【Raspbian】よく使うコマンド一覧

よく使うコマンドタイトル画像
公式Raspberry Pi OS

よく使うコマンドというのは、本当に何度も使うものです。ここではコマンドリファレンスではなく、これからRaspberry Piを始める人向けに、よく使うコマンドをいくつかまとめてみました。

Raspberry Pi OS(旧Raspbian)はLinuxのディストリビューションの一つであるDebianを改良したOSです。従ってコマンドはDebian由来となります。つまりLinuxのコマンドです。

コマンドと言っても全て覚えるのは大変です。特に非エンジニアなら尚更です。いくつかの必要なコマンドだけ覚えていれば、それほど困ることもないでしょう。

コマンドは挙げればキリがありません。ここでは、私が覚えてきたコマンドで、Raspberry Pi でよく使うコマンドに絞ってご紹介していきます。

スポンサーリンク

基本的なコマンド

優先順位は気にせず、コマンド単位や使いたいコマンド、便利なコマンドを覚えて使えば、自然と身についていきます。

1つずつ実践していきましょう。

apt —— アプリケーションをインストールするのに必要

公式Raspberry Pi OSやリポジトリ(パッケージアップデート先リスト)の更新に使用する機会が多いでしょう。おまじないとも言われていますね。

sudo apt update

アプリケーション(パッケージ)のインストールはinstall

sudo apt install アプリケーション名

既にインストールされているアプリケーション(パッケージ)のアップグレード

sudo apt upgrade

2020年〜2021年にかけて、Raspberry Pi公式からアップグレードコマンドはfull-upgradeがアナウンスされています。

sudo apt full-upgrade

逆に、sudo apt upgradeは推奨されなくなりました。
これは、FlashROMと呼ばれるブートROMも一緒にアップグレードさせるために推奨が変更されました。

apt upgradeも間違いではないのですが、より確実に1回で済みます。

更に、これまではapt-getが一般的でした。今は主流はaptのみになっています。aptで実行しましょう。

ちなみにsudoは、管理者権限で実行する時に用います。

パッケージとキャッシュの削除

もう一つは必要なくなったパッケージを削除してくれるコマンドです。

sudo apt autoremove

ターミナルに「自動削除を実行してね」というメッセージも出ます。アップグレードしたらたまに実行してみてください。

cleanも一緒に実行しておくと良いでしょう。キャッシュされたインストールに必要ファイルを削除してくれます。

sudo apt clean
apt まとめ
sudo apt update
sudo apt full-upgrade

sudo apt autoremove
sudo apt clean

sudo apt install アプリケーション名

cdとls —— ディレクトリ移動と中身の表示

ディレクリの移動で使います。

よく使うであろうWi-Fiの設定ファイル「wpa_supplicant.conf」の場所へ移動する場合

cd /etc/wpa_supplicant

そのディレクトリ(フォルダ)にあるファイルを表示する場合

ls

権限など詳細を表示する場合

ls -l

cdコマンドの解説はこちら

上の階層へ戻る指定は、../ です。

cd ../etc/wpa_supplicant

今いる場所を指定するのは、./ です。その上の階層と思えばドットが2つなのも分かりやすいでしょう。

2つ上の階層の場合は../を並べます。

cd ../../

覚えておきたいhome

ユーザーのホームフォルダはhomeフォルダ内にあります。代替として(~)チルダが使えます。

cd ~/

チルダなら自分がどこのフォルダにいても、起点の表記をhome(フルパス)として使えて便利です。

cd まとめ
cd /home/pi/example.txt
cd /~

ls
ls -l

慣れるまで、cdコマンドで移動してからlsコマンドをセットで実行すると、自分の今居る場所も確認できて便利です。

ファイルやディレクトリ(フォルダ)の移動、コピー、削除

初心者が困ることの1つがターミナルでファイルを操作したい時です。

cpコマンド

cpはコピーです。copyと連想できますね。

readme.txtをbk_readme.txtと名前を変更してコピーする場合

cp readme.txt bk_readme.txt

ディレクトリのコピーは中身も全てコピーしたいので、オプションを付けます。

testディレクトリの中身ごとbk_testディレクトリとしてコピーする場合

cp -r test bk_test

-r とあるのはオプションです。

全く同じようにコピーしたい場合のオプションは-p指定(タイムスタンプも同じになる)

cp -p

コマンドのオプションを調べたい場合はどのコマンドでもhelpを使います。

cp --help

操作する際、フルパスで指定しない限り、操作したい対象ディレクトリへcdコマンドで移動してからおこなってください。

mvコマンドは2つの役割がある

moveから連想できる移動コマンドです。但し、2つの役割があります。

  1. ファイル・ディレクトリの移動
  2. ファイル・ディレクトリの名前変更

移動は分かっても名前変更はピント来ませんね・・・。これは覚えるしかありません。

/Downloadディレクトリへファイルを移動するの場合

mv readme.txt /Download

ディレクトリ(フォルダ)の中身も移動する場合(フォルダごとすべて)

mv test test2

但し、この後にご紹介する名前変更になる場合がありますから、フォルダへの移動は最後に/.を付けると良いでしょう。(もしくは/

mv test test2/.

フォルダ(sample_1)を同じ階層にあるフォルダ(sample_2)の中にコピーする場合

mv sample_1/ sample2
mv sample_1/ sample2/
mv sample_1/ sample2/.

意味は少しずつ異なりますが、3つの結果同じです。

スラッシュ(/)の有る無し

一部ご説明すると、スラッシュでディレクトリ(フォルダ)として指定しています。同じ名前のデータファイルが無いならば、スラッシュが無くてもディレクトリとして認識します。

しかし、同じ名前のデータファイル、例えば同名のTXTなどがあるとディレクトリとして認識できません。名前変更にも繋がってしまいます。注意が必要です。

名前変更

次に名前変更をcpコマンドと同じ例で示します。

mv readme.txt bk_readme.txt

コピーでも移動でもなく、readme.txtの名前だけ変更したことになります。

これはディレクトリでも同じです。

mv test test2

test2というディレクトリ(フォルダ)があれば移動になります。

test2というディレクトリが無い場合は名前が変更されます。

確実に移動させたい場合はスラッシュ(/)やスラッシュ+ドット(/.)を付けてください。もしも同じ名前のtest2フォルダが無い場合、スラッシュなどが付いていればエラーになります。

rmでファイルやディレクトリの削除

削除は初心者が最初に困ることが多いと思います。

デスクトップGUIならゴミ箱へですし、キーボードでもDELETEボタンでポンですからね。コマンドだと面倒に感じるでしょう。

readme.txtを削除する場合

rm readme.txt

これは簡単です。

次にディレクトリ(フォルダ)の場合はオプションが必要です。

rm -r test

オプションが付かないと「ディレクトリですから削除できない」とエラーになります。

中身が空であれば、-dを指定するだけで削除はできます。

rm -d test

ディレクトリ内にファイルが存在すると、-dオプションでもエラーになります。
「中身が入っているディレクトリ(フォルダ)だからムリ!」というエラーになります。

-rを付けると、中身が存在しても無くて空でも削除できます。

ディレクトリ(フォルダ)の新規作成

ちにみにディレクトリ(フォルダ)を新たに作成する場合はmkdirコマンドです。

mkdir newfolder

覚えておきたい役割まとめ

 ファイルディレクトリ(フォルダ)
cpコピーする空の場合
cp -r 中身もコピーする
cp -p中身も全く同じにコピーする
mv移動する・名前変更空の場合移動・名前変更
mv -r 中身も移動する
rm削除する空の場合
rm -r 中身があっても無くても削除できる
rm -d中身が空なら削除できる

-r のオプション付きで意味が変わることと、mvコマンドは名前変更でも用いることが特殊です。

もちろんこれ以外にもオプションがあります。ただ、これだけ知っていれば大抵は問題ないと思います。

cat —— テキストの中身を読むだけ

Raspberry Pi OSにはテキスト編集に「nano」が入っています。初心者はnanoで充分ですが、読むだけなら間違う恐れがないcatコマンドも活用しましょう。

catは編集できません。

ターミナル画面に中身を表示してくれます。

cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

詳しくはこちら

ssh —— 他のマシンからラズパイを遠隔操作

sshでRaspberry Pi と接続すれば、モニターやキーボード&マウスは必要ありません。有線か無線のネットワークで家庭内LANに入っていれば可能です。

ssh pi@192.168.xx.xx

詳しくはこちら

IPアドレスを探す

モニターレスのRaspberry Pi のIPアドレスを忘れてしまった場合など、わざわざモニターに繋げなくても調べる方法があります。

arp -a

詳しくはこちら

スポンサーリンク

場面別のよく使うコマンド

基本操作系のコマンドだけではやりたいことができません。ラズパイ(Raspberry Pi)を使う場面毎によく使うコマンドをご紹介します。

外付けハードディスクを接続する場合——mount、umount

Linuxでは外部メディアはマウントしないと使えません。マウントさせるディレクトリ(フォルダ)を作成し、それにマウントさせます。(例:3tbhdd)

sudo mkdir /media/3tbhdd
mount デバイス場所 マウントさせる場所
sudo mount /dev/sda1 /media/3tbhdd

どこに外付けハードディスクが繋がっているのか調べるコマンド

df
dfコマンド結果

今回の環境では/dev/sda1に繋がっているとなっていました。

もしくはlsで検索してみます。

ls /dev/sd*

マウントしたいデバイスをラズパイに繋げる前と後で結果が変わります。繋げた後に増えている場所sd*がそのデバイスと分かります。

/dev/sda /dev/sda1 /dev/sda2 /dev/sda3

同じsdaやsdbでも、番号が付いたsda1やsdb1などが、繋げた後のコマンド実行で増えているでしょう。

外付けハードディスクのUUIDを調べる

sudo blkid -o list

マウントに関する記事

sshでログインできない場合

何回か同じPCやMacでSSH接続していると、ローカルにSSHで接続するため認証が違うと怒られログインできません。

Piレッド
Piレッド

これはよく遭遇したので最初に覚えました!

@@@@@@@@@@@@

@ WARNING: POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! @

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

この場合、MacOSXなら認証したファイルは、/Users/’ユーザー名’/.ssh/known_hostsにあり、それを編集すれば良いのですが、探すのも面倒なうえ、間違えそうなのでコマンドから削除して対処しています。

ssh-keygen -R IPアドレスまたはホスト名
ssh-keygen -R 192.168.xx.xx (またはraspberrypi.localなどのホスト名)

認証のファイル情報が削除されればいつものようにSSHで接続できます。

手元にコマンドリファレンスがあると便利です。

Raspberry Pi 専用ではありませんが、私が手元に置いてあるリファレンスブックはこれです。とても参考になります。

もしくは、この記事などWebにまとめられている情報をブックマークしておくと便利です。

以上、Raspberry Piでよく使うであろうコマンドのご紹介でした。
Linuxのコマンドは奥が深い(?!)ので、すべて正しく細かく完璧に記載していません。予めご了承ください。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました