GPi CASEをレトロでキッチュなモバイルビデオプレイヤーにする

Retropie

前回(超絶ニッチな情報、ラズパイGPi CASEのRetropie上でスクリーンショットを撮る方法)に引き続きピンポイントな情報です。あの小さなGPi CASEの液晶画面で動画を再生させたいと思いトライしました。

調べてみると、GPi CASEにインストールしたRetropieのメニューであるEulationstationに、ビデオ再生用のプレイヤーを追加することで視聴可能です。Gpivideoという名前でgithubにありました。

再生のファイルサイズには制限があります。GPi CASE上ではKODIでは重すぎます。事前に小さくエンコードした動画をコピーする手間は仕方ありません。

乾電池3本で動くGPi CASE+Raspberry Pi Zero Wで動画を持ち運べるのは楽しいですよ。

インストールは手動がいい

githubには用意されたスクリプトで自動的にインストールする方法が載っていますが、ハマりました。

自動だとEulationstationの設定ファイルである「es_systems.cfg」を入れ替えていました。これだと、PICO-8など自分で追加した変更が反映されません。(ファイルをoldと名前変更コピーバックアップとっているだけですから元には戻せます)

最初のセットアップ時点で行うには自動のスクリプトを実行した方が速いです。そうでなければ手動でインストールすることをオススメします。

Gpivideoのインストールと設定

最初にGPi CASEにRetropieをインストールした後のお話です。RetropieのインストールはGPi CASEでPICO-8を遊ぶ インストール方法編の記事半分で紹介しています。合わせてどうぞ。

自動でインストール

自動的にインストールするのは以下のスクリプトで簡単です。GPi CASEを用意したばかりの頃に助かります。

wget https://raw.githubusercontent.com/CrashCortez/Gpivideo/master/setup.sh && sudo chmod a+x setup.sh && sudo ./setup.sh

最後に「See you at the Movies - Crash」と画面に表示されたら終了です。これ、作者の名前を添えたメッセージなんですけど、名前がCrashって気がつかず、クラッシュした?と勘違いしました・・・。このメッセージで大丈夫です。正常です。

手動でインストール

手動の場合はすでにEulationstationをあれこれといじってしまった人にオススメです。

suod apt-get install mpv

es_systems.cfgの修正

es_systems.cfgというコンフィグファイルを修正しないとなりません。

場所は、/etc/emulationstation です。

<system>
    <name>videos</name>
    <fullname>Videos</fullname>
    <path>/home/pi/RetroPie/roms/videos</path>
    <extension>.avi .AVI .mp4 .MP4 .mov .MOV</extension>
    <command>/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh 0 _SYS_ video %ROM%</command>
    <platform>videos</platform>
    <theme>videos</theme>
</system>

以下、それぞれフォルダを作成し、roms/videosの方は777の書き込み権限を与えてください。

/opt/retropie/configs/video
/home/pi/RetroPie/roms/videos

/roms/に所有者をpiユーザーにします。

sudo chown -R pi:pi /home/pi/RetroPie/roms

セットアップファイルを見てみると何をしているのか分かります。

Gpivideo/setup.sh

!/bin/bash
 echo "Setting up Files and Folders"
 sleep 5 
 clear
 cd /opt/retropie/configs
 sudo mkdir video
 cd video
 sudo wget https://raw.githubusercontent.com/CrashCortez/Gpivideo/master/video/emulators.cfg
 cd
 cd /home/pi/RetroPie/roms
 sudo mkdir videos
 sudo chmod -R 777 videos
 cd
 sudo chown -R pi:pi /home/pi/RetroPie/roms
 cd /etc/emulationstation
 echo "Renaming your es_systems.cfg to es_systems.cfg.old"
 sleep 5
 clear
 sudo mv es_systems.cfg es_systems.cfg.old
 sudo wget https://raw.githubusercontent.com/CrashCortez/Gpivideo/master/es_systems.cfg
 cd
 echo "Installing MPV"
 sudo apt-get -y install mpv
 sleep 5
 clear
 echo "Device will now reboot, dont for get to put some .avi .mp4 .mov files in your videos roms folder."
 sleep 5
 clear
 echo "See you at the Movies - Crash"
 sleep 2
 sudo reboot

EulationstationかRetropieを再起動して反映されます。

使った動画: ラズパイの動画テストにも最適な3Dアニメ映画「Big Buck Bunny」

動画サイズはどうだろう?

実際に再生を試したのは主に以下です。

  • bbb_sunflower_320x240_24fps_normal.mp4 → OK
  • bbb_sunflower_320x240_60fps_normal.mp4 → OK
  • .movファイル(1280x720 60fps)→ スローモーションになってダメだった×

フレームレートというよりも、解像度が影響しています。ただ、作者も言っているように、mp4は概ねOKで、AVIとMOV形式では上手くいかないことが多いということです。

I never when above 720p and I used avi and mp4 mostly. I have had a few movies just not work. It might be a codec issue.

引用元:https://www.reddit.com/r/retroflag_gpi/comments/f06nj3/how_to_play_videos_from_es_on_the_gpi/?sort=new

サイズは他にも試した結果、640xサイズのmp4なら問題なさそうです(動画ファイルに依る)

再生中の操作方法

セレクトボタンを押したままスタートボタンで終了
右キーで前方にスキップ(早送り)
左キーで後方にスキップ(巻き戻し)
長く上キーでもっと早送り
長く下キーでもっと巻き戻し
Aボタンで一時停止
Bボタンでミュート
Xボタンで次のチャプター
Yボタンで前のチャプター
Rボタンで字幕オン/オフ
Lボタンで字幕言語切り替え
スタートボタンで音量を上げる
セレクトボタンで音量を下げる

レトロなモバイルプレイヤーとして

やっていることはすべてスマホでできる内容です。しかし、GPi CASEは本当によく出来ていて高性能です。何といっても乾電池で駆動するのがとても魅力的だと思いませんか。

ゲームの他にビデオも再生できるのは嬉しいですね。試してみてください。

【セット概要】RETROFLAG (レトロフラッグ) GPi Case, Raspberry Pi Zero Wをセットにしています。別売りのRetroPie SDカードなどで昔懐かしいゲームを楽しめます。

作者動画:https://www.youtube.com/watch?v=67IDIoZVuuo&feature=youtu.be
github:https://github.com/CrashCortez/Gpivideo/tree/938e43ae150e4f9c40861daeb9c9ada6bbced230

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  3. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  4. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  5. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  6. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP