Raspberry Pi ImagerからインストールできるFullPageOS

Raspberry Pi Imagerは、公式からリリースされているOSを書き込めるソフトウェアです。動作するイメージファイルを個別にダウンロードしても書き込めるため、汎用的にイメージファイルを書き込むツールとしても利用できます。

Raspberry Piで動作するOSの一部は、最初からメニューに登録されているため、公式のOSであるRaspberry Pi OSはもちろんのこと、わざわざ個別にダウンロードしないで済むのも便利です。

記事執筆時点(2022/2/4)では、ジャンル別に10種類ものOSを簡単に書き込むことが可能です。これはバージョンアップの度に増えている状態です。

この記事のRaspberry Pi Imagerはバージョンアップしたばかりでv1.7.1です。

その中で、簡易的なデジタルサイネージにも使えるようなFullPageOSをご紹介します。

目次

基本はRaspberry Pi OS

バージョン1.7,1のメニュー画面

Raspberry Pi Imagerは、Windows/macOS/Linux の環境で使用できます。もちろんRaspberry Pi OSにもインストール可能です。

恐らくWindows環境で使用する人が多いでしょう。

メニューの構成はjsonファイルで更新され、イメージファイルを選択するとOSのイメージファイルをダウンロードした後、指定したmicroSDカードへ書き込んでくれます。

番号を振ってみました。7〜9はツールとなりOSではありません。

1〜6がOSになります。ただ、すべてが無償ではなく、一部は試用版も入っています。ほとんどは無償で公開されていオープンソースのプロジェクトですからご安心ください。

それぞれ更に子メニューに分かれて、複数のOSがジャンルで表示されています。

メインメニューの一番上には、32bit版Raspberry Pi OSがありすぐに選べます。

Raspberry Pi OSの子メニューにはそれぞれ6つが選べます。

すべてRaspberry Pi OSですが、対応するモデルか、利用する種類を選んで書き込みます。

  1. Raspberry Pi OS Lite(32bit)
  2. Raspberry Pi OS Full(32bit)
  3. Raspberry Pi OS(64bit)
  4. Raspberry Pi OS Lite(64bit)
  5. Raspberry Pi OS(Legacy)
  6. Raspberry Pi OS Lite(Legacy)

Liteと記載されているのは、デスクトップ環境がないバージョンです。モニターを繋がない場合というだけではなく、ソフトウェアや各種ライブラリも入っていません。デスクトップ環境に必要なソフトウェアもありません。

その分、自分で必要なソフトウェアやライブリ、モジュールなどをインストールすることでシンプルに利用できます。サイズも小さくなっています。

32bitに続き、64bit版が公開されました。

また、Fullと記されているのは、初めから多くのソフトウェアとライブラリなどがインストールされているため、サイズも大きく書き込むにも時間はかかります。

よく分からない場合、手間が無いFull版をオススメします。

Legacyと書かれているのは、最新のBullseyeではなく1つ前のBusterです。今後、直前のOSバージョンがLegacyという扱いになります。

最新のOSバージョンでどうしても対応していないソフトウェアを使うには、Legacyを選ぶことで解決するでしょう。古いモデルで使う場合もLegacyを選択します。

Raspberry Pi 4や、Raspberry Pi Zero2 Wであれば、ハードのスペックとしても問題なく最新のOSで大丈夫です。

FullPageOS

たくさんあるOSの中から、先程の画像でいえば、5番目のOther specific-purpose OSにあるFullPageOSが新しくラインナップされているので試してみました。

FullPageOS

OctoPiからフォークして開発され、起動時にフルページブラウザを表示してくれるOSです。
いわゆるキオスクモードで起動できます。

FullPageOSは、キオスクモードといって、不特定多数が触る端末として使えます。

単純にChromiumブラウザを全画面で表示しながら使えるため、簡易的なデジタルサイネージとして活用もできそうです。

アイコンもChromiumの中にラズベリーが足された絵柄です。(トウモロコシみたいだけど)

Stable(安定版)で良いでしょう。Nightlyは開発版の意味です。

Raspberry Pi 4の4GBモデルから利用可能です。(古いモデルはサポートしていません)

起動する前に

電源を入れる前に、Wi-Fiの設定を済ませておきます。

FullPageOSは、いきなり全画面でWebブラウザが立ち上がっている状態のため、マウスで設定ができません。Wi-Fiに接続する設定を済ませ、あとは他のPCからSSH接続なりで作業します。

書き込んだmicroSDカードのルート直下にfullpageos-wpa-supplicant.txtというファイルがあります。ここにWi-Fiの設定を記述して接続します。

## WPA/WPA2 secured
#network={
#  ssid="put SSID here"
#  psk="put password here"
#}

環境によっては他の要素も追記しないとなりません。

ウチの環境はkey_mgmt=WPA-PSKなので追記しました。

## WPA/WPA2 secured
network={
  ssid="put SSID here"
  psk="put password here"
  key_mgmt=WPA-PSK
}

ファイル名こと異なりますが、Raspberry Pi OSも同様の形式でWi-Fiを設定できます。これまでに経験した方なら同じだと気が付きます。

もう1箇所が必要です。

Wi-Fiの国指定をしないとWi-Fiが有効になりません。

# Uncomment the country your Pi is in to activate Wifi in RaspberryPi 3 B+ and above
# For full list see: https://en.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1_alpha-2
country=GB # United Kingdom
#country=CA # Canada
#country=DE # Germany
#country=FR # France
#country=US # United States

デフォルトではイギリスが有効になっています。

これをコメントアウトしてJPを追加しましょう。書き換えても良いです。GBをコメントアウトして、先程のnetworkの箇所に追記しても良いです。

# Uncomment the country your Pi is in to activate Wifi in RaspberryPi 3 B+ and above
# For full list see: https://en.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1_alpha-2
country=JP # Japan
#country=GB # United Kingdom
#country=CA # Canada
#country=DE # Germany
#country=FR # France
#country=US # United States

SSHで接続して設定ファイルを変更する

イメージを書き込んだ時点で、空のSSHファイルが存在しています。そのため、初回起動からSSH接続は有効になります。

ssh pi@fullpageos.local

パスワードはraspberryです。パスワードの変更はpasswdコマンドか、sudo raspi-configから選んで変更しましょう。

表示させるWebページの設定

ついでに表示させたいURLも設定しておきましょう。

少し分かりにくいのですが、似たような名前のテキストファイルがあります。

  • fullpageos.txt
  • fullpagedashboard.txt

Wi-Fiの設定と同じmicroSDカード直下(/boot)にあるファイルです。

sudo nano /boot/fullpageos.txt
sudo nano /boot/fullpagedashboard.txt
Rグリーン

分かりにくい

fullpageos.txtの中身は、デフォルトがhttp://localhost/fullpagedashboardとなっている。

fullpagedashboard.txtの中身は、デフォルトでhttp://localhost/welcomeとなっている。

公式であるgithubのwikiから辿って説明をみても間違っているのか変更されたのか、1サイトは表示できたけど、複数URLのやり方がイマイチ分かりませんでした。

先ず、fullpageos.txtにURLを記述します。元の記述と置き換える。

https://raspida.com

fullpagedashborad.txtのデフォルトで書かれているhttp://localhost/welcomeを削除して、以下と置き換える。

http://localhost/fullpagedashboard

http:またはhttps:から記述するだけです。

有効にするためには一度再起動する必要があります。(sshでsudo reboot)

しかも、最初にWebサイトが出るまで結構時間が掛かります。カーソルだけの真っ黒い画面から30秒くらいかかるかな。

このようにテキストファイルだけで設定ができます。

  • fullpageos.txt
  • fullpagedashborad.txt

複数URLの設定がよく分かりませんでした。

デフォルトの記述が異なっていたので、説明のWikiが古い??

エラーで真っ黒

記事執筆時点で画面がブランクになるエラーがありました。マウスカーソルは出るけど、画面は真っ黒!?

Chromiumが立ち上がっていない感じがします。調べてもコレというのは分かりませんでした。

他にもlightdmもエラーみたいだけど、コレジャナイ。

GDBus.Error:org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.Accounts was not provided by any .service files

多分、設定するファイルであるfullpageos.txtとfullpagedashboard.txtの記述が間違っている可能性が高いと思われます。

キーボードのファンクションキーには気をつけて

マウスは接続して通常のWebブラウジングが可能です。

ただ、キーボードは気をつけた方がいいです。ファンクションキーの割り当てがよく分かりません。多分、Chromiumのキーと同じだと思われます。

元に戻れないことになります。

このキーコンフィグがどこか分かりませんでした。

今後に期待

現在のStable版だと、URLで設定したWebページの表示はiFrame内で30秒ごとに決まっています。これがNightlyビルド版だと、フルで表示できてURLの表示スケジュールも可能とあります。

  • 事前定義されたスケジュールに従って複数のURLを順番に表示します。
  • iFramesなしのフルスクリーンで表示できる。
  • 自動更新が可能になる。

更に、今後の開発予定として、Cloudアプリから制御させたり、デバイスをグルーピングして設定できるように開発しているとありました。

そうなると、複数台のRaspberry Pi を一気に変更できますし、違う場所にいても管理できて実用的です。

現在も似たような仕組みでScreenlyがあります。複数であったり遠隔での制御は無償ではなくなってしまいます。ちょっと試したいとき、今後はこのFullPageOSも候補に入れられます。(いずれは有償サポートになるかも知れませんが)

設定などはまだローテクな印象です。

それにSSH接続かVNC経由でしかシステム周りは操作できません。電源を落とすのもコマンドしかない。

その分、デフォルトのRaspberry Piとあまり変わりませんから、Raspberry Pi OSに慣れていれば簡単です。

バグが多いのが玉にキズ。

2月にもアップデートしたばかりということもあり、少し様子を見ながら試してください。

参考:

目次
トップへ
目次
閉じる