フォーラムの会員登録はメールを受信してパスワード設定です。

Endless OSのラズパイ4用プレビューバージョン(beta1)がリリース

endlessos-beta1-800x600ラズパイのOS

前回ご紹介したEndless OSが予定通りあれから2週間くらい経ち、ラズパイ用のプレビュー版が公開されています。

記事によると、数ヶ月かけて現状の不具合を解消していく予定とのことです。

スポンサーリンク

Raspberry Pi 4Bの4GBが必須

EndlessOSをRaspberry Piで動かすには、それなりのスペックが必要です。Raspberry Pi の中でも最も高性能なのは言うまでも無くラズパイ4のメモリー4GBモデルです。

Raspberry Pi用EndlessOSに必要な物

  • Raspberry Pi 4Bの4GB推奨(2GBでも一応は動くらしい)
  • microSDカード32GB

アプリがほとんど入っていない、OSとして基本しかないベースイメージである最小版でもイメージのファイルサイズが2.27GBもあります。

アプリが入っている通常版?イメージのファイルサイズは13.31GBと巨大です。ダウンロードはできますがあまり現実的なダウンロード速度とサイズではありませんね。

今回は素直に最小版の2.27GBをダウンロードしました。torrentではないのでかなり時間がかかりました。

試したのは「eos-eos3.7-arm64-rpi4.200123-230322.base.img.xz」

※当然ながら、利用可能なすべてのアプリがラズパイ4でテストされているわけではありません。

プレビュー版における既知の問題点

ディスプレイドライバーはありません。シンプルなフレームバッファが使用されます。つまり、ディスプレイのホットプラグ、解像度の変更、ディスプレイの回転などを含む一般的なディスプレイ機能は利用できません。

デバイスの電源を入れる前にHDMIディスプレイを接続してください。

ハードウェアアクセラレーションによる3Dグラフィックスがないため、グラフィックユーザーエクスペリエンスが完全にスムーズではなく、グラフィックスを多用するアプリのパフォーマンスが低下する可能性があります。

ハードウェアアクセラレーションによるビデオデコードはありません。ビデオがスムーズに再生されない場合があります。

HDMIオーディオはポート0(ポート1ではない)でのみ機能し、アナログオーディオはまだサポートされていません。

5GHz WiFi周波数帯域は使用できません(ただし2.4GHzは動作しています)

一先ず、お知らせでした。

ダウンロード先が記されている公式のアナウンス記事:https://community.endlessos.com/t/raspberry-pi-4-preview-release-endless-os-3-7-7-beta1/11462

公式:https://endlessos.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました