ラズベリーパイ(Raspberry Pi )の購入方法

特集記事

Raspberry Pi 本体を購入する際の情報をお届けします。

世界で人気のシングルボードコンピューターといえども、日本ではその辺で売っている物ではありません。大きめなパソコンショップか、秋葉原のお店などでは簡単に購入できます。

地方に行けば行くほど近くのお店では販売していないので、ほとんどの人はインターネットでの購入になります。

ここでは、Raspberry Pi の購入についてまとめています。

Raspberry Pi はイギリス製だけど日本製もある?!

Raspberry Pi はイギリス製です。従って、日本では輸入になります。日本にも代理店が存在します。代理店はリセラー(Reseller)と表示されています。

消費者は代理店から直接か、その代理店から仕入れているお店から購入することになるでしょう。

公式サイトの製品情報では、どこで販売しているのか分かります。ただ、国選択のプルダウンリストにJapanがないことがあります。その場合はまだ日本の技適が通っておらず販売されていません。

販売されていないモデルの表記
There are no resellers for the product model that match your selected criteria.

Raspberry Pi の基板は、RSオンラインとelement14で製造されています。この2社と正規代理店契約を結んでいるお店と、個別に輸入しているお店と別れています。

また、Raspberry Pi 3Bに限り、日本のソニー工場でもRaspberry Pi は生産されていて、made in Japanも流通しています。ちなみに初期のRaspberry Pi 1Bや1Aといったモデルはchina製でした。

Amazonでの購入

AmazonでもRaspberry Pi は販売しています。これはRaspberry Piに限った話ではありませんが、Amazon自体が仕入れて販売しているパターンもあります。ほとんどはマーケットプレイス店が出品しています。

価格は当然ながら日本の代理店にインターネット通販ページがあればその方が安いです。ただ、送料まで考えたり、Amazonプライム会員であったり、ギフト券を利用したい、支払い方法を選択したいなど個人の事情によって判断しても良いでしょう。

AmazonではRaspberry Pi 本体だけでなく、始めるのに必要な物がセットになった製品が多いのが特徴です。

Amazonで気をつける点

Amazonでは気をつけなければならない場合があります。それは価格設定がおかしい業者があるからです。あまりにも定価よりも高い場合は気をつけましょう。

また、一部の業者の出品は、粗悪品をセットにしているケースも見受けられます。

発送が遅い表記は日本国内のAmazon倉庫にない場合もあります。Amazonで購入する場合はプライムマークが付いている点は最低限確認しないとなりません。この辺りは一般的にAmazonを利用する場合と変わりません。

ラズパイダでは実際に購入したお店や商品を元にご紹介しています。ご紹介している商品以外は、似たような商品でもおすすめしていません。

定価を知ろう

どこで購入するにしても、適正価格で購入するために定価を知っていた方が良いでしょう。

Raspberry Pi 公式ページには希望小売価格は表示されていません。Zero Wや3A+といった形状が異なるモデルは別でも、基本の本体価格は35ドルとなっています。

定価 35ドル

私もよく利用しているイギリスのPimoroniは、日本にも1,000円程度の送料で配送してくれます。英語に抵抗がなければオススメです。

ラズパイダではイギリスにあるPimoroniを基本の価格としてみます。
Raspberry Pi 3B+は記事執筆時点で£34(4,654円)です)
しかし、イギリスには付加価値税20%が入っており、日本からの購入ではかかりません。
ですから£34でも実際は£28.33 (VAT抜き)であり、日本円で3,877円です。

日本で販売されるRaspberry Piは、輸入品の関税、通貨レートの影響を受けますので、イギリス国内より高くなってしまうのは仕方ありません。

概ね英国の付加価値税が入った価格を日本円換算した計算が、日本の実勢価格に近い印象を受けます。

Pimoroniの価格を例にRaspberry Pi の本国イギリスの販売店Pimoroniの価格を表にしてみます。

 Pimoroni価格日本円
Raspberry Pi 3B+£34(£28.33 (VAT抜き))3,877円
Raspberry Pi Zero WH£13.02(£10.85 (VAT抜き))1,485円
Raspberry Pi Zero W£9.3(£7.75 (VAT抜き))1,061円
Raspberry Pi Zero£4.6£3.88 (VAT抜き)531円
Raspberry Pi 3A+£23.5(£19.58 (VAT抜き))2,680円

※昨年まで販売していたノーマル3Bは記事執筆時点でPimoroniでは取り扱いがありません。
※当ブログ内の£の円換算は1日毎のリアルタイムで表示しています。

どの購入先でも送料がかかります。(Amazonプライムを除く)販売店によって価格も異なります。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

購入まとめ

ラズパイの購入についてまとめます。

  1. Raspberry Pi を購入するには、主にインターネット通販になります。大型店があるなら店舗で選んでも良いでしょう。
  2. 海外から取り寄せるインターネット通販の場合、本家イギリスから日本へ発送してくれるのはPimoroniとThePiHutでした。(今後は増えるかも知れません)
  3. 国内通販の場合は代理店がオススメです。
  4. Amazonは注意が必要ですが、セット品が多く選べる上、価格もリーズナブルでオススメです。

国内代理店だけではありませんが、在庫なしとなっているZero系は、決して在庫がないのではなく、発売当初から数が足りないことも手伝ってまともに販売していません。

ただ、ケースや電源とのセット商品は以前から購入できているので、単品販売にまわしていないというのが実情です。・・・単価が低いですからね。

確かに生産数が少ないのは事実で、Pimoroniでも1回の注文で1つという状態が発売時からずっと続いています。現在もです。

ずっと見てきた感想として、Zero WHは潤沢にあるようです。台数制限もありません。3B+、Zero WH以外の製品は、販売価格が安くて性能が劣る旧機種同様に積極的に販売する意思はないように感じます。

リーズナブルなAmazonから購入する際、以下の記事も参考にしてください。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  3. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  4. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  5. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP