作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

「Stretchの本」2冊がRaspberry Pi 公式よりリリース。PDF版は無料です。

スポンサーリンク
release-book1812 The MagPi
Raspberry Pi 何ができる

このところ雑誌や本のリリースが多く感じられるRaspberry Pi 財団ですが、また2冊の本がリリースされています。

Official Raspberry Pi Beginner’s Guide

RPi_BG_Cover_1080x

価格は£10(日本円で1,424円)です。

しかも、世界中に送料無料で届けてくれます! これは素晴らしい。

内容は正にビギナー向けで、これでもかとRaspberry Pi とRaspbianについて多岐に渡り記載されています。

008-009_RPi_BG_1080x

060-061_RPi_BG_1080x

 

「Scratch」プログラミングの説明もあり、ハードとソフトの両面がカバーされており、体系的にまとめられています。

244ページの大ボリュームです。いつもながらPDF版は無料でダウンロード可能です。

Beginner's Guide - The MagPi Magazine
Buy in Print The Raspberry Pi is a small, clever, British-built computer that’s packed with potential. Made using the same technology you find in a smartphone, ...(続きを読む)

Code Club Book of Scratch

これはCode Clubという組織があって、いわゆる慈善団体です。これもRaspberry Pi 財団が設立したものです。

世界中の子供達にコード、つまりプログラミングを学ぶチャンスを与えるために主にボランティアで構成され運営されています。

Code Club

この団体が初めての本をリリースしました。それが学習ソフト「Scratch」の本です。子供に教えるための教材として利用できます。

Book-of-Scratch-COVER

このキャラデザインはRaspberry Pi 関係でよく見かけます。海外版のゆるキャラみたいですね。これもボランティアとしての提供なのか、スタッフが描いているのか分かりませんが、子供にはウケそうですね。

中の説明にも絵が多く色使いもカラフルで、学習する意欲がそがれることはないでしょう。

bookofstratch

この本は厚みがある!

と思ったら、理由がありました。

book-anigif

子供が扱う本ですから、表紙もしっかりしているようだし、パタパタと180度開くために分厚いのですね。納得。

こちらも無料でダウンロード可能ですが、オフィシャルサイトの本を紹介しているサイトは本や雑誌を売るRaspberry Pi ストアになりますからダウンロードの項目がありません。

ちょっと分かりづらいのですけど、無料でダウンロードはそこではなく、MagPiのサイトからになります。

Book of Scratch - The MagPi Magazine
Buy in Print The first ever Code Club book is here! With it, you’ll learn how to code using Scratch, the block-based programming language. In each chapter you’l...(続きを読む)

さいごに

英語というのが日本人は避ける人がまだまだ多いと思います。今の若い人=20代前半でも昔の自分たちのような態度を取ることを考えると、あれからあまり国際化が進んでいないなーと思ってしまいますね。

多くの日本人は特に英語だからというだけで避けることは無くなったようにも思えますが、まだ一部だけなんでしょうか。

 

個人的に感じるのは中学英語で会話はできますよね。英文を読むとなると知らない単語も多いとかなり難しいでしょう。

ただ、日本人は世界でも希に英文法はしっかり習います。

だから単語だけの問題だと思うんですよ。特に動詞とか副助詞とか、日本語にすると理解するのが遅れるので、フィーリングでいいと思うんだけどなー。

ほら、日本語だって”そんな感じ”で喋っていることってあるじゃないですか?!

 

そんなに難しい単語も使っていませんし、画像で分かり易いので、むしろ大人でも初めてのRaspberry Pi にはオススメです。無料ですし。是非、ダウンロードしてみてください!

 

(余談)

haveを使った英会話を聞いた20代の女性曰く、

「(一般動詞の)haveってそんな意味があるんですか?」

と聞かれました。

私は「うーん・・・。そういうものだから使っただけです」

あまり厳密に考えても居なかったので、意味を聞かれて答えに困りました。それに大学出ている子なのになー??ということでも困惑しました。

 

どうやらhaveは「持つ」という意味でしか捉えていないと聞かされて、日本の教育って・・・と思わずには居られませんでしたね。オヤジ世代の時よりひどくなってないか??

The MagPi Magazineは無料で読めますよ
The MagPi Magazine は、2018年3月で第67号がリリースされています。 過去の特集などをこのブログでもご紹介していきたいと思っています。
The MagPi
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント