LibreELECに繋いだ外付けHDDでデータが表示されないディレクトリが出来たので直した話

LibreELEC

Raspberry Pi にLibreELECを入れてメディアプレイヤーにしている人は多いと思います。そんな私も手持ちの古いDVDをmp4に変換して視聴しています。

ある日、ディレクトリが存在するのに中身がない!!という現象に見舞われました。何てことは無いことでしたが、ちょっとハマったのでご紹介しておきます。

データはあるのに見えない??

最近はもっぱらAmazonのFireTV Stickでプライムビデオを観ることが多くなり、すっかりデータを溜めた外付けHDDにはアクセスしていませんでした。

そんな時、以前に転送していた動画データを観ようと思ったら、「ん?ファイル数がゼロ?」

え?データ消えた・・・?

外付けHDDも当たり外れがあるので、逝ったか?!と思ったのですけど、ディレクトリは存在しています。
更にMacへ繋いだら普通に観られる。しかし、LibreELECでは全く表示されない・・・。

ちょっとおかしい挙動もあったので、壊れたのかと思いましたけど、もしかして・・・ファイル数の限界?

はたまたディレクトリの制限数超えた?階層が深い??

確かSMBでcifs形式(Common Internet File Systemの略)だったからその関係??

そのディレクトリが2つもあった。一つは確かにファイル数は多いものの、限界とは程遠い。もうひとつはファイル数は少ないもののディレクトリが多い。

どうしたものか・・・。

修復したが・・・

Macのユーティリティであるディスクユーティリティで修復をしてみた。

Macには標準でFirstAidなるディスクを修復してくれるアプリケーションがあります。

これで修復されれば治ることも多いので試してみると・・・、詳細情報にたくさんのエラーが出た!

ディレクトリのエンドポイントがない? というのが怪しい。

一応、FirstAid後には修復完了で0コードが帰ってきている。これで治ったのか??

またLibreELECに繋いでみても変わらずにディレクトリの中身は見えない・・・。

Macに繋いでも見られないディレクトリが出来上がってしまってもいた。ヤバい、ハマってきた。

移動してみる

ディレクトリのファイル数や階層の制限やら解らないけれど、一度ファイルを上の階層へ一部移動してみた。

Macでは表示されるので試しにいくつかだけ新規のディレクトリを上層に作ってデータを移動した。

そしてまたLibreELECに繋ぐと・・・、移動した先のディレクトリは問題なし! 表示された! しかし、相変わらず元のディレクトリは全く見えず・・・。

ただ、これで恐らくディレクトリが壊れているということは理解できた。面倒だけど今一度Macに繋いで見えなかったデータを新しいディレクトリを作成して移動し、古い問題のあるディレクトリのインフォメーションを確認すると、僅かながら隠しファイルが残っているようで、0バイトではなかった。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

ディレクトリの破損

なんでか解らないけれど、ディレクトリに隠しファイルがあって、それが悪さをしていると断定できた。

移動するときにcommand+A(全選択ショートカット)ではなく、Shiftキーを使った範囲選択でデータ移動してみる。
ディレクトリの中身がゼロ(データが見えない)のハズなのに、数百KB分のデータがあるとインフォメーションで表示された。

仕方なく移動後の空?と思われるディレクトリを丸ごと削除しました。

MacでもWindowsでもゴミ箱を空にしないと外付けHDDなどには見えないだけでデータはしっかりと存在しています。デバイスを取り外す前にゴミ箱を空にしましょう!

またまたLibreELECにつなぎ直したら、新規に作成したディレクトリがバッチリ見えました!

新しいディレクトリの名前は一応問題のあるディレクトリとは異なるファイル名にしました。

階層も何かの制限も無視して、単に入れ物であるディレクトリを交換したという形になります。

これが正解でした。

どういった訳か、いつのまにかディレクトリが壊れていたようです。

外付けHDDは消耗品

よく使っている外付けHDDですけど、所詮はHDDなので書き換え頻度が多いと物理的にも壊れやすい。

昔取った杵柄で、よく理解していることがあります。

外付けHDDは保証の1年は問題ないけれど、データを頻繁に書き換えれば寿命は縮まるため、2年目以降はいつ壊れても仕方ない。

外付けHDDは毎年買い替えても安い価格です。安心を買うなら定期的に交換すると良いでしょう。

買い替え頻度が1年だとしても半永久でも長期間でもないデバイスなので1万円前後で手に入ることを考えれば充分に消耗品と言えます。

同じようにディレクトリの中身が見えないことが起きたら、問題のディレクトリを新規ディレクトリに移動してあげれば元に戻ります。

母艦が要るので、ちょっと面倒ですけどね。データが消えていなくて良かった。

容量: 4.0TB【対応機種】USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac、対応OS:Windows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11以降
ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  4. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  5. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  6. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP