作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

Raspberry Pi 3Bに格安3.5インチLCDをセットアップ [ Elecrow 3.5inch TFT LCD ]

Raspberry Pi 3B 設定(setting)
スポンサーリンク

今回、Raspberry Pi にLCDにElecrowの3.5インチTFTを使用できるようにセットアップします。初心者にはちょっと分かりづらいので、ご参考にしてください。

準備

用意するモノ

 

今回用意するモノ

今回はディスプレイは要りません。SSHで操作します。このGPIOに接続するLCDは外部へ出力するHDMIとは排他利用となり、どちらかしか表示できません。(テストした時におかしかったので)

 

SDカードのフォーマットと書き込み

初めての方は以下の手順です。
Raspberry Pi で使うSDカードのフォーマット方法とOSの書き込み方法

また今回のOSは最新版のRaspbianではなく、2017-04-10-raspbian-jessie.imgを利用します。これは公式サイトにあるドライバが、この4/10版のjessieで動作確認しており、そのドライバの更新版が見つからなかったので、不具合を避けるためにそれに従いました。(GitHub – Elecrow-keen/Elecrow-LCD35)

Raspbianの古いバージョンは以下のURLからダウンロードできます。
通常のダウンロードページから辿れないので記載しておきます。

過去のバージョンはこちらから

 

これをEcher(記事執筆時点ではv1.20です)

初めての方は以下の手順です。
Raspberry Pi で使うSDカードのフォーマット方法とOSの書き込み方法

 

SSHとWi-Fiの事前準備

ここではGUIではなく、SSHで操作と設定を行います。まだLCDディスプレイは接続せず、先ずはRaspberry Pi 3Bを単体で起動します。

この際、事前にファイルを2つ用意してから起動すれば、最初からSSHでの操作とWi-Fiへは繋がります。

初めての方は以下の手順です。

Raspberry Pi のWi-Fi設定を事前に用意しておこう!

GUIの場合は通常のモニターをHDMIで繋いでください。(3.5インチLCDは接続しません)

 

ドライバのインストール

ドライバのインストールはSSHから行います。
Raspberry Pi 3Bに3.5インチLCDと電源アダプタ(Wi-Fiでない場合はプラスLANケーブル)だけ繋いで起動します。

 

公式ページの説明通り、ドライバをダウンロードしてインストールします。

SSHで接続(macosxの場合)

$ ssh pi@192.168.x.x

初期設定はユーザー名

pi

、パスワードは

raspberry

です。

※IPアドレスが分からない場合はarpコマンドを使って調べてください。

$ arp -a

 

もしも?SSHで接続はできても、外部インターネットへ繋がらない場合、ルーターのアドレスが設定されていないためだと思います。/etc/dhcpcd.confにルーターアドレスを設定してください。

$ sudo nano /etc/dhcpcd.conf
interface wlan0
 static routers= 192.168.x.x
 static domain_name_servers= 192.168.x.x
 static domain_search=

ルーターのアドレスを設定はxxを自分の環境に変えてください。

 

ターミナルから次のコマンドにてドライバのダウンロード

ダウンロードディレクトリに移動して

cd  Download

 

Githubからダウンロード

git clone https://github.com/Elecrow-keen/Elecrow-LCD35.git

zero系はgitがインストールされていないようです。
その場合は先にインストールします。

sudo apt-get install git

 

Elecrow-LCD35ディレクトリへ移動

cd Elecrow-LCD35

 

ダウンロードしたドライバソフトを実行インストールします。

sudo ./Elecrow-LCD35

 

Basic for Raspbian Jessie with PIXEL (2017-04-10-raspbian-jessie.img)

Step 1:Download the Raspbian IMG
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

Step 2: Open terminal and Download the driver on RPI
Run:
git clone https://github.com/Elecrow-keen/Elecrow-LCD35.git

Step 3: Install driver
Run:
cd Elecrow-LCD35
sudo ./Elecrow-LCD35

Elecrow公式サイトより

3.5 Inch 480×320 TFT Display with Touch Screen for Raspberry Pi

途中でシステムを再起動するか聞かれます。ここではNOにしてください。

Reboot to apply changes? (y/n): n

 

キャリブレーション

キャリブレーションといってタッチの調整をするアプリケーションをインストールします。

cd Elecrow-LCD35
sudo dpkg -i -B xinput-calibrator_0.7.5-1_armhf.deb

 

この後に一旦システムを終了します。

sduo shutdown -h now

 

電源を抜いた後、Elecrow3.5インチディスプレイを装着します。

起動後、付属のタッチペンでキャリブレーションといってタッチの修正をして完成です。

 

今回使用したLCDディスプレイ

 

RS公式5V2.5A電源アダプターとのセット商品(最新の3B+ではありません

 

使う用途がデスクトップでは小さすぎます。自作のプログラムで大き目なボタンを用意すれば、色んなことに使えそうです。単に情報表示でも小さいからGOODだと思います。

 

5インチならオーディオシステムのモニターとしてはちょうどいい?! 作ってみました。

Volumio2とSpotifyと5インチモニター

ご意見・ご感想
お気軽にメッセージください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
コメント欄以外にも、よろしければお気軽にメッセージください。

この記事についてのご感想などはもちろん、間違いのご指摘、またはRaspberry Piの世間話など何でもOKです!

この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダをフォローする
設定(setting)
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
ラズパイダ

コメント