フォーラムの会員登録はメールを受信してパスワード設定です。

ラズパイCM3+にも交換できる、キーボード&ディスプレイ一体型小型PC「DevTerm」がそそる

ニュースタイトル画像ニュース
この記事は約3分で読めます。

DevTerm」はClockwork Techが開発したデバイスです。数年前に「gameshell」という、こちらもオープンソースデバイスでポータブルゲームコンソールとして販売されています。今回の「DevTerm」は2021年4月に発売予定、現在は予約販売中です。

まさに一体型小型PCです。レトロモダンなデザインも相まりデジタル好きな人はきっとそそるでしょう。

日本語も表示されています。縦書き?!

まるでNECのPC-8021Aと似たようなデザインといえばレトロなイメージも当然だと感じます。

販売される機種は、少し複雑なラインナップになっています。

モデル名CPUメモリー価格
A-0401Cortex-A53 1.8GHz 4コア1GB$249
A-04022GB$259
A-0601Cortex-A72 1.8GHz 6コア
Cortex-A52 1.4GHz 6コア
1GB$319
A-06044GB$339
RPI-CM3Cortex-A53 1.2GHz 4コア
(=Raspberry Pi CM3+ Lite)
1GB$249
($219)

記載していませんがGPUも異なります。主にCPUのスペック、メモリー容量が3パターン×2選べます。大きく分けて3種類です。その中の一つがRaspberry Pi CM3+ Liteです。

CM3+は同じRaspberry Piであってもあまり一般的ではありません。産業用の組み込みに特化した基板です。「DevTerm」はRaspberry Pi Compute Module 3+ Liteに対応です。性能は通常の3B+と思っていただいてOKです。

Clockwork Techがコアモジュールと呼んでいるメインボードが交換できるというのがウリの一つです。将来的にハードウェアとしてもアップグレード可能な拡張性を有します。

RPI-CM3モデル以外は独自のメインボードとして「ClockworkPi v3.14」、そして独自のOSである「clockworkOS」で動作します。逆にRPI-CM3モデルはRaspberry Pi OSで動作することになります。Ubuntuも動作するとありました。

ラズパイダとしてはRaspberry Piが動作するのも経験したいですし、独自のメインボードも気になります。

キーボードのサイズは横が18~19mm、縦が78mmなので、手の大きい人はタッチタイプはギリギリなサイズ感です。私は手が大きい(XLサイズ)ので、少し無理があるかなという印象です。

十字キーのような矢印キー、ゲーム用に4つのボタン(ABXY)や真ん中上部にトラックボールまで付いているのはキーボードとして充実しています。

液晶ディスプレイが付いているのはまさに一体型です。

6.8インチIPS液晶(1280×480)

画面サイズが6.8インチの割に綺麗に表示できる解像度かと思います。テキストエディタとして使いたい気持ちにさせるデザインです。

価格はメインボード無し(CM3)の最小で約22,000円台(レートによる)、メインボード有なら約25,000円台です。フルキットでも$339なので、約35,000円となります。CM3+も単体で3,000円以下ですからほぼ同じように25,000円程度から購入可能です。(※送料、レート換算は別)

特殊な機種としてはかなり安価だと思いますよ。

ラズパイを組み込んでみたい、またはレトロなデバイスとして楽しみたい人は要チェックですね!

公式clockwork

参考Compute Module 3+

コメント

タイトルとURLをコピーしました