なぜRaspberry Pi では32GBまでのmicroSDカードと言われるのか

Raspberry Pi モデル別

Raspberry Pi は基本としてSDカードスロットにOSをインストールして使います。このmicroSDカードというのは、規格がいくつもあり、相性問題もあって販売している物がどれでもOKな訳ではありません。

これまでもRaspberry Pi で使うmicroSDカードの情報をお伝えしてきました。現在も聞かれることが多いので、改めて細かい点も含め少しまとめてみました。

64GB以上はフォーマットできないの?

今でもよく聞かれるのは、大容量のmicroSDカードが多くなり、お得感から64GBを購入したのだけど、Raspberry Pi 3B+で・・・というお話です。

うまく対応していないのは理由があります。

本体基板はFAT形式のみ

Raspberry Pi の起動に必要なブートローダーはFATというファイルシステムからしか読み取りができません。これはハードウェアのGPUに組み込まれていて更新不可能なため、基板自体が変更にならないと対応しません。

FAT形式はFAT16とFAT32があります。古い規格のFAT16はメリットがないため、FAT32のファイルシステムでフォーマットすることになります。

FAT32形式は32GBまで

このFAT32で利用出来るSDカードの仕様はファイル容量は32GBまでとなり、SDHCと呼ばれるカードになります。

この32GB以上で利用するには、exFATというファイルシステムになり、SDXCと呼ばれているカードになります。

さらに、SDカードをフォーマットする公式のソフトは、64GB以上のSDカードをSD規格の仕様通りに選択無くexFAT形式でフォーマットしてしまいます。

初めにお伝えした通り、Raspberry Pi はexFATファイルシステムからは起動できません。FAT32だけです。

microSDカード32GBmicroSDカード64GB
規格名SDHCSDXC
ファイルシステムFAT32exFAT
SDメモリカードフォーマッターFAT32でのみOKexFATでのみOK
その他のフォーマットツール
Windows
(例:DiskFormatter2など)
Mac
(例:diskutilコマンド)
FAT32もOK

(※FAT16は古い規格なので考慮していません)

こういったことからRaspberry Pi では必然的にSDHC規格で32GBのmicroSDカードのみ対応していることになります。

ただ、SDカードの仕様からは外れてしまうものの、表にあるように一部のメーカー製フォーマットツールや、有償のソフトウェア、海外のソフトウェアなどでは64GB以上であってもFAT32形式にフォーマットが可能です。どれもWindows環境です。

お得情報

Buffalo製やIOデータ製は同社のメモリーカードでないとダメだと思います。

海外の体験版・試用版ならEaseUS Partition Master Freeなどがあります。(日本語ページです)

ただし、256GBを超えるSDカードから起動できるのは、Raspberry Pi 3A +、3B +、およびCompute Module 3+のみです。これは、Piの以前のモデルで使用されていたSoCにバグがあったためです。

https://www.raspberrypi.org/documentation/installation/sdxc_formatting.md

Macのコマンドdiskutilでフォーマット

Windowsの人は分かりやすいGUIベースでいくつかダウンロードできます。

Macだとなかなか見つからないのと、コマンドでも対応可能なのでご紹介します。

Macのコマンドで64GB以上のmicroSDカードをフォーマットする

Macの場合は以下の書式でフォーマット可能です。

sudo diskutil eraseDisk FAT32 ラベル名 /dev/disk場所

Diskの場所を調べるには

diskutil list

仮に/dev/disk2がmicroSDカードで、rpi3というラベル名でフォーマットしたい場合

sudo diskutil eraseDisk FAT32 rpi3 /dev/disk2

まとめ

このようにSDカードの仕様と、公式のSDカードフォーマッターの仕様から、Raspberry Pi では容量32GBのmicroSDカードが推奨されます。

もちろん64GBの容量でタイムラプスの映像といった動画を撮りたい!ということもあるでしょう。サードパーティ製のツールを使えば可能です。

その場合も256GBを超える場合はRaspberry Pi 3A +、3B +、およびCompute Module 3+のみで、それ以外のZero系や旧モデルは256GBまで起動可能となります。

結論として、Raspberry Pi のmicroSDカードは・・・64GB以上でも利用可能です。

  1. 仕様として容量32GBまでのmicroSDカードをFAT32形式で利用が推奨
  2. 通常とは別の方法でFAT32形式にフォーマットした場合は256GBを超えても利用可能

あとは相性問題もありますから、どれでも可能とはなかなかいきません。

いくつか検証した中で、安定している相性が良いmicroSDカードも記事にしています。どれがいいかな?とお悩みの人は一読ください。

https://raspida.com/safety-sd

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  4. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  5. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  6. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP