7/2 プレゼント応募方法の詳細リンク先が間違っていました。一度お読みの皆さん、申し訳ありませんでした。

ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

endless-os383-titleOS
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

以前にもご紹介した「Endless OS」がアルファ版から正式版になっていたようなので、改めてRaspberry Pi にインストールしてみました。

Endless OSはラズパイ用というわけではありません。動作する要件は次の通りです。

  • CPU:64-bit Intel またはAMD、VIAの互換プロセッサーを搭載したPC
  • 必要メモリー:2GB以上を推奨(ラズパイは2GB、4GBモデル)
  • 必要な空きスペース:フルバージョン用に少なくとも32GBの容量が必要
  • GPU:Intel統合グラフィックスに対応。AMDグラフィックスはOSSドライバー対応。Nvidia GPUの場合、独自のNvidiaドライバーが自動的にインストールされます。(但し、Nvidia Optimus Dual-GPUは動作しない)

サポートしていないデバイス

スマートカードとスマートカードリーダー
指紋スキャナー
内蔵ダイヤルアップモデム
拡張ポート:シリアル/パラレルポートデバイス
Asusテンキー
Asusスクリーンパッド

https://support.endlessm.com/hc/en-us/articles/210526863-Will-Endless-OS-work-with-my-computer-

今回の環境

今回は「arm64-rpi4.200609-195239.base.img.xz」でver.3.8.3をインストールしました。(前回はアルファ版で2020/1/23、ver3.7でした)

ダウンロードサイズは2.47GB、書き込みサイズは9.2GBでした。

Raspberry Pi 4のメモリー4GBモデルでどこまで快適に使えるかも検証してみました。

なお、8GBモデルは起動できませんでした。

2GB RAMまたは4GB RAMを備えたRaspberry Pi 4モデルBが必要です。

https://support.endlessm.com/hc/en-us/articles/360039665771-How-to-install-Endless-OS-on-RPI-

これまでの記事

ラズパイ4で動かしたEndless OS beta1の動作画面
ベータ版なので通常通りに動作しない中、それなりにアプリケーションも動いたのでご紹介します。どんな画面か気になっ...
Endless OSのラズパイ4用プレビューバージョン(beta1)がリリース
前回ご紹介したEndless OSが予定通りあれから2週間くらい経ち、ラズパイ用のプレビュー版が公開されています。...
期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定
Raspberry Piを使うにあたり、教育用途はすぐに浮かびます。多くは電子工作に用いたり、プログラミングやコンピュ...

起動と速度

OSの初期起動は設定のウィザードが出てますので、時間はかかります。速いかと言われればそうでもなく、遅いとも言えません。許容範囲です。

アプリケーションの起動もまた許容範囲です。サクサクとはいきませんが、一旦立ち上がれば遅いとは感じませんし、むしろ快適です。

日本語の変換もスムーズで、気になるレベルではありません。

使い勝手と安定感

見た目通り、タブレット端末のようにタッチディスプレイで使うことを前提にもしているため違和感はあります。デスクトップ画面全体がランチャーだと思えば、デスクトップ利用でも違和感は無くなります。

クラッシュするようなケースはほぼありませんでしたので、現在のバージョンでも安定感はあります。同じラズパイにインストールしたUbuntuMATEと比較すると、ややモッサリした感がありました。

インターフェイスは慣れが必要です。タブレットを普段から使っている人には違和感は薄いでしょう。

タッチディスプレイを繋いだラズパイでも試してみたくなります。

単にデスクトップPCとして使うにも、アプリケーションのインストールが簡単なので初心者にはオススメの操作感です。

Chrome拡張機能が最初からいくつか入っていました。開くと「Exploration center」なる拡張機能でスタートページが表示されました。

アプリケーションも安定動作

最初からプリインストールされているLibreOfficeをはじめ、基本的なアプリケーションが選ばれています。

Linuxに馴染みの無い方にはどのようなアプリケーションか名前だけでは検討が尽きません。

その点は配慮されていて、Photoとアプリケーションを立ち上げると、中身はShotwellのように、一部は実際のアプリケーション名ではない表現になっています。

写真管理ができるShotwell

ShotwellはgnomeやUbuntuでは有名なアプリケーションです。

設定は右下のユーザーアイコンから辿ります。
設定から各アプリケーションの通知設定なども行えます。分かりにくいかも知れませんが、操作系のユーザーインターフェイスは上手くまとまっていると思いました。

日本語の設定も選ぶだけ

マルチランゲージのイメージをダウンロードしたので、日本語にも対応しています。

表示は元より、入力も全く問題無く行えました。一部が英語のままということもほとんど見受けられません。これは有り難いですね。

文字の表示も少し太字で読みやすいと思いました。

一点だけ注意が必要で、選ぶ言語はもちろん日本語でも、いくつか種類があります。

インプットメソッドAnthyとある日本語を選びましょう。

全ては試していませんが、少なくても通常の日本語キーボードであれば、インプットメソッド付きで選ぶ必要がありました。

ただの日本語と表記されているのを選んでも、キー配列は同じでも日本語入力にできませんでした。

慣れている人は、端末のコマンドでMozcなどをインストールと設定をしてみても良いでしょう。この辺はUbuntuやRaspbianと変わりません。

MSのOfficeと互換性のあるLibreOfficeが入っています。日本語表記も問題ありませんでした。ちなみに上の画像はテキストエディタです。

不具合

使用してみた中で不具合と思われる事柄がいくつかありましたので記しておきます。

シャットダウンで固まるかも?

シャットダウンが行えないことがありました。省電力設定が関係しているか判断つきませんが、画面復帰後にメニューから電源を切るでシャットダウンしても画面はそのままフリーズしました。

この時、終了のシーケンスが動いているのかどうかも分かりませんでした。

CPU使用率が高い

何もしていないアイドル時にCPUの使用率が高いので、多少のモッサリ感が残ります。
原因の1つは、自動アップデートがデフォルトではONになっているためです。

一度、自動アップデートを止めたら、70〜80%の使用率が30〜40%に落ちました。それでも高い数値なので、アレコレと動いているように見受けられます。

リソースで確認してみると、それ程多くはありませんでしたが、グラフではしっかりと使用している表示になっています。

メモリーは4GBなら余裕

メモリーも常時1.1GB〜1.3GBを利用している感じです。スワップはありませんでした。

この辺も詳しくは分かりませんが、リッチなデスクトップ画面の分、メモリー消費はUbuntuMATEやLubuntuと比べても多そうですね。

それでもRaspberry Pi 4の4GBモデルなら、メモリーの空きが3GBもあるので、通常の使用では問題ありません。

まとめ

microSDカードへ書き込めばスグに使える点で、UbuntuMATEよりも手軽です。コマンドは一つも必要なく起動します。

日本語環境もむしろRaspberry Pi OSよりも対応しているのは、同じDebianの派生なのでRaspberry Pi OSももっと対応して欲しいと改めて感じました。

今回のバージョンでは実用レベルになっています。

Raspberry Pi 4をデスクトップライクに使うOSとして、Ubuntuよりもお手軽な分、充分に候補として有り得ると思いました。

毎月のようにアップデートしているので、しばらく追っかけてみたいと思えるEndless OSでした。

Downloadhttps://endlessos.com/download/

タイトルとURLをコピーしました