balenaEtcherでOS「Raspbian」を書き込む

Raspberry Pi にOSを書き込む場合、最近まで「Etcher」を使ってきました。このEtcherが名称変更になり、少し商業色が強くなりました。(もちろん無償で利用できますが広告が出てきた)

アプリアイコンと見た目は多少変更になったものの、使い方や優秀さはそのままなので安心して使えます。

ddコマンドで書き込めるとはいえ、敷居が高いし分かりにくいので、こういったアプリケーションは積極的に使いましょう。

目次

Raspbianのダウンロード

ここではRaspbian「Stretch」というリリース名の物です。今回例として使用したのは、フルと表記のある全部入りパッケージです。

  1. 2018-11-13-raspbian-stretch-full →推奨アプリケーション入り(全部入り)
  2. 2018-11-13-raspbian-stretch  →これまでより大きなアプリケーションを除いた
  3. 2018-11-13-raspbian-stretch-lite →これまで同様にデスクトップ環境はなし

このように全部入りのバージョンが加わり3種類となっています。(全部入りはRaspbian Stretch with desktop and recommended softwareとなります)

参考:https://www.raspberrypi.com/downloads/

これまでと同じにしたい場合は2番の「2018-11-13-raspbian-stretch」でOKです。ただし、オフィス系のアプリケーションなど大きなアプリは入っていません。

balenaEtcherで書き込む

balenaEtcherもこれまでのEtcherと使い方は変わりません。以前にも何度かご紹介していますが、敢えて手順を追って進めます。

手順は3つだけです。

  1. 書き込むイメージを選ぶ
  2. 書き込み先を選ぶ
  3. Flash!ボタンを押す

この場合のFlash!とは、書き込むという意味です。メモリーカードというのは電気的にデータを書き換えることが可能で、電力を供給しなくてもデータを保持することができるフラッシュメモリで出来ています。

balenaetcher

実際には2番目の書き込み先は複数存在していなければ、自動的にセットされています。そのため書き込むイメージを選ぶだけでほぼ終わりということになります。簡単ですね。

新しくなったbalenaEtcherでは、フラッシュ押下後=書き込み中にこのように広告が表示されています。広告といってもこの画像だとプロジェクトの紹介ですね。

フラッシュ中

オープンソースですから、利用はずっと無償だと思います。これまでもEtcherはビジネス用の物もありましたから、個人での利用は特に心配する必要はありません。(仮に有料でも払っても良いくらいに便利です)

終了画面

これで終了の画面です。

冷えてカッコイイ! Raspberry Piのケース

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
目次
トップへ
目次
閉じる