ラズパイ4の猛暑対策、まるでPCのようなCPU冷却ファンICE Tower Coolerで冷やす

レビュー

長雨が一転、8月に入ってから全国的にも猛暑や酷暑に身体が堪えます。同様にRaspberry Piも温度が上がりやすいため、いつもよりも気を付ける季節でしょう。

以前から気になっていたラズパイ用の冷却ファン「ICE Tower Cooler」を手に入れたのでご紹介します。見た目はまるでPC用CPUファンと同じようにとても大きく、ラズパイ4には大袈裟に見えるかも知れません。

海外のレビューをはじめ、国内のレビューでも見た目通り冷却性能はバツグンと言われています。

そこで、実際に温度も計測して確かめてみようと思います。

今回、5つの条件を比べてみます。

  1. ICE Tower Coolling Fan
  2. NEW ICE Tower Cooler
  3. RGB Coollomg HAT
  4. アーマーケース
  5. オープン型ケース+ファン

このICE Towerは、 Raspberry Pi 4にもRaspberry Pi 3B、3B+にも取り付けることが可能になっていますが、今回はRaspberry Pi 4 8GBモデルで確かめてみました。

使用したモデル:Raspberry Pi 4 8GBモデル

縦と横のICE Tower Coolling Fan

製品名も異なっているように、別々の商品です。縦型に置く形と、横型に置く形でそれぞれ異なって取り付けます。構造も異なっています。

製品名も若干異なります。

いずれにしてもデカいです。
「ごっついのうー!!」(江戸川先輩)

横型のICE Tower Coolling Fan

縦型と比べて厚みが薄いです。といっても、ファンを含めてそれなりの高さになります。銅製パイプがクルッとシンプルに配管されていますね。

この銅製の部分がヒートパイプと言われ、開けてはいませんが恐らく純水液が僅かに入っていると思われます。これで熱を吸収して上部へ熱を移動させ、冷却フィンで放熱させる仕組みです。

もちろんファンが回ることで冷やすわけですね。

縦型のNEW ICE Tower Cooler

右側が下

名前から、こちらが後に発売になったと思われます。よりゴッツい形になって縦に取り付けます。ファンが横を向くのが特徴的ですね。

冷却フィンに厚みがあります。より一層の放熱性が高いでしょう。ファンはほぼ同じです。

見た目は横型よりもゴツくなります。エアコンの室外機みたいな様相を呈します。

RGB Coollomg HAT

比較用に似ている製品を用意してみました。こちらも大きめのファンが特徴で、液晶ディスプレイが付いているのも変わっていますね。

そしてこちらはHAT形式なので、GPIOへサクッと取り付けが出来ることが最大の利点です。

シンプルにファンから風を当てることで冷やすタイプです。こちらも大きいファンなので風量は多くなり、回転数はそれなりに抑えられますから、音は静かかも知れません。

裏側にLEDが見えていますね。

アーマーケースとオープンケース

最後の2つはこれまでもご紹介してきましたので、比較用としてご紹介します。既に過去にレビューしています。

すべて光る!

お気付きの通り、新たに手に入れた3つのファンは、すべてLEDで光ります!

どのように光るのか、それも楽しみです。

取り付け方法

先ず横型の「ICE Tower Coolling Fan」を取り付けてみます。

これがパーツです。金属のステーはステンレス製のようで、それなりに厚みがありシッカリしているのが印象的です。

スペーサーに注意

基板と接続させるのも六角スペーサーを活用します。このネジやネジ穴には気を付けましょう。個体差で奥まで入らない物があります。
・・・この辺はある程度は致し方ないのか?とは思いますが、予備が1つしかないなど代わりが効かないこともありますので、別途所持しておきたいですね。

ガタつくこともそうですけど、CPUコアと設置しないことにもなります。何よりも高さが合わないとCPUコアにおかしな加重が掛かってしまいます。
今回のようにファンと連携する場合はファンの音が出るかも知れません。

しっかりと接続しましょう。

ラズパイの下部に配置する透明の台は、以前にオープンケースとして使っていたパーツに変更してみました。これから一応はケースみたいになります。

Raspberry Pi 4 Model B (4GB) (BASICキット)のケース

六角スペーサーは継ぎ足して組み上げてみました。

背が高くなりますけど、それなりに見栄えは良さそうに思います。電子機器と透明な物は愛称が良いですよね。とても涼やかです。

実際に温度を計測したのはこちら。一体、何度になるのだろうか楽しみです。


GeeekPi Raspberry Pi 4ファンRaspberry Pi 4 HeatsinkロープロファイルICEタワーCPUクーラー(RGB冷却ファン付き)Raspberry Pi 4モデルB Raspberry Pi 3B +およびRaspberry Pi 3モデルBに対応

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  2. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  3. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  4. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  5. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  10. 10

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

記事ランキングページ

TOP