新型ラズパイ4と旧ラズパイ3B+のスペック比較

Raspberry Pi 3B+

スペック表から新型ラズパイ4とこれまでと同じB系のラズパイ3B+を比較してみます。

明らかに全てにおいてハイスペック化したラズパイ4は、これまでのラズパイのどの種類とも異なります。用途によって分けて考えるというよりも、今後は基本がラズパイ4のメモリ1GBとして、デスクトップ用途、メディア系のシステム、サーバーといった実用度に応じて選ぶことになりそうです。

スペック比較

RaspberryPi 4 Model BRaspberryPi 3 Model B
hero-shot-rpi4-upRaspberry Pi 3B+
発売日2019年6月24日2018年3月14日
SoC&CPUBroadcom BCM2711
Quad core Cortex-A72 (ARM v8)
64-bit SoC @ 1.5GHz(4コア)
Broadcom BCM2837B0
ARM Cortex-A53 (ARM v7)
64-bit SoC @ 1.4GHz(4コア)
メモリー1GB、2GB、4GB LPDDR4 SDRAM1GB LPDDR2 SDRAM
GPUBroadcom VideoCore VI 500MHz
OpenGL ES 3.0
Broadcom VideoCore IV 400MHz
OpenGL ES 2.0
HDMIビデオmicro-HDMI × 2フルサイズHDMI × 1
ビデオ出力4K 60Hz × 1ポート
4K 30Hz × 2ポート
(4K画質なら60Hz、2ポート利用は30Hz)
※4Kとは約4,000×です。
コンポジット RCA (PAL / NTSC)
2560 × 1600(2K)60Hz×1
コンポジット RCA (PAL / NTSC)
無線LAN(Wi-Fi)2.4 GHz/5.0 GHz IEEE 802.11ac wireless2.4 GHz/5.0 GHz IEEE 802.11ac wireless
BluetoothBluetooth 5.0 BLEBluetooth 4.2 BLE
有線LANギガビットイーサネット(実測943Mbps)約300Mbps上限のギガビットイーサネット
USBポート(USB3.0)1ユニット×2
(USB2.0)1ユニット×2
(USB2.0)2ユニット×2=計4ポート
カメラI/F15ピンMIPIカメラインターフェース
(MIPI CSI-2
15ピンMIPIカメラインターフェース
(MIPI CSI-2
音声出力3.5 mm ステレオジャック
micro-HDMI×2
I2S
3.5 mm ステレオジャック
full-size-HDMI×1
I2S
電源ポート5V DC
USB-C コネクタ (最小3A)(15W)
5V DC
micro-USB コネクタ (2.5A)(12.5W)
拡張電源Power over Ethernet (PoE) 対応Power over Ethernet (PoE) 対応
拡張40ピン GPIO ヘッダー(最小3A)拡張40ピン GPIO ヘッダー(2.5A)
ストレージmicroSDカードmicroSDカード
消費電力ベンチマークより
アイドル時 680mA(3.4W)
最大 1.52A(7.6W)
公称値
アイドル時 600mA
最大時 1.25A(6.25W)
公称値
アイドル時 459mA (2.295 W)
最大時 1.13A (5.661W)
販売価格1GBメモリモデル 35ドル
2GBメモリモデル 45ドル
4GBメモリモデル 55ドル
35ドル

※主な違いは太字

ベンチマーク

Raspberry Pi公式のTheMagPiマガジンのサイトでは、ベンチマークテストの結果が掲載されています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

ここでは気になったCPUと消費電力をみてみます。

Linpackというベンチマークの結果です。高速単精度(SP)、低速倍精度(DP)、NEON命令を使用して加速された単精度変異(NEON)の3種類で計測されています。

  • 黄色バー SP
  • 白色バー DP
  • 緑色バー NEON

どういったベンチマークはさておき、数値だけ比べてみてください。これまでの3B+などと比較して明らかに速度差が出ています。

CPUの周波数は1.4GHzから1.5GHzへ変更になっただけにも関わらず、かなりの速度差が出ています。これはCPUの設計(アーキテクチャ)が異なる影響です。

これまでの40nmプロセスノードから28nmプロセスノードへ変更になったためです。

nmはナノメートルの略で、0.000001 mmです。細かいことが分かります。

Raspberry Pi 4Bは、これが40→28nmで作られたCPUのため、従来よりも細かく集積密度がより高いため高速に動作するという訳です。最近では代表としてスマホのCPUがこの28nmプロセスノードで作られています。

Raspberry Pi 3B+と比較した3つの計測方法の数字を見ても、Raspberry Pi 4Bはどれも単純計算で約4倍も高速になっている計測値です。

消費電力

これだけラズパイ4の性能が上がれば、通常はその割合に応じて消費電力が多くなります。CPUのベンチマークを実行した最大消費電力と、いわゆる何もしないアイドル時の消費電力の比較表です。

アイドル時最大
Raspberry Pi 3B+2.9W = 589mA6.4W = 1.28A
Raspberry Pi 4B3.4W = 680mA7.6W = 1.52A

※Raspberry Pi 3B+の公称数値よりも、このベンチマークテストの方が僅かに消費電力が高くなっています。

消費電力量

消費電力のWをアンペアに直すには、A(アンペア)=W(ワット)÷V(ボルト)です。

消費電力の計算は以下の記事で詳しく説明しています。参考にしてください。

Raspberry Pi 4Bを最大消費時の7.6Whで1年間利用を計算

最小消費時 0.027円 × 24時間 × 365日 × 3.4Wh = 約804円/年

最大消費時 0.027円 × 24時間 × 365日 × 7.6Wh = 約1,798円/最大で稼働させることはありませんから、804円〜1,798円以下の範囲になり、真ん中を採ってみても1,300円程度と思われます。

Raspberry Pi 3B+でも約1,100円程度の計算が成り立つため、ラズパイ4の性能が非常に高くなっている割に消費電力はそれ程上がっていないことが窺えます。スゴイ!(What are the power requirements?

まとめ

かなりのハイパフォーマンスになったラズパイ4は、新たな機能が1つではなく数多く変更されたにも関わらず、消費電力や本体サイズ、価格などがほぼ変わりません。

利点はそのままに、性能だけがアップしているから注目されています。

今までと同じことをさせたら、これまで不便に思えていたことも解消され、更に快適に利用できるシングルボードコンピューターに進化しました。

今後は日本でも注目されることでしょう。ラズパイ4とラズパイ3B+のスペック比較でした。

もう少しRaspberry Pi 4について知りたい方はこちらもどうぞ

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. キーワード”ラズパイダ”をGoogleで検索しないでねって話

  2. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  3. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  4. OMV5のアップデートエラー回避

  5. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  3. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  4. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  5. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  6. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP