レトロゲームが好きならハマるツクールソフトがリリースされました!GB Studio

Retropie

これは教えたくないな〜というくらい素敵なアプリケーションがリリースされました。なんと、ゲームボーイで動作するゲームROMを比較的に簡単操作で作成可能なのです。ついでにWEB形式にも出力できます。だからネットで公開するのが容易です。

Raspberry Pi で動作するRetroPieなどのエミュレータで遊べるリアルなROMを作れるというのがウリです。さらに嬉しい事にマルチプラットフォームで動作し、利用は無料!

操作は直感的で分かり易いと思いました。英語もとても簡単です。(日本語未対応)

日本では昔からこういうツクール系のゲームソフトはありました。PC版でもありました。このGB Studioはゲームボーイで動作するまさにGBツクールです。

拡張子.GBで出力が可能なので、Retoropieなどのエミュレータで動作します。公式のドキュメントではOpenEMU or KiGBが動作すると記載されています。

GB Studioとは?

ゲームボーイ用のレトロアドベンチャーゲームを製作できるアプリケーションです。無料です。MacOSX、Linux、Windowsで利用できます。

詳細はGB Studioのサイトを参照してください。

GitHubのページはこちら

Debian系で動きますので、Raspberry Pi でも大丈夫です。今回は一先ずMacOS版で試してみました。

どうやらUntitled GB Gameというプロジェクトが先にあったみたいで、それらUntitled GB Gameを構築するために使用されたツールが全て含まれていると紹介されています。(WEB形式のゲームになっています)

詳細は公式サイトで詳しく読んでもらって、先ずは動画をご覧ください。

画面構成はシンプルです。シーンを選んで背景や音楽やイベントを割り当てるだけです。素材は事前に用意しおかないとなりません。スクリプトなどで動きをつけ、かなり自由度が高いのに、ちゃんとGBになっている点がスゴイですねー。

サンプルを試してみました。

サンプル画面

この左にある最初の画面、YourLOGOとTitleを変えてみましょう。

2箇所変えたサンプル画像

画像は急遽用意しました。ピクセル数が合っていないとエラーが出ます。調べていませんがサイズ制限があります。

これをRUN(右上の→)で実行してみると画面にエミュレータとして表示されます。

適当にフルカラーでサイズだけ合わせてみたのに、ほら、ちゃんとゲームボーイになっている!!スゲえ。

自動変換

キチンと合わせてあげればとっても綺麗に表示されると思います。

これ、作ったゲームをRetropieで動かしたい!基本としてアドベンチャーゲームしか出来ませんけど、逆にだから簡単に出来そうですね。最後までやるかどうかが問題です!

実際はこんな感じ?

ゲームボーイのイメージ画像

思ったのは、CMに使えそうですよ、これ!

操作してもらってテキストを読む。それが何かを知らせる物であれば楽しく紹介出来そうです。ちょっと簡単に出来過ぎてアイディアがたくさん沸きそう。

あー、教えたくないくらい素晴らしいアプリケーションですね!Raspberry Pi はもとより、M5Stackといい、このGB Studioといい、遊ぶ暇が足りないわ!

ニュースでした。

とうとう今ではこんなのも!
【セット概要】RETROFLAG (レトロフラッグ) GPi Case, Raspberry Pi Zero Wをセットにしています。別売りのRetroPie SDカードなどで昔懐かしいゲームを楽しめます。
ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  2. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  3. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  4. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  5. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  6. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP