Raspberry Piで完全に合法のゲームROMをダウンロードして遊ぶ

Retropie

世界で盛んに動画が公開されているRaspberry Pi と家庭用ゲーム機のエミュレータですが、以前にも記事にしたように日本では既に著作物のダウンロードは違法です。

また、所持やゲームの吸い出しについては親告罪なものの一定の条件で著作権に触れます。

11機種9000タイトル以上のレトロゲームに対応した互換機 (ゲームボーイ、メガドライブ、PCエンジン、スーパーファミコン等)

エミュレータ自体の技術は合法でもそれ以外は違法

刑事罰の罰則があったりなかったり、また民法上は著作者が訴えれば違法です。そのため、ゲームソフトを所持しているからといって、それを複製し、個人の範囲でも使用していると厳密にはアウトです。

簡単に言うと親告罪ですから、訴えられなければ分からないのですけど、ダウンロードしたり、誰かに話をしたり、動画をYouTubeで公開したりと証拠が残れば、インターネットの世界では行動記録が残ります。そのまま個人が特定できるわけではありませんが、いつ誰が見ているか分からないと言えばその通りです。

これは国によっても法律が違いますので、海外では堂々とエミュレータのネタを公開していたりしています。また怖い物知らずの人が多いというのも海外の特徴だったり、ある思想の元、そんなの関係ないとばかりに堂々としているため、日本でも間違った解釈がされていると思っています。

信号無視と同じ

このエミュレータやゲームROMの問題は、ちょうど赤信号を渡ることと同じだと考えています。そもそも赤信号は止まれです。黄色信号も実際は止まれです。青は進めではなく、進んでも良いです。

だから、夜中など車が全然居ない道路で、歩行者や自動車がが赤信号を堂々と無視した場合、目撃者もカメラも無ければ、ハッキリ言って分かりませんよね。しかし、誰かが見ていたら? カメラがあったら? 警察官が見ていたら? これは捕まります。

では、仮にその夜中に集団で赤信号を無視した場合、全員が捕まるかというと、逃げ切る奴も出てくるわけです。個人を特定できない限りは追いかけられません。しかし、捕まった仲間が喋ったら・・・。

悪い事=法を犯していないなら、何ら関係ありませんから、グレーだなと思ったら君子危うきに近寄らずの精神でやらないことが賢いと思います。

※レトロフリーク (レトロゲーム互換機)が販売されている事実はどう解釈すれば良いのでしょうか?

合法的なゲームROM

ゲームの著作者が権利を手放した(許可した)ゲームソフトはコピーして配布しても合法です。そういうゲームROMも存在します。

一つはPD ROMと呼ばれるものです。PDはパブリックドメインの意味です。有名なサイトがPDroms。

pdroms

PD ROMS
PD ROMS

海外の作者ばかりなので、英語に免役が無い人は避けると思いますけどw、結構、面白いのがありますよ。また、シューティングゲームであれば言葉の問題はありませんね。

Sydney Hunter And The Caverns Of Death (WIP) (SNES Game)
これはアクションアドベンチャーですけど、簡単な英語ですし、グラフィックも良いですね!

Sydney_Hunter_and_the_Caverns_of_Death__WIP___SNES_Game__›_Super_Nintendo_Entertainment_System_›_PDRoms_-_Homebrew_4_you

pdromsで探してみてください。

業務用ゲームが無料でダウンロード出来て遊べちゃう

Raspberry Pi 公式ページでも紹介がありました。MAME®というアーケードゲームエミュレータがあるのですけど、それで遊べるゲームソフトが一部無料で公開されています!

古いゲームにはなりますが、寛大なオリジナルクリエイターがおかげで、いくつかのゲームが無料で非商用の目的でリリースされました。

ダウンロード用に用意されているからといって、自分のサイトに置くことはできません。

mamedev.org

例えば、Top Gunner / Vertigo (Exidy, 1986)当時の筐体はこんなだったそうです。

Top Gunner / Vertigo (Exidy, 1986)

ゲーム画面はこんな。

ゲーム画面

フリーダウンロードには現在は20本の古いアーケードゲームのROMがあります。

まぁ、つまらないというのは置いておいてもw、これをRaspberry Pi で動かすというのは乙ではないでしょうか?

ゲームにまだ馴染みの無い小さなお子さんには単純で最適かも知れませんね。

著作権フリーの遊べるゲームROM

市販品と変わらない完成度です。ファミコン形式のROM(.nes)です。
ブレイドバスターはPD-ROM(パブリックドメイン)でほぼ合法的にダウンロードして遊べます。

bladebuster

人気記事:日本語のPD-Rom「Blade Buster(ブレイドバスター)」をRetropieで遊ぶ

Raspberry Pi Zero WとRetropieを使って省スペースコントローラー内ゲーム機を作りました!

吸い出し機の役目もあるレトロフリーク

Amazonでベストセラーとなっているレトロフリークはロムカセットから読み込ませて本体に暗号化して取り込めます。いわゆる吸い出し機と同じ仕組みです。暗号化されていることで、もしかしてセーフなのかなと思います。

お値段としては実機よりもだいぶ高価で、ロムカセットも手に入れることを考えると中古の本体の方がマシな気はします。

ただ、レトロフリークは11機種のハード(SFC、メガドライブ等)に対応しているため1台で済み、あとはロムカセットを購入するだけとお手軽です。

販売禁止になっていないことから、任天堂などは訴えていないようですね。

RetroPieよりもお手軽だと思います。どうしてもレトロゲームをプレイしたいのなら今のうちに選択肢としてレトロフリークも検討してはいかがでしょうか。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. キーワード”ラズパイダ”をGoogleで検索しないでねって話

  2. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  3. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  4. OMV5のアップデートエラー回避

  5. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  2. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  3. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  5. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  6. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP