ラズパイダフォーラムでお待ちしています!※コメント欄はSPAMとアタックが多いため停止しています。

使っているラズパイの種類やバージョンを調べるコマンド

ラズパイをケースに入れてしまい、これ、3Bだっけ?3B+だっけ? というように、ふと忘れてしまった時など(滅多にありませんが!)に使えるコマンドも備忘録として残しておきます。

ケースの都合や設置場所により中身を見られないラズパイに対して行いましたが、よく忘れるので記載しておきます。

ラズパイがどのモデルか調べるコマンド
cat /proc/cpuinfo | grep Model

cat /proc/cpuinfoだと、ズラッと表示されます。

この中から探しても良いのですが、Modelを知りたいので、それを検索して表示します。

検索する意味が「grep」でスペース空けてModelとすることでその箇所だけを抜き出します。

また、grepの前に「|(パイプ)」があります。このパイプは繋げる意味がありまして、パイプ前のコマンド実行をいてModelで検索してね、という意味になります。

cat /proc/cpuinfoの実行結果
processor    : 0
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 processor    : 1
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 processor    : 2
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 processor    : 3
 model name    : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
 BogoMIPS    : 38.40
 Features    : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm crc32 
 CPU implementer    : 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant    : 0x0
 CPU part    : 0xd03
 CPU revision    : 4
 Hardware    : BCM2835
 Revision    : a020d3
 Serial        : 00000000XXXXXXXX
 Model        : Raspberry Pi 3 Model B Plus Rev 1.3

※シリアル番号だけは消してあります。

冒頭の「cat /proc/cpuinfo | grep Model」の実行結果はこちらです。

cat /proc/cpuinfo | grep Modelの実行結果
Model        : Raspberry Pi 3 Model B Plus Rev 1.3

こんな形で、ラズパイがどのモデルで、ファームウェアのバージョンなどが一発で分かりますね。

また、「Revision : a020d3」もRaspberry Pi 3B+の事です。

ちなみに「|(パイプ)」は便利なので覚えた方が楽ですよ。

ラズパイでお馴染みの情報の更新であるアップデートなどで見かける「&&」は続けて異なるコマンドを実行する場合などで使います。「|(パイプ)」とは違った意味で便利です。

sudo apt update && sudo apt upgrade

以上、備忘録でした。