新型Raspberry Pi 4 modelBが発表&発売されました! 第一報はこちら
[48時間] Amazonプライムデー買うラズパイ製品

今年も年に1度開催されるAmazonのプライムデーは7/15(月)16(火)
通常はなかなか値下げにならないラズパイの商品は今回はセールになるのでしょうか?
選び方などの参考にしてください。
狙うべき関連商品などの選び方をまとめてみました。

特集ページを読む

コマンドリファレンスは1冊あると便利

python-reference2009 Kindle&books
この記事は約5分で読めます。

このラズパイダへ訪れる人はRaspberry Pi に興味があるから、Linuxにもあまり抵抗はないかも知れません。それでもLinuxは取っつき難いと思っている人は多いでしょう。

Macにもそう思う人が居るように、それはWindowsも同じです。馴染みが無いから仕方ありません。

Linux全般で言うと、特にコマンドを利用することが多いためWindowsからPCを知った人にはまるで呪文です。現在はデスクトップ環境も充分に機能的ですからあまり差はなくなりました。

それでもコマンドを叩く機会が多いので、1冊はコマンドリファレンスがあると便利なのでご紹介します。

スポンサーリンク

手軽なポケットリファレンスシリーズ

これまで個人的に購入していたのは、技術評論社から発売されているポケットリファレンスです。まだLinuxのデスクトップ環境がここまで安定していない時代、書籍はあっても難しいのが多くて困っていました。

内容はそんなに簡単ということはないものの、浅く広く網羅していて小さな本でしたから、手元に置いて必要な箇所だけ調べて使っていました。

現在だとブログもあるので、そんなに困りませんが、検索ではどうしてもピンポイントというのは難しいですし、他との関連性も分かるため重宝していました。

ただ、Linux系は非常に古い本(2015)なのでサラッと読むことをオススメします。

こちらのLinuxコマンドに関して、Raspbianの利用ならDebian系ですから、Debian専門でも良いでしょう。どちらにしても刊行された年が古い物が多いのでバージョン違いなどには気をつけてください。

リファレンスという言葉通りに参考するつもりで使うと良いでしょう。

[改訂第3版]Linuxコマンドポケットリファレンス
Kindle版
書籍版

Pythonも1冊欲しい

Pythonはプログラム言語です。別にRaspberry Pi でメディアセンターの構築などでは必須ではありません。しかし、簡単でも何かしらの仕組みを作るならPythonでコードを書くこともあります。

そもそもRaspberry Pi はそういう使い方の方がメインですからね。だから、やはり全部は分からなくても、多少の知識があるとより一層楽しめます。

Pythonは他のプログラム言語と比べて簡単だと言われます。個人的にもそう思っています。ほんの少しのコードなら難しくありません。Raspbianのターミナルで使うシェルコマンドと合わせて利用しても便利です。短い1〜2行のコードでも実現できることは多いですよ。

 

Raspbianで使うPythonもはじめての基本はコレでした。だいぶ年季が入っています!!

Pythonポケットリファレンス

これは2009年の物でその後に改訂版はないようです。Pythonは2.6系と3系があります。この当時は2.6系が主流でこれから3系になるという時代でした。しかし、今もまだまだ2系が健在です。

概念的なことや基本を理解したいため、今でもこの本をたまにパラパラしています。もう充分に元は取りました!

最近購入した新しい書籍の中で、以下が分かり易くそれなりに広い範囲も扱っていて便利でした。

確かな力が身につくPython「超」入門 (確かな力が身につく「超」入門シリーズ)

ただ、こういう本は向き不向きもあるし、書き方により分かり易いかどうか好みもあります。できれば本屋さんでパラパラと見比べて購入したいところです。

そうは言っても田舎だとPythonの本が揃っているお店も少ないでしょう。だから必然的にAmazonの「なか見!検索」で見てから購入しています。

ただ、残念ながら全ての本にこの「なか見!検索」あるわけではありません。事前に見られない本はちょっと購入は躊躇いますね。こういう本は高いから・・・。

中身検索

最後に

技術書はインターネットがあるとはいえ、ザッと網羅してある本が助かります。具体的にカメラモジュールを使って作る仕組みや、Raspbianのインストールという決まった事柄は、インターネットで充分な内容で新しい情報も多く間違いません。(※バージョンには気をつけたい)

 

Kindle本なら作者によっては最新版に改訂してくれたり、修正してくれることもあるので比較的に新しい情報にもなりますけど、紙の本だと古いままで困ることも出てきます。

だから、私は全体の把握であったり、概念の理解であったり、はじめての1冊のように普遍的なことが載っている本を選んでいます。

もしくは、とっても具体的で専門的な内容であれば、インターネットにも情報が少ない場合がありますので購入の対象になっています。

 

初心者であれば、どれを購入してもあまり差はないと思ってます。問題は2冊目や次に知りたい事が出た時、どういうポイントを抑えてあるのか事前に知ることが難しい面もあって、ついインターネットの情報に頼ってしまいますね。・・・それでエラーでハマることも多い。

購入した本で良かった内容であれば、順番にこのブログでも紹介していきます。
参考書のお話でした。

他の本や雑誌(無料も?!)に興味があるのならこちらもどうぞ。

雑誌や書籍で学ぶRaspberry Pi
Raspberry Pi 関連の書籍や雑誌は数多く出回っています。そんな中、雑誌がリアルな店舗で手に入らないこともしばしばあります。Raspberry Pi が日本でも人気が出てきたとはいえ、...

コメント