ソースコードからビルドするソフトの管理ルール「Porg」

Porg(旧paco)は、ソースコードからインストールするソフトウェアを、パッケージの管理を支援するツールソフトです。

私は知りませんでした。ラズパイダにお越しのユーザーさんのお話から知ることになり、少し調べてみると、バージョンは古くても、縁の下の力持ち的なソフトウェアでした。

多くの人には関係ないかも知れませんが、こういうツールもあるのでご紹介しておきます。

バイナリパッケージが無く、プログラムソースからビルドしてインストールする時に役立つソフトウェアです。

目次

Porgの主な機能

ソースからインストールした経験をすると分かるのが、どこにどうやってインストールされたのかよく分からない点です。

Linuxだと依存関係が難しいのも手伝います。それにコマンドベースだから尚更ですよ。

Porgの主な働きに、ソースからインストール中にファイルシステムの変更を引き起こしたファイルを、テキストファイルとして記録してくれます。変更ログが後から閲覧できるわけです。

特に、アンインストールすることを補助してくれるのが便利でしょう。

これなら、何かおかしい時に、どこへ影響しているのかの材料になります。

実行例

公式サイトに載っています。foo-1.3.tar.gzというソースプログラムを、解凍してmake後のインストールの際に使用します。

tar xvf foo-1.3.tar.gz (ファイルを解凍)

cd foo-1.3 (ディレクトリの移動)
./configure (Makefileを作成するためのコマンド)
make (Makefileを元にコンパイルする)
sudo porg -lp foo-1.3 "make install" (コンパイルされた=バイナリファイルをインストールする)

最後のインストール部分で、porgを使い記録させます。

インストールした(記録した)パッケージ一覧を表示したり、ファイル数やサイズも一覧で表示できます。
パッケージの削除もPorgから可能です。

Porg自身もソースからビルド

このPorgがソースファイルですから、ダウンロードしてビルドしてインストールすることになります。

tar xvf porg-0.10.tar.gz

./configure
make
make install

野良ソースファイルには基本はこれ。

porg -lD make install

先程の例だとオプションは、-lDでしたが、記録する任意の名前を付ける場合は、-lpです。

porg -lD make install
sudo porg -lp foo-1.3 "make install"

使うコマンド

実際に使うコマンドとして、インストールしたパッケージの確認とアンインストールでしょう。

porg -i パッケージの名前
porg -f パッケージの名前

-iが個別、-fオプションは全てです。

アンインストール

パッケージをアンインストールするには-r

porg -r パッケージの名前

Porg自身のアンインストール

Porg自身のアンインストールもPorgコマンドで行います。

porg -r porg

自分で自分を削除する。とってもシュールですね、Porgさん!

Rグリーン

スゲー、腹を召される武士みたい!

Raspberry Pi OSはAPT

要するに、Porgはaptやrpm、pip、gemなどのパッケージ管理ツール同様のツールです。自分専用です。

とは言っても、野良ソフトウェアをソースからビルドしてインストールするには、リスクも伴いますから個人的にはしません。そこまで知識が無いというのが本音です。

Raspberry Pi OSはDebian由来ですから、基本はAPTがソフトウェアの管理として採用されています。

Raspberry PiではAPTからソフトウェアをインストールすることから慣れてください。個人的にAPTが一番使いやすいし、ソフトウェアも多い。特にエラーメッセージは的確に感じる。上手くいかない時はそこに書いてあることが多い。

何でもトライ&エラー

Raspberry Pi OSなら、最悪、microSDカードを入れ替えれば済んでしまうので、元々そこまで危機感はありません。そもそも毎日使っているファイルサーバーや、その他の仕組みでも大事なシステムには、アレコレとインストールはしませんけどね。

使い方によっては、学習用に、ソースコードしかないマニアックなソフトウェアなどでも利用できます。

コマンドでも何でも気軽にトライできる点がRaspberry Piの利点です。インストールできなかったり、上手く動かなかったりも「あー、自分にはダメだった」経験ができます。

でも、時間が経ってみると、何で分からなかったのかも忘れてしまう。実はサクッと出来ていたりする自分がいたりします。まぁ、遠回りですけどね。

ラズパイダは、文系出身で非エンジニアでしたから、デジタル系すべてはトライアンドエラーで得てきました。

LinuxにおいてPorgの立ち位置がよく分かりません。現在はあまり利用されていないのかな?
お詳しい方がいらっしゃったらコメントください。

Kindleなら、The MagPi Magazineが読める

ダウンロードして転送する手間が省けます。Kindle Unlimitedなら無料で読めます。

SHAREする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる