[クーポン配布] LABISTS JP製ラズベリーパイ4Bセット品に使用出来る割引クーポンはここから
AmazonでラズパイのカテゴリーはベアボーンPCです。ご存じでしたか?

NOOBSをヘッドレスインストールしてスクリーンショットキャプチャを撮る

ヘッドレスインストールとは、Raspberry Pi(ラズパイ)にモニターもキーボードもマウスも繋げずインストールすることです。他のマシンからSSH経由でターミナル上で操作するため、慣れてしまうと電源アダプターだけでセットアップが完了します。

ネットワーク経由になるので、Raspberry Pi Zero WやRaspberry Pi 3B+、Raspberry Pi 4BなどWi-Fiが搭載されていれば可能です。(有線LANでも同じ。ケーブルの長さによる設置の制約はありますね)

通常のRaspbianでは、SSHとWi-Fiの設定ファイル(wpa_supplicant.conf)があればターミナルからraspi-configコマンドでVNCを有効に出来ますから、それでOKです。

しかし、NOOBSの場合、いきなりセットアップが始まるのは良いのですが、そもそもRaspbianが入っていません。どうしても最初にマウスなりで操作しないとなりません。

スポンサーリンク

VNCの有効方法

microSDカードにコピーしたNOOBSファイルの中にrecovery.cmdlineファイルがあります。それを修正します。(microSDカードの直下にあります)

変更前のrecovery.cmdline

runinstaller quiet ramdisk_size=32768 root=/dev/ram0 init=/init vt.cur_default=1 elevator=deadline

変更後のrecovery.cmdline

runinstaller vncinstall ramdisk_size=32768 root=/dev/ram0 init=/init vt.cur_default=1 elevator=deadline sdhci.debug_quirks2=4

quiet → vncinstall に変更

更に一手間必要です

このままだとRaspbianのインストール後にNOOBSから抜けると、VNCも接続できなくなり、インストールしたRaspbianにはSSHを有効にしていませんから、全く接続が出来なくなってしまいます。

そこで、NOOBSの構成ファイルにRaspbianのセットアップの際、SSHを有効にさせる記述を追加しておきます。

RaspbianにSSHを有効にしてインストールさせる

同じくmicroSDカードにNOOBSのファイルをコピーした中にあるpartition_setup.shを編集します。

OSフォルダ → Raspbianフォルダ→ partition_setup.sh

これを編集します。

echo "ssh" >/tmp/1/ssh

上記を追加することで、RaspbianのセットアップでSSHが有効になってインストールされます。

これで、VNCでインストール作業が終わった後、今度はSSHで接続が可能になります。

他にも利点が?

実はNOOBSをヘッドレスインストールしたいワケが別にあります。このサイトのように画像をキャプチャしたい場合、インストール中のスクリーンショットってどうやって撮るの?ということから調べました。

この方法でNOOBSをVNC経由で映し出せれば、VNCを介した画像をスクリーンショットとして撮れます。

と、いうか、そのためだけに利用しています・・・。

このような画像が取得できます。

ラズパイダのようなサイトには、こういった画像が不可欠なので、この方法は重宝しています。

NOOBSでインストール途中の画像をスクリーンショットとして撮りたい時は試してみてください。

※なお、Raspbianは起動すればセットアップのみなのでインストール途中はありませんね。起動してからプリントスクリーンキーで全画面のスクリーンショットが撮られてホームフォルダに保存されます。

コメント

  1. いつも不思議でしたが、そんな方法でインストール途中のスナップショットがとれるんですね!
    情報ありがとうございます。

    Jam

    • まぁ、NOOBSだけですけどね。
      あとはアップスキャンコンバータとか使うとか?

      ブラウン管モニターをQV-10で撮影していた頃が懐かしい・・・。