毎月恒例のタイムセール祭りは4/24〜26迄

Raspberry Pi 400、4B、3B+の比較

rpi4-400-3bp-title特集記事

2021年春に日本でも販売予定のRaspberry Pi 400と、手に入りやすいRaspberry Pi 4B、そしてRaspberry Pi 3B+の3台を簡単に比較してみましょう。

主にスペック表から、そして実際に使ったアドバイスをご紹介します。
自分に合った最初の機種を手に入れてください。

気に入ったら、全部買いたくなりますけどね。

スポンサーリンク

Raspberry Pi 比較(4B、400、3B+)

主な性能の比較です。※細かいスペックは省いています。
 
hikaku-rpi4
hikaku-rpi400kit
hikaku-rpi3bp
Raspberry Pi 4BRaspberry Pi 400Raspberry Pi 3B+
主な特徴・大容量メモリーが選べる
・これまでよりも大幅に性能UP
・キーボード一体型マシン
・Raspberry Pi 4Bとほぼ同等
・CPU周波数がUP
・3.5mmジャックがない
・3Bの発展バージョン
・基本性能は3Bとほぼ同等
・USB2.0のみ
CPUARM Cortex-A72
Broadcom BCM2711
1.5 GHz
ARM Cortex-A72
Broadcom BCM2711
1.8GHz
ARM Cortex-A53
Broadcom BCM2837B0
1.4 GHz
搭載メモリー(1GB)/2GB/4GB/8GB4GB1GB
ビデオ性能Broadcom VideoCore VI
MPEG-2、VC-1、1080p30 H.264/MPEG-4、
AVC High Profileハードウェアデコーダ・エンコーダ
1080p60
OpenGL ES 3.0
H.265 (4kp60)
Broadcom VideoCore VI
MPEG-2、VC-1、1080p30 H.264/MPEG-4、
AVC High Profileハードウェアデコーダ・エンコーダ
1080p60
OpenGL ES 3.0
H.265 (4kp60)
Broadcom VideoCore IV
MPEG-2、VC-1、1080p30 H.264/MPEG-4、
AVC High Profileハードウェアデコーダ・エンコーダ
1080p60
OpenGL ES 2.0
HDMI出力microHDMI×2(HDMI2.0)
4k対応(60フレーム)
microHDMI×2(HDMI2.0)
4k対応(60フレーム)
HDMI(HDMI1.3、1.4)
USBポートUSB3.0×2
USB2.0×2
USB3.0×2
USB2.0×1
USB2.0×4
音声出力3.5 mm ジャック, microHDMI, I²SmicroHDMI, I²S3.5 mm ジャック, HDMI, I²S
有線LANGigabit Ethernet(1Gbps)Gigabit Ethernet(1Gbps)Gigabit Ethernet over USB 2.0 (最大300Mbps)
無線LAN2.4GHz、5GHz
IEEE 802.11.b/g/n/ac
Bluetooth 5.0,BLE
2.4GHz、5GHz
IEEE 802.11.b/g/n/ac
Bluetooth 5.0,BLE
2.4GHz、5GHz
IEEE 802.11.b/g/n/ac
Bluetooth 4.2,BLE
推奨電源5V3A(15W)
USB Type-C形式
5.1V3A(15.3W)
USB Type-C形式
5V2.5A(12.5W)
microUSB形式
その他78または79キーコンパクトキーボード
(日本語予定あり)
2021年春、発売予定
定価
参考価格
定価:
(1GB)35ドル(産業用)
2GB 35ドル
4GB 55ドル
8GB 75ドル

参考価格:
2GB 5,000円前後〜
4GB 7,000円前後〜
8GB 約9,000円〜
定価:
参考価格:
単品販売 9,000円前後〜
キット販売 13,000円前後〜
定価:35ドル
参考価格:5,000円前後〜
2021年春、日本販売予定

一体型は便利

Raspberry Pi 400はキーボードがケースも兼ねる一体型のマシンなため、やはり何かと便利です。実際は、Raspberry Pi 4などとはケーブルがキーボードの1本しか変わりませんから、それほど大きな違いは無いように思えます。

Raspberry Piをテーブルなどに用意する場合、スッキリと感じるのは、ケースとキーボードが一度で済むからでしょう。

Bluetooth、Wi-Fi接続のマウス&キーボードを使いたい場合は、Raspberry Pi 4Bが良いでしょう。ケースにこだわりたい場合も同じです。

子供には最適

キットになった物であれば、直ぐに始められます。これは子供にはちょうど良いでしょう。価格的にもプレゼントし易い価格帯です。

Raspberry Pi 400が手に入るようになるのは2021年春と予定されていて、ちょうど新学期の前に手に入りそうです。楽しみです。

SSDドライブ起動させたRaspberry Pi 4 サクサクと愛用中!

コスパが抜群のSSDドライブは内蔵型でいい
Crucial SSD 480GB BX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm

Raspberry Pi4はメモリー8GBモデルなら余裕
【国内正規代理店品】Raspberry Pi4 ModelB 8GB 技適対応品

USBブートの構築方法を実践
ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

モニターは安価でいい

いずれにしてもモニターは必要です。ただ、PCモニターは4Kで無ければ安価になりました。私もつい、買い増ししています。

ちょっと待て!小型10インチより安価なDELL製23.8インチモニターが破格!——Amazonセール

デジタルサイネージに使えるピボット機能付モニターとラズパイデスクトップ画面の回転方法

もしくは、高画質の4Kテレビに繋げられるので、リビングで少しという使い方も可能なのが、Raspberry Pi 4Bと400です。
HDMIケーブルは本体側がmicroHDMI端子の特殊な物になりますので、ご注意ください。こういうのです↓

※特注!)高速マイクロHDMI to HDMI ケーブル、A to Dタイプ;ご注意:これはMHL ケーブル及びマイクロUSBケーブルではない。MicroUSBコネクタやライトニングコネクタとはコネクタ端子形状が異なりますので、スマートフォンのMicroUSB端子やiPhoneのライトニングコネクタではご利用頂けません。十分ご確認の上でお買い求め下さい。

PCモニター(ディスプレイ)でおすすめは、ASUSの狭額縁でディスプレイ面の厚さが7mmというモデルです。

23.8インチで十分な大きさです。台座が円になっていて、輪になっているため想像よりも邪魔になりません。比較的に軽いので移動も楽です。

このモデルは割引をよくやっていまして、およそ12,000円前後でいつも購入可能な低価格がウリです。

そのくせ、それなりに綺麗に映るので気に入っています。上を見ればキリがありません。Raspberry Pi に繋ぐのに十分な画面ですよ。

4Kモニターはお高い

より高画質を求める人は、4Kに対応しているRaspberry Pi 4と400なら、4Kモニターを選ぶべきです。価格はそれなりにします。

ジャパンディスプレイの24インチ、安いけどどうなんだろう。

コスパが良いのはRaspberry Pi 4Bの4GBモデル

rpi4b8gb-armerkit全景

Raspberry Pi を2Bから使い始め、ほとんどのモデルを試してみて、コストパフォーマンスが良かったのは、やはりRaspberry Pi 4Bです。それもメモリー4GBモデル。

Raspberry Pi 3B系で一番のネックがメモリーでした。ネットワークが遅いのもネックでしたが、遅い処理というのは堪えました。Raspberry Pi Zero 系を使うと分かりますよ。Zero系は512MBしかありません。起動も遅いです。

3B系で1GBしかメモリーが無かったのに、いきなり4GBはだいぶデスクトップPCに近づいたと感じた点です。

Ubuntu Desktop、またはUbuntu MATEなら、Raspberry Pi OSより洗練されたデスクトップパソコンになります。Raspberry Pi OSは野暮ったいかも知れませんが軽いですよ。

Ubuntu2010-terminal

正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

恩恵として、重いソフトウェアもそれなりに使えるようになり、古いノートパソコンを使うくらいなら、Raspberry Pi 4Bでいいじゃん?って思えたほどでした。

現在はメモリー8GBモデルが人気があります。これは仕方有りません。

しかし、販売価格から考えると、2,000円くらい差があります。Raspberry Piに何をやらせるかによってはオーバースペックです。

最初はバランスも考えてメモリー4GBモデルがちょうど良いかも知れません。
そういう意味でRaspberry Pi 400のメモリーは4GBですから、やはり初心者に向いていますね。

3B+は用途限定

現在でも3B+は活躍しています。ウチでは1台がAmazonプライム・ビデオの再生専用機となっています。実はビデオの再生に関して、3B+って優秀なんですよ。

もう1台は、音楽再生専用です。これもmoode audioやVolumio2などで快適です。

他にもPythonの学習用や、GPIOに繋いで試すテスト機としては最適です。価格も5,000円前後ですし、お手軽感はこれまでのRaspberry Pi同様です。

Raspberry Pi 4Bの8GBでは勿体ないな、という使い方はRaspberry Pi 3B+の出番です。

これからなら最新

あまり分からない人は、最新を購入した方が良いでしょう。
2021年初頭であれば、Raspberry Pi 4B、これから先はRaspberry Pi 400となるでしょう。

インターネットの情報は、3B系が多いかな?と感じています。搭載しているRaspberry Pi OSのバージョンによっては、処理が異なります。OSのバージョンは気にした方が良いでしょう。

Raspberry Pi 4B、400、3B+の比較でした。

コメント ご感想をお願いします。