フォーマット形式「exFAT」がLinuxカーネルで正式にサポート

ニュース

MicrosoftのエンジニアでLinux Foundationの役員でもあるJOHN GOSSMANが、Microsoftの公式ブログ「Open Source Blog」で、次のようにexFATについてLinuxにも言及しました。

exFATのMicrosoftの技術仕様を公開し、適合した相互運用可能な実装の開発を促進します。また、Open Inventor NetworkのLinux System Definitionの将来の改訂版でexFATをサポートするLinuxカーネルを最終的に含めることもサポートします。

https://cloudblogs.microsoft.com/opensource/2019/08/28/exfat-linux-kernel/

ラズパイダでもRaspberry Pi で使うmicroSDカードの記事の中で、FAT32形式のmicroSDの説明をしています。32GBがFAT32の上限で、それ以上の場合はexFAT形式のフォーマットになります。

しかし、Raspberry Pi ではハードレベルでexFATのブートローダーに対応していません。この辺はなぜRaspberry Pi では32GBまでのmicroSDカードと言われるのかをお読みください。

今後のLinux

MacでもexFATが普通に使えます。microSDカードも公式フォーマッターも、exFATありきになっています。Linuxの場合はOSのコアであるカーネルのレベルでは対応していません。

当然ながらLinuxのカーネルで正式にexFATがサポートされれば、近いうち、Raspberry Pi も他のOS同様に、フォーマット形式をあまり気にせずに利用できそうです。

正式に仕様が公開されて開発されますので、そんなに未来の話ではないと思っています。

ファイルシステムについてはMicrosoft公式がとっても詳しいです。おすすめです。(まぁ当たり前か)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/win32/fileio/exfat-specification

MicrosoftとOSS

最近はLinuxなどOSSに関わるMicrosoftの記事をよく目にします。WSL(Windows Subsystem for Linux)が提唱されてからでしょう。

既にUbuntuを初め、Kali Linux、openSUSE、DebianなどがWindows10で動いています。

https://devblogs.microsoft.com/commandline/debian-gnulinux-for-wsl-now-available-in-the-windows-store/

Windows10の上でDebianが、なんちゃってではなくネイティブ環境として動くし、それをWindows10ストアからDebianイメージをダウンロードするなど、まさにシームレス!

とっても良いことだと個人的に思ってます。

そういえばWindows Terminalはどうなったのでしょう。まだプレビュー版のようです。こちらはMITライセンスでGitHubに公開されて気になっていました。

https://github.com/microsoft/terminal

オープンソースのソフトウェアは、多くのOSで同じようにインストールし利用でき、OSを替える毎に全く異なるソフトウェアを使う必要が無く便利で快適です。

オープンソースで開発されれば、Raspberry Pi も恩恵があるでしょう。楽しみです。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  4. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  5. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  6. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP