではなく、テキストエディタとしても使えます。

このVSCodeにはオープンソースソフトウェアである「VSCodium」があります。

それぞれのインストール方法をご紹介しておきます。Raspberry Pi 4のベータ版64bitOSにインストールしてみました。

この記事の主な流れ

VSCodeのインストール

これは簡単です。1/25にリポジトリ(repository)がRaspberry Pi OSに登録されていますので、アップデートしてインストールのコマンドだけです。

sudo apt update 
sudo apt install code -y

VScodiumのインストール

こちらはリポジトリが登録されていません。先ずはgpgキーをゲットします。

コードをコピペでOKです。

wget -qO - https://gitlab.com/paulcarroty/vscodium-deb-rpm-repo/raw/master/pub.gpg \
    | gpg --dearmor \
    | sudo dd of=/etc/apt/trusted.gpg.d/vscodium-archive-keyring.gpg

リポジトリに登録します。

echo 'deb [signed-by=/etc/apt/trusted.gpg.d/vscodium-archive-keyring.gpg]  vscodium main' \
    | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/vscodium.list

そしていつものアップデートとインストールコマンドです。

sudo apt update
sudo apt install codium

どちらでも

非エンジニアの私などはどちらもフルに使いこなせないので、まぁ、どちらでも良いのではないでしょうか。

これでリポジトリにも登録できたので、次回からバージョンアップ(更新)も可能です。

メニューの一部以外、見た目もほとんど同じで、ヘルプから参照するバージョンなども同じです。

少しでも効率よくプログラミングするなら、こういったエディタは必須ですね。

非エンジニアの私がPythonだけであれば、Thonny で十分でした。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ