作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

手に入りやすくなったGoogle AIY Voice Kit V2はRaspberry Pi Zero WHに変更

広告
製品情報

V1から大幅に変更になったGoogle AIY Voice Kit V2も比較的手に入りやすくなりました。

AIY Voice Kit v2 では、Raspberry Pi Zero WH とソフトウェア イメージを保存済みの SD カードが付属しているのが変更点です。

 

googleaiyv203

内容物

  1. Voice Bonnet(拡張ボード) ×1
  2. Raspberry Pi Zero WH ×1
  3. スピーカー ×1
  4. OS書込済 microSDカード ×1
  5. プッシュ ボタン ×1
  6. ボタン ハーネス ケーブル ×1
  7. プラスチック スペーサー ×2
  8. Micro USBケーブル ×1
  9. 外装箱用ボール紙 ×1
  10. 内部フレーム用ボール紙 ×1

尚、電源は含まれていません。
Raspberry Pi Zero WHですので、3.0Aではなくて構いません。2.4Aで充分です。1.0Aでもイケますが、拡張基板を付ける事も考えると2.0A〜3.0Aが安心です。

 

購入したV1の写真

googleaiyv101

V2とは大分異なります。

googleaiyv201

作り方もとってもシンプルになりました。以前はRaspberry Pi3Bだったので箱の組立も複雑でした。
できればスピーカーはもっと小さい方が箱自体も小さくなって見栄えが良いと思うのですが・・・。

スピーカーだけは変更して入れ物も自作したら面白い?!

 

キットの価格は高くなります。
ただ、これは基板本体が付属するためです。KSYでも7,020円(税込)になります。V1では3,240円くらいでした。当時、Raspberry Pi 3Bが5,000円台でしたから、合計で8,000円を超えていました。

OSが入ったmicroSDカードも入れれば約1万円だったV1よりも、より簡単に作れて試せるV2は3,000円くらい安い計算です。本体代金そのままの差額になりますね。

 

Google AIY Voice Kitで日本語で受け答えするGoogleアシスタントを作る!その1
先月1月にアップデートしたGoogleアシスタントが日本語対応となりました! そこで、英語でしか出来ないことに使い勝手悪くお蔵入りしていたGoogle AIY Voice Kitを再インストールして構築し直した時にハマったことを記事にしていきます! 日本語対応は、正確に言うと、google-assistant-sdk 0.4.2 がリリースされ、hotwo...
Google AIY Voice Kitで日本語で受け答えするGoogleアシスタントを作る!その2 自動起動で実行させる
毎回、コマンド入力からGoogleアシスタントを起動するのは面倒です。これを自動起動させて少し楽しましょう。 前回、日本語対応のGoogle AIY Voice Kitを作成出来ました。でもまだGPIOが制御出来ないようで、LEDのボタンを光らせたり、音を鳴らすこともできません。(日本語環境では) Google AIY Voice Kitで日本語で受け答...