\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Raspberry Pi OS次のバージョンbullseyeが待ち遠しい

本家Debianは、2021年8月14日付けでDebian11(bullseye)がリリースされました。2年振りになります。

現在、Raspberry Pi OSは中身はbusterですが、こちらもそんなに遠くなくbullseyeにバージョンアップすると思われます。歴代は2年毎に8月・9月と更新されてきましたので、そろそろかなと想像します。

その兆候が見られました。

今日、full-upgradeした時に嫌に長いので見てみると、oldstableという言葉が見られました。ルートのファイルを退避しているかのようなメッセージもありました。

どうやらbullseyeのバージョンアップに向けた事前更新の様子です。

次のURLで覗いてみると、http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian/dists/

2021/8/21や22で更新されている

中身を見ると、8/21の日付けでたくさん更新されていました。これまでのstableがoldstableに変更された様子です。

このoldstable化で特に何が変わるわけでは無さそうです。

この記事の主な流れ

次期bullseysはexFATのサポート

リリースノートでも言及されていましたが、ストレージのフォーマット形式としてexFATをサポートします。

これ、個人的にはややこしくなくなると思われます。

bullseye becomes our first release to provide a Linux kernel with support for the exFAT filesystem and defaults to using it for mount exFAT filesystems.

bullseyeは、LinuxカーネルにexFATファイルシステムのサポートを提供する最初のリリースになり、デフォルトでexFATファイルシステムのマウントに使用されます。

引用元:https://www.debian.org/News/2021/20210814

これでWindowsやmacOSとも面倒無くデータのやり取りができます。これまでもネットワーク経由であれば気にすることも無かったものの、HDD・SSDドライブを直接繋げ変える用途には向いていませんでした。

どうしてもWindowsだとNTFS、macOSではAPFS、LinuxではEXT4が基本です。読み書きできるパッケージファイルを追加でインストールする必要性がありました。exFATについては要らなくなります。便利。

特に外付けUSB接続のドライブは、今までよりも難しく考えなくても良くなりますね。(心理的に)

Raspberry Pi で使う大容量ディスクは、exFAT形式のフォーマットがお薦めになりそうです。別のPCで先にDebian 11(bullseye)を試してみたくなりました。

コードネームについてはこちら

Debian11のコードネーム「bullseye」はウッディの愛馬の名前から命名されました。

これ、全部使っちゃったらどうするんでしょう。そんなにキャラクター居るかなー??

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ