arm64版が開発中とされるPop!_OSはUbuntu+macOSライク

popos-logo-title
ニュース特集記事

注目のPop!_OSを別の環境で試してみました。Pop!_OSはCPUアーキテクチャがx86/amd64で動作するOSです。残念ながら、現時点ではPop!_OSもRaspberry Piも対応していません。

Raspberry Pi OSがbullseyeにアップグレードする際、64bit版もリリースされるのではないか、想定されています。

Raspberry Pi OSの64bit版はベータ版が公開されています。ラズパイダでもお伝えしました。長らく32bit版のOSしかなかったRaspberry Piもやっと対応する見込みです。

噂かフェイクかハッキリしませんが、ニュースとしてRaspberry Pi 400で動作するPop!_OSのバージョン画面が、Pop!_OSの中の人から公開されています。

スポンサーリンク

用意しているのか

待ち遠しい64bit版のRaspberry Pi OSですが、Pop!_OSの主要エンジニアのJeremy Soller氏が、Raspberry Pi 400にarm64版Pop!_OSが動作している画像をツイートし、ニュースサイトで取り上げられています。

バージョン情報だけとはいえ、arm64版のアップ場所まで確保されていました。

Pop!_OSがRaspberry Pi 4で動くだけではなく、64bit版のRaspberry Pi OSがリリースされる予定とも解釈できる情報ですね。

これだけでは真相は分かりませんが、仮に情報そのままならば、bullseyeへのアップグレードが楽しみになりますね。

スポンサーリンク

Pop!_OSを試す

別環境ですみませんが、この発言を読んでからPop!_OSをしばらく触っていました。環境としては特殊なMacbook Proにインストールして試しています。

この記事はあくまでも別環境のお話です。
Raspberry Pi 64bit版OSとarm64版Pop!_OSがリリースされたらまたご紹介します。

1stインプレッション

Pop!_OSは、Ubuntuから派生したオリジナルのOSです。Linux界隈でも人気があることがランキングからも窺えます。

「DistroWatch」のランキングをみてもこの1年間は常に5位です。

直近3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月

本家UbuntuDesktopよりも上というのが素晴らしい。

上位はデスクトップPC利用で機能も性能も豊富なOSが並んでいます。MXLinuxはずっと1位です。

印象としてUbuntu + Macがシックリと来ます。見た目も操作感もMacに寄せているUbuntuです。下部のDockはリリースされたWindows11とも似ているでしょうか。

Macbook Proで動作しているPop!_OS

環境がRaspberry Pi ではないので、動作の速さや快適さなどは別として、メニュー構成や動き方、機能は公式のRaspberry Pi OSとはエライ違いです。

本家Ubuntu Desktopのユーザーインターフェイスよりも分かりやすく機能的な状態でスタートできます。

ソフトウェアのインストールが秀逸

ソフトウェアのインストールとして、Debian系に共通のAPTと共にFlatpakというパッケージマネージャーが採用されています。

このFlatpakというのは、サンドボックス(仮想化)を用意してアプリケーションを実行できるため、種類(ディストリビューション)の垣根を越えてインストールできる仕組みです。

いくつかインストールしてみました。
ついAPTだと勘違いする程にインストールがスムーズです。

しかも名前がPop!_OS Shopとあり、AppleのApp ストアみたいな位置付けです。

こちらは基本無料ですが、仕組みや見た目が同じようにできています。

APTと違い、グラフィカルに選べるメニュー構成になっているのも、Mac使いからすると使いやすく感じますね。

Firefoxもストレスない

WebブラウザのデフォルトはFirefoxです。インストールしたMacbookのスペックからすると、アプリの起動からとてもサクサクと動きました。これがRaspberry Pi 4ではどうなのか分かりません。

画面が狭いのは、デフォルトで200%の表示になっていたからです。13インチだと2560ピクセルだと小さく感じるため、フルHDサイズに調整した方が良いですね。(アップでも綺麗で見やすいです)

Raspberry Pi 400でもCPU速度は1.8GHzですから、今回の環境のMacbookとは比べられません。(使用したMacbookProは古いCore i5 2.7GHz)

やはりSSDドライブ起動で2.0GHzにオーバークロックする必要はあるかも知れませんが、Pop!_OSの方が本家Ubuntuよりも軽快に動くとされています。

ARMアーキテクチャ

Raspberry Pi OSの64bit版も、Pop!_OSのarim64版も待ち遠しいです。UbuntuMATEに続いてRaspberry PiをデスクトップPCライクに使えるかも知れません。

MacのCPUも独自のarm、Windows11もarm版が存在し、Raspberry Piも含めてarmアーキテクチャが増えてきたので、64bit版のRaspberry Piがリリースされれば、他のLinuxディストリビューションも対応してくる可能性もあります。

Pop!_OSは非常に使いやすくデザインも好感が持てるOSです。別にRaspberry Piではなくても、古いパソコン(x86/amd64)に導入してみると、Ubuntu同様にキビキビと動作して活用できます。

USBから起動して試せるので、お手持ちのパソコンで体験してみてください。

ちょっと気になるPop!_OSでした。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました