ラズパイでデスクトップのスクリーンショットを撮る2つの方法

公式Raspberry Pi OS

今更ながら、Raspbianのデスクトップイメージをブログに貼ったりできるよう、スクリーンショットの撮り方をご紹介します。既に記事にあるかと思ったら無かったので、私がよく使う方法でまとめてみました。

現在のRaspbianのイメージファイルには最初からscrotがインストールされています。メニューには出ていませんが、元々、scrotはコマンドベースで動くアプリケーションなので、ウィンドウといったGUIがありません。

やはりCUIベースでは使いにくいと感じる人も居るでしょうから、合わせてGUIがあるgnome screenshotもご紹介します。苦手だなと思う人はムリしてscrotは使わなくても同じようにスクリーンショットは撮れますからご安心を。

scrotとgnome-screenshotの紹介です。

scrot

先日に掲載した「Raspberry Piデスクトップ利用限定の技「キーボードショートカット」作成方法」でも一部触れている通り、スクリーンショットを撮れる scrotは、既にプリントクリーンキーにkeyboardショートカットとして割り当てられています。

だから、プリントクリーンキーPrtScnだけでユーザーのルートフォルダにキャプチャ画像が保存されていたわけです。

まだ試していない人は、PrtScnキーだけ押してみてください。/home/pi/の直下にpngファイルとして保存されますよ。

オプションを与えて思い通りに撮る

コマンドにはオプションという決められた一文字の英数字で表します。このオプションの指定で様々な振る舞い(機能)をさせることができます。

コマンドの基本の書式は、

scrot [options] [file]

[file]の部分は後ほど説明しますが、ほとんどはscrotに[オプション]を付けるだけです。

オプションはたくさんあります。

よく使うオプション7選

オプション
(ショート名)
オプション
(ロング名)
機能
-h--helpヘルプを表示
-v--versionバージョン情報の表示
-d--delay NUMスクリーンショットを撮る前に
NUM秒遅らせる
-c--count画面にカウントダウンを表示
-dオプションと一緒に使う
-s--select実行後にマウスでウインドウを選択
-b--borderウィンドウを選択する際
ウインドウタイトル(バー)を入れる
-sと一緒に使う
-u--focused現在フォーカスされているウィンドウを撮る

基本はショート名で構いません。”--”のロング名は、オプション内で更に引数を指定する場合などで用いることが多いです。

よく使うオプションの例

オプションを指定しない場合は、scrotを実行した瞬間の全画面を取得します。後から加工することになるのでそれでも良いのですけど、それだとPrtScnキーを押した時と挙動は同じです。それならPrtScnキーを一発押した方が早いですね。

よく使うオプションをいくつか並べてみますので、コピペしてお使いください。

5秒後に撮影
scrot -cd 5

5秒後に撮影する。ターミナルにカウントダウンされます。

ウィンドウを選んで撮影(ウィンドウバーも含んで取得)
scrot -sb

実行後、マウスでウインドウを選択するまで撮影されません。ウインドウをマウスでクリック選択すると撮影します。-bでウインドウ名と一緒に撮られます。

5秒後に操作した結果を撮影する
scrot -ucd 5

実行後、マウスで操作した結果を撮影したい場合に使えます。
例えば、ウィンドウメニューを開いた後の画面を撮影したい場合、開いたままコマンドは打てません。それに全画面ではなくウィンドウ単位でも可能です。

ウィンドウのタイトルを入れたい場合は-bオプションも付けてください。

ちなみにオプションの記述で”-ucd 5”などど省略して記述できます。もちろん、”-u -c -d 5”でも同じです。

ファイル名を付けて撮影

scrotの書式に[file]とあるようにファイル名も指定できます。

scrot [options] [file]

scrotではそのまま何も指定しないと「2019-09-01-101424_1920x1080_scrot.png」というファイル名で保存されるようになっています。

日付けと時間別なので被ることはありませんし、普段はこれで快適に使えます。しかし、たくさん撮影すると後で何が何だか分からなくなることも・・・。

そこで、分かり易い接頭語を付けてみましょう。

scrot 'cap_%H%M%S.png'

この例では、cap_101424.pngというファイル名になります。時分秒ならユニークになります。もちろん日付が変わったら被ってしまいますが、最低限の書式でcap_を変更して撮影した画像を分かり易くしています。

オプションは、まだまだあります!

GitHubにあるscrotのページには、他にもオプションが存在していますが、Raspbianでは13種だけです。

オプションは組み合わせて使う場合が多いので、よく使う書式はキーボードショートカットに割り当てても便利かも知れません。

scrotの場合、短いので比較的簡単に覚えられますね。

scrot -hで表示したヘルプ内容

  -h, --help                display this help and exit
  -v, --version             output version information and exit
  -a, --autoselect          non-interactively choose a rectangle of x,y,w,h
  -b, --border              When selecting a window, grab wm border too
  -c, --count               show a countdown before taking the shot
  -d, --delay NUM           wait NUM seconds before taking a shot
  -e, --exec APP            run APP on the resulting screenshot
  -q, --quality NUM         Image quality (1-100) high value means
                            high size, low compression. Default: 75.
                            For lossless compression formats, like png,
                            low quality means high compression.
  -m, --multidisp           For multiple heads, grab shot from each
                            and join them together.
  -s, --select              interactively choose a window or rectangle
                            with the mouse
  -u, --focused             use the currently focused window
  -t, --thumb NUM           generate thumbnail too. NUM is the percentage
                            of the original size for the thumbnail to be,
                            or the geometry in percent, e.g. 50x60 or 80x20.
  -z, --silent              Prevent beeping
補足

ロング名はハイフン2つから始まり、”--”その後に続く文字は一文字ではなく単語になっています。どちらを指定しても同じです。私が知っている限りの話ですが、言葉で覚えた方が覚えやすいので、ロング名で覚えて、おおよそ頭文字がショート名と覚えると良いでしょう。(例外もあります!)

コマンドオプションを忘れたなーという場合は、"-h"でオプション一覧も出てくると思うので、それを参照してください。便利!

ちなみにWindowsではオプションの指定は”/”ですね。RaspbianはLinux系となり ”-”ハイフンです。なんでか?というと、Linux系では”/”はディレクトリの意味で使うからです。(例: /home/pi/)

gnome-screenshot

初心者にもっと簡単なGUIで使えるgnome-screenshotがオススメです!

インストールは

sudo apt install gnome-screenshot

インストールが終わればメインメニューに追加されています。

アクセサリ ーー> スクリーンショット

画面はこんなにシンプルで分かり易いと思います。

”スクリーンショットの取得”ボタンで撮影でき、オプションも大きく3つ選べ、マウスポインターを含むか、ウインドウのタイトル名の有無が選べます。

撮影後は保存先とファイル名が聞かれます。良ければ保存でソフトウェアが終了します。

画像のエフェクトも可能です。

現在のウインドウを選択すると、適用するエフェクトが選べます。

  • 影を付ける
  • 境界を含める
  • ビンテージ

それぞれはこんな感じです。これがscrotで撮影した電卓のソフトウェアです。

境界を含めるは周りに線が追加されています。

ビンテージは・・・よく分かりません。

影を付けるが一番使えそうですね。

gnome-screenshotは1回撮影する毎にソフトウェアが終了してしまうのが難点ではありますが、とても簡単に撮影が可能です。

scrotに慣れないなという人は、gnome-screenshotからどうぞ。

Raspbainでスクリーンショットを撮る方法をご紹介しました。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  2. OMV5のアップデートエラー回避

  3. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  4. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  5. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  4. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  5. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  6. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP