「ラズパイダ割」Raspberry Pi 4Bのセット購入に使えるAmazon割引クーポンコード配布中
非エンジニアでもできるRaspberry Pi 情報サイト

公式microSDカード診断「Raspberry Pi Diagnostics」 | Raspberry Pi のアプリケーションについて | ラズパイダ フォーラム

フォーラム forum

このフォーラムへの投稿は登録制です。ユーザー登録をしてから書き込んでください。
読むだけであれば登録は必要ありません。

登録方法など初めてフォーラムをご利用の場合は以下のリンクをお読みください。

ラズパイダ フォーラムを設置しました
...
スポンサーリンク

ラズパイダ フォーラム

注意 ログイン後に一定時間の無操作であった場合はログアウトします。予めご了承ください。

お知らせ
すべてクリアする

公式microSDカード診断「Raspberry Pi Diagnostics」  


ラズパイダ
(@raspida-com)
エバンジェリスト
参加しました: 3年 前
投稿: 69
2020年3月8日 9:41 午後  

記事にしたように「Raspberry Pi Diagnostics」でテストしたmicroSDカードの情報などを投稿する場合、こちらに書き込んでください。(記事: https://raspida.com/release-pi-diagnostics

※LogファイルのコピペでOKです!

 

Team製32GB(Class10)はA1ではないので予想通りに惨敗でした。真っ新なmicroSDカードなら多少は変わったかも知れませんね。

しかし、書き込み(ランダムアクセス)がターゲット値500に対して、55〜73 IOPSって無いよな〜。

 

SanDisk製32GBはバッチリパスしました! SanDisk製の価格も熟れてきたので、これからは有名なメーカーにしようと思いました。

皆さんはどうでしたか?


返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月9日 9:28 午前  

@raspida-com

 

こんにちは

 

ディスる気は全くないのですが、Teams製は極安の粗悪品といったイメージしかなかったので、このサイトで最適とされてることに、違和感しか感じませんでしたw(えー、うそー、みたいな感じ)

 

かなり改善されたのでしょう。

 

最近はTranscend一択かなぁ…と言いつつどこかのOEMかもしれないので、これでダメならもういいやって感じで選んでます。時間が取れたらやってみます。

 

そうそう、ドンキの自称PB製品が意外に使えたりします。PBのはずなのにamazonにもあるというww

 


返信引用
ラズパイダ
(@raspida-com)
エバンジェリスト
参加しました: 3年 前
投稿: 69
2020年3月9日 11:39 午前  

@mioazu

Team製をオススメし始めた当時は、かなりmicroSDカードの相性で起動しないことがありました。まだ3Bの頃です。海外の記事で、Team製は安定して不具合報告もあまり無かったので使い始めました。

何よりも価格が安いためにオススメしている部分があります。

正直な話、高価なmicroSDカードは速くて安定している品質というのは当然かと思うのです。

メモリー関係はマニアックに言えば、もっと色んな情報がありますが、まぁ、お財布との相談の部分が大きいので、私が使っているmicroSDカードの中で速度はアレですが、破損しないのはTeam製がダントツだったんですよ。

同じ価格帯や少し高いカードでもRaspberry Pi に限って言うとダメなメーカー品もありました。USBメモリーでは好んで使っているSPのはほぼ全滅でした。(焼けるけど起動しない)

 

Transcendは10年くらい前まではそればかりでしたね。速い安いでしたがその後は高くなってしまいました。

microSDカードはデジカメなんかでもメーカーを選びますよね。

 

おっ? ドンキのPB製品は情熱価格ってやつですね? 試してみたいな。

中身はGigastone製なんですね。台湾?中国?

 

最近は専らSanDisk製になりました。

Team製はあくまでも格安の中でオススメという意味と、Raspberry Piには充分だったということなので、ご容赦ください。

Raspberry Pi 4BからはTeam製だと状況によっては確かに遅い気がします。インストールやコンパイル以外であれば体感はできないかなーとは思いますけどね。

 

 


返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月9日 8:52 午後  

確認した結果をご報告します。

実施機器:4B

SDカード:Transcend microSDカード 128GB UHS-I U3 Class10

------- ------- ------- ------- ------- ------- ------- ------- -------

Raspberry Pi Diagnostics - version (unknown)

Mon Mar  9 20:43:17 2020

 

Test : SD Card Speed Test

Run 1

prepare-file;0;0;24646;48

seq-write;0;0;24453;47

rand-4k-write;0;0;4914;1228

rand-4k-read;15719;3929;0;0

Sequential write speed 24453 kb/s (target 10000) - PASS

Random write speed 1228 IOPS (target 500) - PASS

Random read speed 3929 IOPS (target 1500) - PASS

Test PASS


ラズパイダ いいね♪
返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月10日 4:30 午後  

もうひとつ確認したのでご報告します。

実施機器:4B

SDカード:シリコンパワー microSD カード 64GB class10 UHS-1 U3 対応

------- ------- ------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
Raspberry Pi Diagnostics - version (unknown)
Mon Mar 10 16:24:18 2020

Test : SD Card Speed Test
Run 1
prepare-file;0;0;15340;29
seq-write;0;0;38527;75
rand-4k-write;0;0;4841;1210
rand-4k-read;9764;2441;0;0
Sequential write speed 38527 kb/s (target 10000) - PASS
Random write speed 1210 IOPS (target 500) - PASS
Random read speed 2441 IOPS (target 1500) - PASS
Test PASS


返信引用
ラズパイダ
(@raspida-com)
エバンジェリスト
参加しました: 3年 前
投稿: 69
2020年3月10日 5:07 午後  

@mioazu

おお! 速度、速いですね。わざわざ、ありがとうございます。

なるほど。32GBだとしたら、1,000円が境目みたいな感じですね。

ちょっと記事に追記しておきます。

トランセンドは頑張ってますなー。今度ポチっておきます。

 

 


返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月11日 9:33 午前  

4Bと3B+とで得られる結果が全然変わるのは致し方なしなのでしょうか。

4BだとラクラクPASSしてたのが、3B+だとなんとかPASSしている感じになりました。

4Bしか使っちゃダメでした!?

 

それと、もし記事を修正されるのなら以下の記述の修正をお願いします。

誤:sudo apt install diagnostics

正:sudo apt install agnostics

 


返信引用
ラズパイダ
(@raspida-com)
エバンジェリスト
参加しました: 3年 前
投稿: 69
2020年3月11日 9:45 午前  

@mioazu

3B+と4Bだとハード的にI/Oは異なるのでしょうか?? 

個人的にはあの記事書いた人(プログラムした人?)はコメントのやりとりみていてあまり信用できない 🙄 

アップデートの時もあの人だったし・・・。

 

記事のコマンド、間違っていました。ご指摘を感謝します。速攻で直しました。

紛らわしいなー。

 


返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月11日 9:51 午前  

ちなみに、同じTranscendでも、A1V30でない64GBと32GBは、Sequential WriteがA1V30の128GBの半分くらいしか出ませんので注意してください。IOPSはほぼ同じ数値が得られます。

個人的には同じA1V30でありながらTranscendよりシリコンパワーのほうがSequential Writeで大差がついたというのが衝撃でしたw IOPSはほとんど同じなのに…


返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月11日 12:01 午後  

五月雨にご報告してもわかりにくいので、現状、調べた結果を安定しているものとワーストとにまとめました。

 

以下は読み書きが安定しています。

■ シリコンパワー UHS-I U3 V30 A1 (64GB)
Sequential write speed 38527 kb/s
Random write speed      1210 IOPS
Random read speed       2441 IOPS

■ SanDisk EXTREME UHS-I U3 V30 A1 (64GB)
Sequential Write speed 35064 kb/s
Random write speed       996 IOPS
Random read speed       2778 IOPS

■ Transcend UHS-I U1 (32GB)
Sequential Write speed 17607 kb/s
Random write speed      1153 IOPS
Random read speed       3909 IOPS

■ SanDisk Ultra UHS-I U1 A1 (64GB)
Sequential Write speed 31030 kb/s
Random write speed       816 IOPS
Random read speed       1976 IOPS

■ Transcend UHS-I U3 V30 A1 (128GB)
Sequential Write speed 22922 kb/s
Random write speed       955 IOPS
Random read speed       3768 IOPS

■ Transcend UHS-I U1 (64GB)
Sequential Write speed 16408 kb/s
Random write speed      1039 IOPS
Random read speed       3775 IOPS

以下はワーストです。

■ TOSHIBA UHS-I U1 (128GB)
実施不可(認識しない、またはOS起動中に止まるエラー多発/購入時期2019年12月)
※東芝メモリが社名を変えた理由はこれもあるかも。堕ちたな…

■ Samsung EVOPlus UHS-I U1 (32GB)
Sequential Write speed 12951 kb/s
Random write speed        78 IOPS
Random read speed       3315 IOPS
※唯一FAILになったSDカード。書き込みが遅いと感じることが多かったのですが、3回ともランダム書き込みが78とダメすぎでしたw。抱き合わせ販売されてるケースがあるので要注意です

■ Gigastone Prime Plus UHS-I U1 V30 A1 (128GB)
Sequential Write speed 35694 kb/s
Random write speed       554 IOPS
Random read speed       1912 IOPS
※A1V30を謳っているわりには、書き込みが弱いですねー

■ Gigastone UHS-I U1 (32GB)
Sequential Write speed 17160 kb/s
Random write speed       607 IOPS
Random read speed       1817 IOPS
※書き込みが弱いですねー


返信引用
mioazu
(@mioazu)
Raspberry Pi 1A
参加しました: 1か月 前
投稿: 16
2020年3月11日 1:26 午後  

TeamのSDカードを購入して早速やってみたところ、読み書きともバランスがいいスコアが出たので追加いたします。

 

■ Team UHS-I U3 V30 A1 (64GB)
Sequential write speed 37109 kb/s
Random write speed      1111 IOPS
Random read speed       3525 IOPS

ラズパイダさんがイチオシなのも納得しました。

単純に比較しただけでも、TranscendやSanDiskよりも性能は上に見えます…ホント少し見方が変わりました。


ラズパイダ いいね♪
返信引用
ラズパイダ
(@raspida-com)
エバンジェリスト
参加しました: 3年 前
投稿: 69
2020年3月12日 10:27 午前  

@mioazu

いやー、かなりの数をテストしていただき感謝します!!

本当は私がここまでやらないとダメなんですけどねー 😣 多謝

 

Team製もなかなかやるでしょ? A1ならね。

私のmicroSDカードはかなり使い回ししたので仕方ないです。(幾多のOSをインストールしまくった)

また記事に追記させていただきます!!

 

実はTeam製って海外で評判良くて、いわゆる相性ってのは、個人的にスペックに幅があることかと思っています。

メモリーの読み書きに必要な要素って、各端末毎に異なるじゃないですか。それに電圧とか端末の品質、または個体差もあるから、完璧はないのですけど、バランス良いのが相性が良いってなるのかなーと若い頃から考えていました。証拠はありません!

まぁ、有名なメーカーで数が出ているのを選べば間違いないとは思います。そうすると高価にはなってしまいますから難しいですねー。

 


mioazu いいね♪
返信引用
シェア:

お願い 登録時に入力されたパスワードはご自身で管理しください。