Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

特集記事

皆さんのところにもGoogleからこのようなメールが届いているかと思います。「アカウントのストレージに関するGoogle重要なポリシーの変更」というタイトルです。

お客様は、2 年間にわたりサービス未使用またはストレージ容量超過の状態が続いていない限り、今回の変更の影響を受けることはありません。本ポリシーの発効日は 2021 年 6 月 1 日 ですので、実際にコンテンツの削除が行われるのは早くとも 2023 年 6 月 1 日となります。
…(一部抜粋)

メールより

え?削除されちゃうの?!と一瞬驚きました。

安心してください。まだまだ先の話です。それに現状でどのGoogle製サービスもちゃんと使っているのならば影響はありません。

アカウントだけ取得していた場合や、1度使った後にずっと使っていない場合は、今後はコンテンツ削除の対象になります。

Google自身が言っているように、2年間使っていない場合なので最短でも2023 年 6 月 1 日以降に対象となったコンテンツが削除されます。

別に毎日使う必要もなく2年間に渡り未利用だったというサービスは、恐らく本人には必要無いものと思われます。むしろ忘れていてデータが残るよりも助かります。

むしろ有り難い?

今回の場合、リードタイムが2年間ありますから、特に慌てる必要もありません。それでもずっと無料で使ってきたのに、なんだかなー、と思う人もいるかも知れません。

よく考えれば、2年間もずっとアカウントだけあったところで、今後も使う可能性は低いと思います。もしからしたら既に他のサービスに乗り換えて忘れてしまっている?こともあるでしょう。

仮にご自身が亡くなった場合なども想像してみてください。

故人がどこのサービスを使っていたなんて知る由もありません。いくつかは発見できても本人で無ければパスワードも分かりません。
(亡くなった場合などは親族が連絡できるような仕組みもあります)

調べて個別に対応することを考えたら、放置しておくだけで削除してくれるのは、むしろ有り難いことです。

そうなると2年間使わないアカウントというのは長いような気もします。

かといって1年間だと1年に1回しか使わない場合などは期限が過ぎてしまう恐れもあります。そうすると2年間未使用というのは妥当なのかなと思いました。

良い機会だから整理している

このお知らせより前に、個人的に色んな想いがあって、オンラインアカウントを整理していました。デジタルな断捨離です。終活のデジタル版な感じです。

オンラインアカウントはほとんどが個人的な物ばかりです。実際に使っていないアカウントも見つかりました。

あっ、やっぱりもう一回使ってみようと思えたり、思いがけないデータが出てきたりと、今後のサービス加入する際の見直しもできて一石二鳥です。

こういうむかーしの画像データに巡り会うのも乙です。恥ずかしいですけどね。

Twitterでも晒したWindows95に付属するペイントソフトで描いたドット絵たち

有名なサービスを調べてみた(2020年末)

先日「NextCloudをロリポップ!レンタルサーバーに設置し、自分専用クラウドストレージとして活用する」でお伝えしたとおり、あまり重要では無いデータをレンタルサーバーに待避しました。自宅以外のPCやスマホで取り出しできるようにNextCloudというDBをインストールしました。

—— 自宅にはRaspberry Pi 4にOpenMediaVaultを入れたNASを使っています。こちらは1つ100MB以上の大きなファイル達を入れています。

今回借りたレンタルサーバーは、スタンダードプランで150GBの容量です。実際にはシステム分がありますから全部は使えません。キリが良い100GBだとしても個人では充分な容量です。

もちろんGoogleのサービスを有料プランへ変更することでもいいでしょう。私の場合はデータの移動と削除でスッキリさせました。

この機会についでだから有名なクラウドストレージサービスの現状を調べてみました。(記事執筆時点での話です)

色々と変更されていたり、新しいプランが出来ていたり、思わぬ発見もありました。

Googleドライブは月額250円〜

Googleドライブで言えば無料プランは15GBです。これはGoogleOneというサービスの中に組み込まれています。(いつの間にか)

Google Oneサービスの価格表
GoogleOneプランの価格表

Google One

現時点でGmailもGooglePhotoも一緒のスペースなんです。

Gmailは毎日使っています。Googleドライブはスプレッドシートを毎月使っています。それ以外のデータ置き場として多くを消費していたので、今回レンタルサーバーへ移行した分を差し引くと2GBくらいになっちゃいました。

利用している容量の削減画像
削除してサイズダウン

Gmailはこれでも削除したんですよ。招待制の頃から使っていたので、膨大なメール量になっていて確実に読まないであろうメールは削除しました。忘れていたので調べたら、Gmailの招待制だったのは2004年で、誰でも自由に作れるようになったのは2006年だそうで、かれこれ16年分も溜まっていたことになります!

Googleの他にもオンラインストレージはたくさんあります。個人的にBoxやMicrosoftOneDrive、Dropboxなどの無料枠へ分散して保存していました。それぞれ10GB、5GB、2GBなど無料枠が異なります。

Boxは月額1200円〜

Boxは使い勝手が良く大容量のクラウドストレージです。無料のIndividualプランでも10GBもあります。個人の有料プランだと次はPersonal Proプランで月額1200円となります。100GBの容量だけを考えるとGoogleOneの方が圧倒的に安くなります。

但し、Boxはファイルのアップロード制限が5GBもあるのが魅力的です。

※Boxは国内の販売代理店から契約しないと解約のサポートができないとあります。お気を付けください。

Box

Microsoft OneDriveは月額224円〜

MicrosoftのOneDriveは、無料のBasicプランで5GBです。有料はやはり100GBで224円となっています。Googleとあまり変わりません。

Officeソフトのサブスクである「Microsoft 365 Personal」であれば、通常は年額12,984円でOneDrive1TBが付いています。こちらの方がお得ですね。Amazonなどで買う方がお得です。

Office 2019およびOffice 2019 for Macと便利なサービスが使える、オンラインコード1年版(新規/更新) プロダクトキーはEメール、Amazon「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ 」で確認可能

Microsoft OneDrive

DropBoxは月額1200円〜

DropBoxは無料のBasicプランは2GBです。有料はPlusプランで一気に2TB容量になります。月額1200円です。

有名で老舗ということもあり、使い勝手は断トツだと思っています。ただ、容量が少ないかな。

無料プランでもファイル転送制限は2GBというのは魅力です。

DropBox

Apple iCloudは月額130円〜

Appleの場合、MacかiPhoneを使っていないと全く意味はありません。あくまでも参考までに。

私はMacがメインなので、こちらに重要な書類データやスマホの写真などを保存しています。無料枠は5GBです。と言っても単なるストレージというよりも設定データなども一緒のため、実際に写真などで使える領域は5GB丸々ではありません。iPhoneなどを使うと分かると思います。

50GBでも月額130円です。50GBならば、スマホの写真データは結構入りますね。(一眼レフで撮った画像も入れ込んでいます)個人的には充分です。


プランは全て個人向けプランの最低プランです。ビジネス用は別に用意されているパターンです。
各プランの詳細は、リンクを用意したので公式サイトで確認してください。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

多種多様のクラウドストレージ

無料プランでもいくつか契約していれば、容量の心配は無さそうです。特徴がそれぞれかなり異なるので、どれが一番とは言えません。

無料プランを複数など1つに絞らなくても良いと思います。ただ、今後もルール(ポリシー)の改訂があると思います。

今回はついでにデジタル断捨離も行えました。絶対に要らないであろうファイルがたくさんありました。逆に大事なファイルを忘れて保存していたこともあり、データ量もスッキリさせながら1つにまとめられたと思います。

必要なデータをできるだけ自分にあったサービスで使いたいですね。

サービス名無料プラン有料プラン例特徴
Google Oneストレージ15GB¥250/100GB 〜Googleサービス
てんこ盛り
Box10GB¥1,200/100GB 〜最初から10GB
管理画面が使いやすい
Microsoft OneDrive5GB¥225/100GB 〜Officeを使うなら
365 Personalに含まれる
DropBox2GB¥1,200/2TB 〜使い勝手がよく有名
iCloudドライブ5GB¥130/50GB 〜MacとiPhoneなら必須?
価格は年払いの月額換算も含みます。

※月額価格はApple以外は消費税込みか別かの記載がハッキリとは書いてありませんでした。探さないとならないのはちょっと…と思ってしまいます。少なくても最初のページにはありませんでした。

https://raspida.com/wp-content/uploads/cropped-raspida-red-face-480x480.jpeg
パイレッド

私が借りたレンタルサーバーの場合、自分で管理しているため、データ保持の信頼度はほぼありません!…が、トータル金額を月額換算すると、250GB/275円(+独自ドメイン無料)でした。まぁ、満足の容量と使い勝手です。

そういえばUbuntuOneもストレージサービスは、2014年に終わってた…。

同じくRaspberry Pi にも昔、一瞬だけオンラインソフトウェアストアがありまして、その時に作ったアカウントはどうなったんだろう?? あれはストレージは無かったかな。

オンラインアカウントとストレージサービスからデジタル断捨離したお話でした。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  2. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  3. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  4. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  5. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  6. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP