使っているラズパイの種類やバージョンを調べるコマンド

ラズパイをケースに入れてしまい、これ、3Bだっけ?3B+だっけ? というように、ふと忘れてしまった時など(滅多にありませんが!)に使えるコマンドも備忘録として残しておきます。

ケースの都合や設置場所により中身を見られないラズパイに対して行いましたが、よく忘れるので記載しておきます。

ラズパイがどのモデルか調べるコマンド
cat /proc/cpuinfo | grep Model

cat /proc/cpuinfoだと、ズラッと表示されます。

この中から探しても良いのですが、Modelを知りたいので、それを検索して表示します。

検索する意味が「grep」でスペース空けてModelとすることでその箇所だけを抜き出します。

また、grepの前に「|(パイプ)」があります。このパイプは繋げる意味がありまして、パイプ前のコマンド実行をいてModelで検索してね、という意味になります。

cat /proc/cpuinfoの実行結果
processor    : 0
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 processor    : 1
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 processor    : 2
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 processor    : 3
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 Hardware    : BCM2835
 Revision    : a020d3
 Serial        : 00000000XXXXXXXX
 Model        : Raspberry Pi 3 Model B Plus Rev 1.3

※シリアル番号だけは消してあります。

冒頭の「cat /proc/cpuinfo | grep Model」の実行結果はこちらです。

cat /proc/cpuinfo | grep Modelの実行結果
Model        : Raspberry Pi 3 Model B Plus Rev 1.3

こんな形で、ラズパイがどのモデルで、ファームウェアのバージョンなどが一発で分かりますね。

また、「Revision : a020d3」もRaspberry Pi 3B+の事です。

ちなみに「|(パイプ)」は便利なので覚えた方が楽ですよ。

ラズパイでお馴染みの情報の更新であるアップデートなどで見かける「&&」は続けて異なるコマンドを実行する場合などで使います。「|(パイプ)」とは違った意味で便利です。

sudo apt update && sudo apt upgrade

以上、備忘録でした。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  4. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  5. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  6. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP