ブログのフォロー、メール購読の機能を中止しました。購読してくださっていた人にはご迷惑をおかけしています。
24時間で読まれたベスト5
スポンサーリンク
和歌山県白浜町の小型コンピュータ専門店「NewLifeNewDesing」ストアページはこちら
NewLife NewDesingは和歌山県白浜町の小型コンピュータ専門店

Raspberry Pi OSにChromiumブラウザのインストール

install-chromium公式Raspberry Pi OS
スポンサーリンク

フォーラムで「Chromiumブラウザのインストールができない」という書き込みをいただきました。情報提供をありがとうございました!

以下の方法でChromiumを導入しようとしていますが、うまく導入できません。

sudo apt-get update
sudo apt-get install chromium-browser

chromiumのバージョンの変更等で導入方法が変わったのでしょうか。

ChromiumはMicrosoft Edgeと共同で開発するようになっていましたから、プログラム構成に変更があったのでしょう。

今回の環境はRaspberry Pi OS(32bit)で、既にChromiumブラウザはインストールされている状態です。

sudo apt install chromium(tabキー2回押す)

上のように〜chromiumまで入力してから、tabキーを2回押すと、それに続く候補がズラーッと出てきます。

chromium以下にハイフン付きで19個出てきました。
中には確かにchromium-browserもあります。しかし、大元は単にchromiumだけですよね。

今回は既にインストールされている状態でしたが、chromiumのままインストールコマンドを実行しました。

sudo apt install chromium

「削除」されますの中にchromium-browserがあります。更に新たにインストールするパッケージが8個もありました。構成が変わったようですね。依存関係を自動的に処理してくれるので簡単です。

スポンサーリンク

最後にもう必要とされていないパッケージを削除するコマンドを実行しておきましょう。

sudo apt autoremove

これでChromiumブラウザはアップデートできたと思います。

Chromeはバージョン83.0.4103.61でマイクロソフトの協力を得て安定版としてリリースされています。新しい Microsoft EdgeはChromiumを基にしています。

Microsoft EdgeがLinux版にも対応予定ということです。iOSとAndroidまで対応しています。Chromiumブラウザも色々と変更がありそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました