GIGAスクール構想に合わせ、ラズベリーパイ4にChromiumOSを入れて自宅で学習

chromiumOS-on-rpi4b
ラズパイのOS

文部科学省がGIGAスクール構想という名で推進しているICT教育の中で、一人一台の体制を整えようとしています。テストケースの学校では一部でRaspberry Piも導入されていました。しかし、どうやら大半の学校で「Google Chromebook」が配布されるというニュースも目にしました。

あなたの都道府県はどうでしょうか?

私の県下の市では、ほとんどChromebookの採用でした。

Chromebookが学校でどのように活用されるのかは、ここで詳しくは触れません。ただ、Chromebookを自宅に持ち帰っても良いとしても学校からの貸与物ですので、やはり一定の使用制限は学校によってあるでしょう。

もしも自宅にもChromebookがあれば、操作にも慣れますし有意義に使って貰いたいと思うのが親心です。
もちろん、既にChromebookがあれば良いですし、新たに購入しても良いです。Chromebookの人気は低価格から購入できる点だからです。

スポンサーリンク

Raspberry Pi 4でもなんちゃってChromebook

Raspberry Pi 4は高スペックになりましたので、デスクトップパソコンのように使うことも可能になってきました。

実はRaspberry PiにはChromebookに搭載されているChromeOSと同じようなChromiumOSがインストール可能です。

全く同じではありませんが、同じような操作感で慣れることができます。

Raspberry Pi にインストールできるのは、ChromiumOSというオープンソースソフトウェアです。Googleが2009年に初めてChromium OSのソースコードを公開した、ChromeOSのオープンソースソフトウェア版です。(※経緯は複雑で現在はFydeOSの発展系)

ダウンロード先はgithubで公開されています。3B/3B+/4B & Pi400に対応と謳っていますが、動作テストはRaspberry Pi 4B メモリー4GBモデルのみで行っていると記載されています。今回、私は8GBモデルで試しました。

インストール自体は、OSのイメージファイルをmicroSDカードに書き込めば完了します。その後の設定だけですから簡単です。

スポンサーリンク

ChromiumOS for RaspberryPiのダウンロード

イメージファイルをどこからダウンロードするのかは分かりにくいと思います。

ダウンロードは、githubにあるChromiumOSです。

キャプチャ画像のように、Releaseと書かれている箇所に移動すると、リリースされた日毎に並んでいます。

FydeOS/chromium_os-raspberry_pi

github-ChromiumOS
Releaseからダウンロード

ソースコードからダウンロードもできますが、イメージとしてReleaseされていれば、そちらの方が簡単です。

イメージはAssetsにある.xzファイル

記事執筆時点は、2020年12月30日にリリースされた「r86-r2」が最新でした。イメージはそれが最新で、OS自体は細かくアップデートはしています。

今回は「chromiumos_image_r86r2-rpi4b.img.xz」をダウンロードしました。

microSDカードへ書き込み

microSDカードへの書き込みは、汎用ツールのEtcher、もしくはRaspberry Pi Imagerなどで行います。

今回はRaspberry Pi Imagerで行いました。内容の消去(高速フォーマット)もできるようになったので、これ1つで十分実用的になりました。Raspberry Pi Imager自体は、公式サイトからダウンロード可能です。(→ Raspbianのなどの書き込み総合ソフト「Raspberry Pi Imager」がリリース

Raspberry Pi Imager メニュー画面
Raspberry Pi Imager

今回のように、一覧メニューにないOSのイメージは、Use customから指定して書き込めます。

既に利用していたmicroSDカードを消去するには、EraseでFAT32にフォーマットできます。

Raspberry Pi Imager書き込み画面
書き込み指定画面

イメージファイルを選んで、microSDカードの場所を選んで、書き込みボタンを押すだけの3ステップです。とても簡単ですね。

キャプチャ画像にあるように、.XZファイルはそのまま対応しています。圧縮を解凍する必要はありません。

起動して設定

無事に書き込めたら、Raspberry Pi 4に差し込んで起動させるだけです。

もしもエラーなどで書き込めない場合、原因はいくつかあると思いますが、別のmicroSDカードを使用した方が話は早いです。それほど高価ではないので、microSDカードは何枚か予備があると助かります。

起動させるとWelcome画面が出ます。

最初の画面で言語を選択できます。日本語を選べば、その後の設定画面も日本語に変わります。

ログインのメールアドレスを尋ねられたら、所持しているGmailアカウントを入れてください。(→ Chromebook を設定する(ヘルプ)

言語、ネットワーク(Wi-Fi、有線接続)を選び、gmailアカウントでログインすれば、アップデート後に設定が完了します。

どうやらChromeboxという扱いみたいです。Chromeboxというのは、ノートパソコン型ではない据え置きのChromeOS搭載マシンです。こういうもの↓

Acer ChromeBOX CXI3-F14N Chrome OS Celeron 3867U 4GB 32GBSSD 1年センドバック保証

Googleアカウントは2段階認証していましたが、問題なくログイン設定ができました。

ChromiumOS初回起動画面

立ち上がった後の画面が真っ白なウィンドウになっていた以外は、設定に関して全く気になりませんでした。

それから、言語で日本語を選んでもタイムゾーンは変わりません。タスクバー右をクリックした設定から変更します。

思ったよりも快適

いつもOSを試すのに、Youtubeの動画を再生させて、その挙動から判断しています。

再生はスムースです。ただ、全画面への切り替えがもたつきます。落ちることはありませんでした。

基本的にインターネットに接続して利用するOSなので、情報端末としては快適です。特にWebブラウジングはストレスありません。

ChromiumOSは32bitOSです。

追加でLinux(ベータ版)をインストールできます。

Linuxをセットアップ

これを追加インストールすれば、IDEなどが使えてAndroidアプリ開発にも使えます。

お試しにはちょうど良い

Chromebook、Chromeboxの購入前や、自宅で似たような環境を整えるのも、無償で利用できるChromiumOSがRaspberry Pi 4で動作するなら簡単でした。

microSDカード1枚の抜き差しで試せますから、一度体験してみてください。普段からGoogleのアプリを使っている人は、スンナリと利用できるでしょう。

当然ながら問題もある。

既知の問題として、今回の時点で以下の記載がありました。

既知の問題

  • ttyコンソールのサポートなし:シェルにアクセスする必要がある場合は、代わりにCroshシェルを使用してください(ctrl + alt + tを押してください)
  • Ctrl + Alt + F1 / F2 / F3を押さないでください。回復不能な状態になります。
  • OSスリープはサポートされていません。サポートされていない場合、回復不能な状態になります。 したがって、Keep Awake拡張機能をインストールし、常にサニーモードに設定する必要があります。
  • CJK IMEは、Chrome OSに付属しているものではなく、バニラChromiumOSに付属している基本的なブラウザ拡張機能です。 Google入力ツール拡張機能を使用することをお勧めします。
  • USBからの起動はまだサポートされていません-このイメージはmicroSDからのみ起動できます。
  • Linux(beta)を有効にするには、少なくとも2GBのRAMと16GBのmicroSD容量が必要です。
  • 4BGRAMを搭載したRaspberryPi4Bでのみテストされています。
  • Linux(beta)(virgl)のハードウェアアクセラレーショングラフィックスはまだサポートされていません。

ChromiumOSとRaspberry Pi 4では、通常はタッチパネル液晶でもないため、Chromebookの本来の使い方はできません。
それでもどんなものかを確かめ、不安無くいじり倒すことができます。エラーでおかしくなっても最後はmicroSDカードだけの問題です。

Chromebookは3万円〜5万円クラスが主力です。AmazonではChromebookストアがあります。私のおすすめはHP社製です。

Raspberry Pi 4をお持ちなら先ずはChromiumOSで体験してみてください。

ダウンロードhttps://github.com/FydeOS/chromium_os-raspberry_pi/releases

参考GIGAスクール構想について(文部科学省)

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

  1. jazzwalker より:

    >私のおすすめはHP社製です。

    Chromebookには以前から関心があります。
    HPを推す理由を教えて下さい。

    • ラズパイダ ラズパイダ より:

      あっ、お久しぶりです。

      詳しく載せないですみません。
      ここのところ、Chromebookも増えてきたので、事情が異なっていますけど、バランスが良い点です。
      価格、メモリ4GB以上、CPUが少し上位、(僅かに)筐体の堅牢性、カラーラインナップ、液晶の大きさ、等です。
      もちろん有名なメーカー製ということもあります。
      10万円する物もありますけど、5万円前後くらいで考えると、HP製はバランスが良いと思っています。
      (Appleファンとしては、10万出すならMacBookAirがいい)
      Chromebook 14aは売れたんじゃないでしょうか。

      クーポンがよくありまして、4万円以下で買えます。
      次点はAcerブランドが気になります。カラーがあまり選べませんね。
      個人的にはコンバーチブルは好きになれない・・・。主流みたいですけどね。

      別ページでChromebook情報を載せようかな?

    • ラズパイダ ラズパイダ より:

      Amazon.co.jp限定モデルはCPUが少し下がってしまいますけど、色が特殊なのが嫌で無ければ、3万台半ばで圧倒的にコスパはいいです。
      大人な場合は、ほんとうにちょっとしたネットの作業なら、Chromebookで事足ります。
      2021年はたくさんのChromebookが発売予定になっていますので少し楽しみですね。
      iPhoneのMacBookみたいに、Androidの人はChromebookは良い組み合わせに思います。

  2. jazzwalker より:

    ご回答ありがとうございました。

    ただ、CPUですが、セレロンでも大丈夫なんでしょうかね。

    • ラズパイダ ラズパイダ より:

      私も今買うなら、Pentium Silver N5030 4コアくらいの性能は欲しいですね。HP製なら、メモリー8GBのモデルでも4万円中盤です。画面が回転するのは好みではありませんが・・・。
      シングルコアなら単純に周波数だけの差でも、マルチコアの処理となると差が出ますね。
      遅くても安いか、多少高くてもそれなりか、ではないでしょうか。

      Chromebookなら、メインマシンにはできないので、4万円なら安いかなーと思っています。それ以上なら普通のノートパソコンの方が幸せになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました