スタイル抜群のFLIRC Raspberry Pi Zeroケースに入れて気軽にラズパイを持ち歩きたい

レビュー

FLIRCはデザインに優れている製品をリリースしていて、アルミ製とプラスティック、シルバーと黒というデザインで、Raspberry Pi界隈でも人気があります。ちなみに「フラーク」と読みます。

今回、Raspberry Pi Zero用のケースを購入したので、写真多めでレビューします。

ヒートシンクケースでもある

このFLIRCのケースは金属部分がアルミになっています。付属している部品からも分かるように、ヒートシンクも兼ねています。ほら、サーマルシートが付いています。

サーマルシート、天板パネル2枚、ストラップが付いたセット

Raspberry Pi Zero系はラズパイ4ほどは発熱しませんが、それなりに熱を帯びます。ファンを付けるのは野暮ったいです。Raspberry Pi Zero系こそヒートシンクを兼ねて放熱してくれると有り難いです。

黒い部分はプラスティックです。天板はGPIOの切り口として使えるので、用途に合わせて入れ替えます。

これは3B系やラズパイ4用のケースではGPIOの切り口さえアルミに空いていませんでしたから嬉しい配慮です。Raspberry Pi Zero系こそGPIOを使う機会が多いからでしょうか。

四角い突起からも分かるように、CPUコアの場所になっています。サーマルシートを取り付けて熱をケース全体に逃がします。

CPUとの接地させて冷やす

ストラップが最初から付属していて、持ち運ぶことを前提になっていますね。小さいケースなので、ポケットに忍ばせてサッと取り出して・・・。

デザインがイイ

とにかくシンプルです。色味と金属の質感も合わせて、とにかくデザインがイイと思いませんか?

シックなシルバーアルミとブラックの組み合わせ

付属のストラップも、ザ・携帯のストラップなのに、味気ないどころか製品に合っています。もちろん、お好みで好きなストラップへ変更してください。私はこのままの方が好みです。

FLIRCというロゴとキャラクター?が良い味しています。

flirc ロゴ

アルミのボディに彫り込まれているのもステキです。

ちなみにこちらがmicroSDカード側なので、取り付けたらmicroSDカードにはアクセスできません。入れ替えることを前提には使うわけにはいきません。

flirc カメラケーブル用スリット

反対側はスリットが入っています。これはカメラモジュールのフラットケーブル用ですね。

画像は、GPIO端子を使う場合に取り替えるプレートを装着しています。

GPIOも使える

ちょっと無骨な感じ、Macbookみたいですね。

フィットした小さいケース

大きさは正にフリスクケースです。

以前に作ったRaspberry Pi Zeroのフリスクケースと同じような大きさです。厚さも同じくらいですね。

フリスクとフラーク

黒いプラスティック部分にフリスクのシールを貼りたくなります!

公式の赤白ケースと比べてみると、だいぶ長さが短いですね。
カメラを格納できる公式ケースも小さくて好きですが、丸みを帯びているため、pHATがなかなか取り付けできません。

フラークと公式赤白ケース

FLIRCも同様にpHAT系は厚みの問題で取り付けが困難にはなります。

PimoroniのPirate Audioも3.5mmジャックが出っ張っているためGPIOに差し込めません。

Pirate Audioなどは取り付けできない

同じpHATでもシンプルなLEDのBLINKT!はどのケースでも取り付けられるから好きなpHATの一つです。

BLINKT!とFlircケース

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

Kodiのデザインが有名

LibreelecなどメディアプレーヤーOSはKodiが使われています。そのKodiエディションは見かけたことがあるのではないでしょうか。

購入はAmazonまたはUKのショップ

Amazonでも一部の販売店が販売しています。公式のから販売されているのは、記事執筆時点でFLIRC ユニバーサルリモートコントロールレシーバーだけです。

メディアセンター系で様々なリモコンを操作用に設定することが出来るUSBレシーバーが話題になりました。こちらもシルバーと黒、アルミで構成されていてデザイン性も優れています。

日本のAmazonで、海外からの送料を考慮してもお手頃だと思えば、購入するのも良いでしょう。もしくは、海外から取り寄せることになります。

日本への発送はUKにあるショップの一部で販売されています。送料がかかりますから悩ましいところです。

£17前後が販売価格です。日本円でおよそ2,327円です。
もちろん送料を加味すれば、+1,000円はみておかないとなりません。

問題はこれを持ち歩いて何に使うか、かも知れません。
小さい物好きにはオススメのFLIRC「Raspberry Pi Zero用ケース」でした。

Flirc Raspberry Pi Zero ケース

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  2. OMV5のアップデートエラー回避

  3. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  4. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  5. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  2. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  3. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  4. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  5. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  6. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  9. 9

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP