【レビュー】ラズパイとセットで使いたいモバイルモニター——InnoView「INVPM001」

Raspberry Pi で使えるモバイルモニターとして、Raspberry Piにちょうど良い、おすすめしたいモバイルモニターをご紹介しました。その後、意外と反響があった経緯から、InnoViewさんから15.6インチのモニターを送っていただきました。

この記事は、ラズベリーパイと共に使える据え置き型モニターとして、他サイトのレビューと異なる視点からご紹介いたします。

※この記事はInnoViewの提供です。

目次

ラズベリーパイでの使用

Raspberry Pi 4/400で使用することを前提にテストしました。

ご覧のように、15.6インチのモニターの存在感は十分な広さを確保できます。一緒に映っているラズベリーパイは「組み込みキットでデスクトップPCライクに使う【Geekworm NASPi】」でご紹介したケースに入れています。

モバイルモニター全般にいえることですが、ケーブルが短くない分、どうしてもケーブルの取り回しには苦労します。向かって左側にUSB-CとminiHDMIを繋げる形です。

スタンドは裏側から手で引き出す形で角度を調整します。

スタンドを45度

モニター画面下部とスタンドの下部に、ゴム製の滑り止めが長目に計3箇所も施されていて、設置に関してはとても安定しています。重さが865gということも手伝って剛性は強い方だと感じます。

Raspberry Pi 400との接続では、キーボード一体型のPi 400本体よりだいぶ幅が長く感じるでしょう。少し距離を置いて置くことで、まるでノートパソコンのように無理なく利用できました。

以前にご紹介したモバイルモニターは12.5インチだったため、やはり15.6インチは広く使えて便利です。

2台を並べてデュアルディスプレイにしてみました。

今回の15.6インチと他社12.5インチ

この組み合わせでもデスクトップはかなり広く使えます。Raspberry Pi 4ならば元々デュアルディスプレイに対応しているので何も設定は必要ありません。繋げるだけです。

見た目の綺麗さ

IPS液晶ですから発色も良く何ら不満がありません。コストを考えればほとんどの人が満足できるレベルでしょう。

モニターのメニューから、HDRを有効にした場合、確かに効果を実感できます。

当然ながら液晶は上を見たらキリがありません。フルHD画質で十分ならば懸念する箇所は見当たりませんでした。

縦表示

縦にして表示するのも、ラズベリーパイからの設定で簡単に行えます。

画像は斜めに立てかけている状態

残念なのは、スタンドは縦に立てた時を想定していない点です。スタンドは180度動きます。90度の場所なら自立はするのですが、画面も90度になってしまうため少しの振動で手前に倒れそうなので注意してくださいね。

しかし、本来の使い方ではありませんから、今回は評価の対象にはしていません。縦に使いたい場合は、少し工夫する必要があることはご注意ください。

縦表示はディスプレイの設定から

ラズベリーパイで画面を縦の表示にするのも簡単になりました。昔はconfigファイルを編集するしかありませんでしたが、マウス操作だけで済んでしまいます。

スタートメニューから設定→ Screen Configuration→ Configure→ Screens→ HDMI→ 向き

再起動をすると有効になります。

1点、最新のbullseyeだけなのかバグらしき挙動を見つけました。ダイアログボックスから聞かれる選択肢で再起動を選んでも変更されませんでした。
一旦、そのままに(つまり適用後のダイアログ画面では「いいえ」)し、スタートボタンから再起動することで有効になりました。この辺はOSのアップデートで修正されていくでしょう。気をつけてください。

同梱物

同梱物はケーブル類と説明書、画面クリーナーです。必要にして十分な内容です。ラズベリーパイ専用ではないので、HDMIの変換ケーブルだけ自前で用意しました。

ケーブル類

同梱されているケーブル類をご紹介します。

ケーブルは左からUSB-C、USBーC→USB-A、miniHDMI→HDMI

ラズベリーパイで使うには、miniHDMI→HDMI(画像右)を使います。ラズベリーパイ4はmicroHDMIですから、変換するケーブルが別に必要になります。

例:メスのHDMI→オスのmicroHDMIの変換ケーブル

MicroHDMI - MiniHDMIケーブルはなかなか見つからないので、どうしても変換するケーブルになるでしょう。

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

電源アダプター

次に付属の電源アダプタコアは、5V3Aに対応していて接続端子はUSBーAです。付属しているUSB-C→USB-Aのケーブルで接続させます。

電源の接続ボートは画面向かって左側に2つある側に接続します。

今回は使用しませんでしたが、USB-C→USB-AのケーブルはiPhoneとの接続に使用し、接続ポートは専用の画面右側です。

説明書類

説明書は簡易的であったり英語のみが多い中、きちんと日本語表示もされて好感が持てました。

嬉しいことに、Raspberry Pi 3 との接続を想定した絵図もあります!

色々なデバイスに接続できるモニターだけあって、こうやって分かりやすい説明書はまだ必要ですね。

ポートは両サイド下部

接続するポート類は左右サイド面に分かれています。

ご覧のようにスタンドを引き出すことでアクセスできます。このスタンドは上部まで180度動きます。

背面左側
  • 電源ボタン
  • メニューボタン
  • iPhone、キーボード、マウス用USB-C端子(特殊なポート)
  • 3.5mmヘッドフォン端子
背面右側
  • USB-C×2(充電、データ送信、映像、オーディオ対応)
  • miniHDMIポート

スペック

液晶パネルとしてのスペックは必要にして十分であり、一般的なIPS液晶モニターと同等です。

コネクタ類は、PC、Mac、ゲーム機、Raspberry Pi、スマホとの連携がUSB-Cを介して可能になっています。(接続するPC等が対応している必要はあり。ラズベリーパイはminiHDMI)

画面サイズ15.6インチ(16:9) 横36cm×縦22.5cm
画面解像度1920×1080(フルHD)IPS液晶パネル
表示色1677万色(8bit)
リフレッシュレート60Hz
輝度250cd/m2
応答速度5ms
ブランケット素材CNCアルミ合金製
視野角178°
スピーカーHDMI経由本体スピーカーあり(前面下部)
コネクタ3.5mmオーディオポート
USB-Cポート×2
USB-C入力機器専用ポート(iPhone用)
miniHDMIポート
その他機能FreeSync、HDR、ブルーライト低減
メニュー表示:
日本語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語

USB-CケーブルだけでPCやMacのサブモニターとしても使えますが、明るさが50%近くに落ちるため、暗い場所では少し厳しい印象です。これは他のモバイルモニターも同じ仕様が多いでしょう。電源アダプターを接続することで解決できます。

デメリット

デメリットが1点あります。

備え付けられたスタンドは、使うことが前提になっています。デフォルト状態で下部にスタンドを閉じたままでは、コネクタにアクセスできません。ただ、スタンドは180度上部に移動させておけばアクセスが可能です。

実際にスタンドとして45度の角度で使用すれば、コネクタ類のケーブルには触れることはありませんでした。仮に浅い角度にしたい場合は注意が必要です。コネクタ類のケーブルにぶつかるからです。

製品として通常に使用するだけなら、デメリットとは呼べないかも知れませんが、片付けようと思い先にスタンドを閉じようとしても、ケーブルが有るため閉じられないのに気が付くのが遅れました。うっかりミスには気をつけてください。

総評:よく考えられている

メイドインチャイナの中には、正直に言って値段相応になる製品が多いのも事実。その中にあって、この商品に限っては、販売価格と比較しなくても、良く出来ているなと感心させられました。

スタンドの機構は賛否はあっても、この大きさと重さからいって悪くないと感じます。前回ご紹介した12.5インチサイズではスタンドはそもそもありません。(逆にVESA対応)

あくまでも机上で使う前提であれば、モニター自体をしまえる点で邪魔になりません。

外箱の出来映えは商品には直接関係ないとはいえ、下手な日本製より立派です。内容物にしても、必要なケーブル類はしっかり揃っており、スタートガイドも十分な内容でした。

特にラズベリーパイ自体が安価な製品だけに、モニターにはあまり素晴らしいスペックは求めていない人が大半でしょう。モニターでいえば、少なくてもフルHDで発色や輝度がしっかりしていれば十分な性能です。

ラズベリーパイが4Kに対応しているので、つい4Kに惹かれますが、ラズベリーパイにはオーバースペックに感じます。

デスクトップPCライクに使いたい場合、通常のモニターも良いですが、モバイルモニターも同価格帯と考えたら検討できるようになったと思います。

ラズベリーパイとセットで使ってみて欲しいモニターのご紹介でした。これはオススメできます。

¥19,999 (2021/11/30 11:50時点 | Amazon調べ)
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

セール期間中は、クーポンの割引が設定されている場合もあり更にリーズナブルになっています。

参考:モバイルモニター InnoView 15.6インチ FHD 1920x1080(アマゾンの商品ページ)

冷えてカッコイイ! Raspberry Piのケース

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる