Amazonタイムセール祭りは9/20から開催——クリックして特集記事へ

レトロゲームが好きならハマるツクールソフトがリリースされました!GB Studio

2箇所変えたサンプル画像 ニュースと話題
この記事は約3分で読めます。

これは教えたくないな〜というくらい素敵なアプリケーションがリリースされました。なんと、ゲームボーイで動作するゲームROMを比較的に簡単操作で作成可能なのです。ついでにWEB形式にも出力できます。だからネットで公開するのが容易です。

Raspberry Pi で動作するRetroPieなどのエミュレータで遊べるリアルなROMを作れるというのがウリです。さらに嬉しい事にマルチプラットフォームで動作し、利用は無料!

操作は直感的で分かり易いと思いました。英語もとても簡単です。(日本語未対応)

日本では昔からこういうツクール系のゲームソフトはありました。PC版でもありました。このGB Studioはゲームボーイで動作するまさにGBツクールです。

拡張子.GBで出力が可能なので、Retoropieなどのエミュレータで動作します。公式のドキュメントではOpenEMU or KiGBが動作すると記載されています。

GB Studioとは?

ゲームボーイ用のレトロアドベンチャーゲームを製作できるアプリケーションです。無料です。MacOSX、Linux、Windowsで利用できます。

詳細はGB Studioのサイトを参照してください。

GitHubのページはこちら

Debian系で動きますので、Raspberry Pi でも大丈夫です。今回は一先ずMacOS版で試してみました。

どうやらUntitled GB Gameというプロジェクトが先にあったみたいで、それらUntitled GB Gameを構築するために使用されたツールが全て含まれていると紹介されています。(WEB形式のゲームになっています)

詳細は公式サイトで詳しく読んでもらって、先ずは動画をご覧ください。

GB Studio

画面構成はシンプルです。シーンを選んで背景や音楽やイベントを割り当てるだけです。素材は事前に用意しおかないとなりません。スクリプトなどで動きをつけ、かなり自由度が高いのに、ちゃんとGBになっている点がスゴイですねー。

サンプルを試してみました。

サンプル画面

この左にある最初の画面、YourLOGOとTitleを変えてみましょう。

2箇所変えたサンプル画像

画像は急遽用意しました。ピクセル数が合っていないとエラーが出ます。調べていませんがサイズ制限があります。

これをRUN(右上の→)で実行してみると画面にエミュレータとして表示されます。

適当にフルカラーでサイズだけ合わせてみたのに、ほら、ちゃんとゲームボーイになっている!!スゲえ。

自動変換

キチンと合わせてあげればとっても綺麗に表示されると思います。

これ、作ったゲームをRetropieで動かしたい!基本としてアドベンチャーゲームしか出来ませんけど、逆にだから簡単に出来そうですね。最後までやるかどうかが問題です!

実際はこんな感じ?

ゲームボーイのイメージ画像

思ったのは、CMに使えそうですよ、これ!

操作してもらってテキストを読む。それが何かを知らせる物であれば楽しく紹介出来そうです。ちょっと簡単に出来過ぎてアイディアがたくさん沸きそう。

あー、教えたくないくらい素晴らしいアプリケーションですね!Raspberry Pi はもとより、M5Stackといい、このGB Studioといい、遊ぶ暇が足りないわ!

ニュースでした。

Twitter、フォーラム、メールで購読
それぞれ更新情報をお伝えしています。
皆様のフォローをお待ちしています!
\ FOLLOW ME /
/ 最新記事をお知らせしています! \
ニュースと話題
スポンサーリンク
フォローをお願いします——ラズパイダ
特集ラズパイ4
スポンサーリンク
こちらの記事もよく読まれています♪
ラズパイダ

コメント

最近のフォーラム投稿

Raspberry Piや記事に関することなどコメント欄の代わりにお使いください。