balenaEtcherでOS「Raspbian」を書き込む

install-raspbian-sd特集記事

Raspberry Pi にOSを書き込む場合、最近まで「Etcher」を使ってきました。このEtcherが名称変更になり、少し商業色が強くなりました。(もちろん無償で利用できますが広告が出てきた)

アプリアイコンと見た目は多少変更になったものの、使い方や優秀さはそのままなので安心して使えます。

ddコマンドで書き込めるとはいえ、敷居が高いし分かりにくいので、こういったアプリケーションは積極的に使いましょう。

スポンサーリンク

Raspbianのダウンロード

ここではRaspbian「Stretch」というリリース名の物です。今回例として使用したのは、フルと表記のある全部入りパッケージです。

  1. 2018-11-13-raspbian-stretch-full →推奨アプリケーション入り(全部入り)
  2. 2018-11-13-raspbian-stretch  →これまでより大きなアプリケーションを除いた
  3. 2018-11-13-raspbian-stretch-lite →これまで同様にデスクトップ環境はなし

このように全部入りのバージョンが加わり3種類となっています。(全部入りはRaspbian Stretch with desktop and recommended softwareとなります)

ダウンロード先https://www.raspberrypi.org/downloads/

これまでと同じにしたい場合は2番の「2018-11-13-raspbian-stretch」でOKです。ただし、オフィス系のアプリケーションなど大きなアプリは入っていません。

他にも超初心者用に「NOOBS」、x86PC用に「Raspberry Pi Desktop (for PC and Mac)」もあります。

「NOOBS」については過去に記事にしていますので「Raspberry PiにNOOBSでOSをインストールする方法」をご覧ください。

2020年3月、公式から専用の書き込みツールソフトがリリースされています。NOOBSとbalenaEtcherを足したような機能と使い勝手です!

今後はこちらがスタンダードになり、NOOBSは以前の方法になります。

Windows版、macOS版、Linux版とあります。もちろんRaspberry Pi OS用もあるマルチプラットフォームのツールソフトです。

microSDカードは信頼ある製品を8GBから32GB

使用するmicroSDカードは相性問題もあり、どれを購入したら良いのか分からないかと思います。正解はありません。条件によっても異なります。今回のバージョンアップでもしかしたら他のメーカーのカードも相性が良くなるかも知れません。

しかし、今オススメなのは台湾Team製のmicroSDカードです!

当ブログ「ラズパイダ」をいつもご覧いただいている皆さんには既にご存じなことですね。本当に他のカードを選ぶ必要がなくなってしまって、相性問題を調べる楽しみ?もなくなりました。

この辺りも過去にまとめていますので、まだの方は次へ進む前にどうぞ。

台湾Team製microSDカードがRaspberry Pi には最適

また、よく聞かれるのがRaspbianまたはRaspberry Pi では何GBまでのmicroSDカードが認識されるの? という質問です。

FAT32へそのままフォーマットできる意味で、32GBまでは何も問題ありません。

これも過去にまとめていますので、詳しくはここでは触れません。理由が気になる方はご覧ください。

ラズパイで利用できるmicroSDカードは32GBまで利用可能

では、今回は全部入りのRaspbian Stretchを使用しますので、32GBのmicroSDカードを用意しました。

microSD-GreenHouse
こちらの画像では以前に好調だったグリーンハウス製にしました。

microSDカードはフォーマットしてご利用ください。購入したばかりの新品ならほとんどはFAT32形式でフォーマットされています。

以前に何かに使用したのなら念のためフォーマットしてください。

フォーマットをするにはこれも定番の方法として「SDカードフォーマッター」を使いましょう。

バージョンアップしたSDメモリカードフォーマッターとbalenaEtcher

balenaEtcherで書き込む

balenaEtcherもこれまでのEtcherと使い方は変わりません。以前にも何度かご紹介していますが、敢えて手順を追って進めます。

手順は3つだけです。

  1. 書き込むイメージを選ぶ
  2. 書き込み先を選ぶ
  3. Flash!ボタンを押す

この場合のFlash!とは、書き込むという意味です。メモリーカードというのは電気的にデータを書き換えることが可能で、電力を供給しなくてもデータを保持することができるフラッシュメモリで出来ています。

balenaetcher

実際には2番目の書き込み先は複数存在していなければ、自動的にセットされています。そのため書き込むイメージを選ぶだけでほぼ終わりということになります。簡単ですね。

新しくなったbalenaEtcherでは、フラッシュ押下後=書き込み中にこのように広告が表示されています。広告といってもこの画像だとプロジェクトの紹介ですね。

フラッシュ中

オープンソースですから、利用はずっと無償だと思います。これまでもEtcherはビジネス用の物もありましたから、個人での利用は特に心配する必要はありません。(仮に有料でも払っても良いくらいに便利です)

終了画面

これで終了の画面です。

SSDドライブ起動させたRaspberry Pi 4 サクサクと愛用中!

コスパが抜群のSSDドライブは内蔵型でいい
Crucial SSD 480GB BX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm

Raspberry Pi4はメモリー8GBモデルなら余裕
【国内正規代理店品】Raspberry Pi4 ModelB 8GB 技適対応品

USBブートの構築方法を実践
ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

おまけとしてSSHとwpa_supplicantファイル

このmicroSDカードを使ってインストールすればOKです。つまり、microSDカードをRaspberry Pi にセットして電源を繋げばOKということです。

しかし、実機にモニターやキーボード&マウスを繋いでというのも大変な時があります。

そういった時のみならず、最初の設定を簡単にするためにも、SSHをインストールと同時に使えるようにして、自宅のWi-Fiにも接続できたら便利ですよね。

それを実現するために、先程出来上がったmicroSDカードのルート直下に決まったファイルをコピーして実現してください。

このルート直下というのは、microSDカードをFinderやエクスプローラーで開いたその場所です。

Macの場合

私がmacOSなので画像は異なります。Windowsの人はファイルエクスプロラーで同じように行えます。

boot場所

/boot以下のファイルはこれらなので、同じ階層にコピーします。

boot以下のファイル群

わざと赤丸で印しを付けたファイルが、SSHファイルとwpa_supplicant.confファイルです。

SSHのファイルは空のもので、名前だけ「ssh」です。拡張子も要りません。wpa_supplicant.confはWi-FiのSSIDとパスワードの設定が記されています。

詳しくは以前にまとめたこちらの記事をご覧ください。

Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

暗号化のパスフレーズは難しいというのなら、暗号化していない平文のパスワードで記述しても可能ですよ。

当サイトでは引き続き初心者やこれからRaspberry Pi を触りたい人、当然ながらより詳しい玄人さんに向けて記事を書いていきます。

コメント ご感想をお願いします。