当サイト限定「Raspberry Pi 3B+ のセット品」割引クーポン配布中!この機会に是非!こちらから

【Raspbian】よく使うコマンド一覧

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

よく使うコマンドというのは、本当に何度も使うものです。ここではコマンドリファレンスではなく、これからRaspberry Piを始める人向けによく使うコマンドをいくつかまとめてみました。

RaspbianはLinuxのディストリビューションの一つであるDebianを改良したOSです。従ってコマンドはDebian由来となります。つまりLinuxのコマンドです。

コマンドと言っても全て覚えるのは大変です。特に非エンジニアなら尚更です。しかし、必要なコマンドだけ覚えていれば、それほど困ることもないでしょう。

基本的なコマンド

特にどれが重要という優先順位は気にせず、コマンド単位や使いたいコマンド、便利なコマンドを覚えて使えば、自然と身についていきます。

1つずつ実践していきましょう。

apt-get —— アプリケーションをインストールするのに必要

公式Raspbianやリポジトリ(パッケージアップデート先リスト)の更新に使用する機会が多いでしょう。おまじないとも言われていますね。

sudo apt-get update

アプリケーション(パッケージ)のインストールはinstall

sudo apt-get install アプリケーション名

既にインストールされているアプリケーション(パッケージ)のアップグレード

sudo apt-get upgrade

ちなみにsudoは管理者権限で実行する時に用います。

cdとls —— ディレクトリ移動と中身の表示

よく使うであろうWi-Fiの設定ファイル「wpa_supplicant.conf」の場所へ移動する場合

cd /etc/wpa_supplicant

そのディレクトリ(フォルダ)にあるファイルを表示する場合

ls

権限など詳細を表示する場合

ls -l

コマンドの解説はこちら

cdコマンド——ディレクトリの移動
※初めての人にも分かりやすい説明を心掛けていますので、細かい事柄は敢えて省いておりますので予めご了承ください。cdコマンドcdコマンドはチェンジデイレクトリの頭文字CとDから由来します。...

ファイルやディレクトリ(フォルダ)の移動、コピー、削除

初心者が困ることにターミナルでファイルを操作したい時です。

cpコマンド

cpはコピーです。copyと連想できますね。

readme.txtをbk_readme.txtと名前を変更してコピーする場合

cp readme.txt bk_readme.txt

ディレクトリのコピーは中身も全てコピーしたいので、オプションを付けます。

testディレクトリの中身ごとbk_testディレクトリとしてコピーする場合

cp -r test bk_test

操作する際、フルパスで指定しない限り、操作したい対象ディレクトリへcdコマンドで移動してからおこなってください。

mvコマンドは2つの役割がある

これも分かり易いmoveから連想できる移動コマンドです。但し、2つの役割があります。

  1. ファイル・ディレクトリの移動
  2. ファイル・ディレクトリの名前変更

移動は分かっても名前変更はピント来ませんね・・・。これは覚えるしかありません。

/Downloadディレクトリへファイルを移動するの場合

mv readme.txt /Download

ディレクトリ(フォルダ)の中身も移動する場合

mv -r test test2
名前変更

次に名前変更をcpコマンドと同じ例の場合

mv readme.txt bk_readme.txt

コピーでも移動でもなく、readme.txtの名前だけ変更したことになります。

これはディレクトリでも同じです。

mv test test2

rmでファイルやディレクトリの削除

削除って困る人は多いと思います。デスクトップGUIならゴミ箱へですし、キーボードでもDELETEボタンでポンですからね。コマンドだと面倒に感じるでしょう。

readme.txtを削除する場合

rm readme.txt

これは簡単です。

次にディレクトリ(フォルダ)の場合はオプションが必要です。testディレクトリ(フォルダ)

rm -r test

-rを付けないと中身が入っているディレクトリ(フォルダ)だからムリ!って怒られます。

ディレクトリ(フォルダ)の新規作成

ちにみにディレクトリ(フォルダ)を新たに作成する場合はmkdirコマンドです。

mkdir newfolder

覚えておきたい役割

ファイル ディレクトリ(フォルダ)
cp コピーする 空の場合
cp -r 中身もコピーする
mv 移動する・名前変更 空の場合移動・名前変更
mv -r 中身も移動する
rm 削除する 空の場合
rm -r 中身があっても削除できる

-r のオプション付きで意味が変わることと、mvコマンドは名前変更でも用いることが特殊です。

もちろんこれ以外にもオプションがあります。ただ、これだけ知っていれば大抵は問題ないと思います。

cat —— テキストの中身を読むだけ

Raspbianにはテキスト編集に「nano」が入っています。初心者はnanoで充分ですが、読むだけなら間違う恐れがないcatコマンドも活用しましょう。catは編集できません。

cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

詳しくはこちら

CAT — ファイルの内容を表示する
使用回数の多いコマンド、よく使うコマンドをご紹介します。主にRaspbian OSで利用するものですが、元々Debianから派生したOSなので、Debian含め他のLinuxOSとも互換性があります。...

ssh —— 他のマシンからラズパイを遠隔操作

sshでRaspberry Pi と接続すれば、モニターやキーボード&マウスは必要ありません。有線か無線のネットワークで家庭内LANに入っていれば可能です。

ssh pi@192.168.xx.xx

詳しくはこちら

sshコマンド——他のマシンから接続
SSHでアクセスターミナルにてSSH接続(MacのターミナルまたはWindowsのPutty)します。ssh pi@192.168.0.8パスワードを訊かれたら初期は「raspberry」...

場面別のよく使うコマンド

基本操作系のコマンドだけではやりたいことができません。ラズパイ(Raspberry Pi)を使う場面毎によく使うコマンドをご紹介します。

外付けハードディスクを接続する場合——mount、umount

Linuxでは外部メディアはマウントしないと使えません。マウントさせるディレクトリ(フォルダ)を作成し、それにマウントさせます。(例:3tbhdd)

sudo mkdir /media/3tbhdd
sudo mount /dev/sda1 /media/3tbhdd

どこに外付けハードディスクが繋がっているのか調べるコマンド

df

dfコマンド結果

今回の環境では/dev/sda1に繋がっているとなっていました。

外付けハードディスクのUUIDを調べる

sudo blkid -o list

マウントに関する記事

NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

sshでログインできない場合

何回か同じPCやMacでSSH接続していると、何回もOS同じローカルにSSHで接続するため認証が違うと怒られログインできません。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

@ WARNING: POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! @

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

この場合、MacOSXなら認証したファイルは、/Users/’ユーザー名’/.ssh/known_hostsにあり、それを編集すれば良いのですが、探すのも面倒なうえ、間違えそうなのでコマンドから削除して対処しています。

ssh-keygen -R IPアドレスまたはホスト名

ssh-keygen -R 192.168.xx.xx (またはraspberrypi.localなどのホスト名)
認証のファイル情報が削除されればいつものようにSSHで接続できます。

手元にコマンドリファレンスがあると便利です。