Raspberry Pi 4にレトロゲームエミュレーターBatocera.linux

今まで知らなかったのですが、「Batocera.linux」というエミュレーターソフトがありました。メニューなどがReceboxと似ているUIからお分かりのように、Recalboxからフォークされたソフトウェアです。

これもRaspberry Pi のシリーズで動作します。先に、GPi Case版を動作させたところ、起動時間やメニューの切り替えが待たされます。Recalboxのようにはサクサクではありませんでした。

なので、Raspberry Pi 4で試してみます。ほぼ同じPi 400に入れてみました。

目次

ダウンロード

プラットフォーム別にイメージファイルをダウンロードします。

今回はRaspberry Pi 400用です。

Windowsなどのx64系、Mac(Intel mac)も別にあります。USBメモリーから起動できるというのもウリの1つです。

GPi Case用に最適化されたバージョンもあります。Recalboxと同じで最初からモニターに表示されるし、何もしなくてOKです。

インストール

インストールはいつものRaspberry Pi ImagerでOKです。メニュー一番下のカスタムから指定のイメージファイルを選ぶだけです。

rpi-imager-custom1
カスタムから選ぶ

Raspberry Pi OSなら16GBで動かすことも多いですが、こういったエンタメ系で使うmicroSDカードは64GB以上が良いでしょう。

最近はエコパッケージで少しお安い「サンディスク製microSD 64GB」を使うことが多くなっています。

最初にコントローラーの設定

Raspberry Pi 4の場合はキーボードを繋いでおいてください。マウスではダメでした。今回はPi 400だったので、キーボードはそのまま使えて便利でした。

最初にコントローラーの設定をする際、スペースキーがスタートボタンと同じ役割なので、スペースキーを叩いてメニューを出し、上から三つ目くらいにあるCONTROLLERとBluetoothの設定から変更していきます。

日本語に変更する前にコントローラーの設定をした方が何かと便利です。

日本語の設定

日本語の設定は、下から2番目のBATOCRA設定から行います。

日本語はJapaneseで選べば良いのですが、その下の項目にあるタイムゾーンの設定が大変なんです。でも、ここで1つ、L1ボタンで飛ばしながら選べます。上方向がL1ボタン、下方向がL2ボタンです。

何度か上方向に移動すればASIA/TOKYOが選べるでしょう。

最初、十字キーの上下だけだとリストが長くてかなり探すのが大変でした。L1とL2でページ移動できますよ。

豪華なインターフェイス

RecalboxもRetropieより洗練されていたデザインです。Batoceraは更にリッチな印象を受けます。

Recalbox同様にメニューは日本語表示に対応しています。Recalboxがポップな印象で、batoceraはクール、Retropieは良い意味でレトロですね。

ゲーム中のスクリーンショット

ゲーム中のスクリーンショットは、コントローラーから可能です。

ホットキー + L1

コントローラーの設定で、ホットキーに割り当てられるボタンが無い場合は、セレクトボタンを設定してください。

最初から入っているフリーROMの○ンキー○コン○(著作権、大丈夫か??)

共有されるshareフォルダ以下にあるscreenshotフォルダに保存されています。

メニューのキャプチャが取れない?

ゲーム中はキー操作で撮れても、メニューにいる間のキャプチャが撮れませんでした。PrintScnボタンも効きません。

Kodiもインストールされていて、スタートボタンからのメニュー切り替えできますが、Kodi側ではPrintScnボタンが効く。

batoceraのKODI

少し検索して調べたんですけど、見つかりませんでした。F8キーもダメでしたし、sshから撮ろうにもほぼ実行権がない。nanoくらいしか使えません。んー。

そのため記事にキャプチャ画像は無しってことで。

快適だ

まぁ、快適です。プレイ環境も動作はRaspberry Pi 400でサクサクと動きます。何も抵抗は感じません。

先に体験したRaspberry Pi Zero Wでは、やはりCPUが遅い上にメモリーも足りませんでしたから、メニューの動きはサクサクでも、少し待たないと次が出ない印象でした。

ほとんど気にならないのでまるで専用機です。

特にPi 400はキーボードしかない筐体ですから、尚更MSXっぽい。

Retropieしか使っていないと、batoceraやrecalboxには驚きますよ。まだの人はぜひ。

Raspberry Pi 4 メモリー8GBモデル

レトロゲームエミュレーターとしていくつか試した中で、主にRetropie、Recalbox、そしてBatoceraの3つは好みです。他にもPSのメニューライクなLakkaもあります。

Raspberry Pi Imagerでは、デフォルトでRetropieとRecalboxがメニューから選べてお手軽です。

好みで良いかと思いますが、色んな面で初心者にやさしいRecalboxがオススメできます。

ラズパイは登場時よりもスペックが上がりました。何でもエミュレートさせるには、CPUパワーやメモリー量が必要になります。スペックが高いRaspberry Pi 4のメモリー8GBがあれば、大概のことができるようになりましたね。

Raspberry Pi 4のメモリー8GBが1枚でもお手元にあると、このように他モデルでは少し難しいことが快適に動作します。少し値段が高くなってきましたが、PC買うよりも安いのでオススメしますよ。

※日本円実勢価格よりも高いのはお気を付けください。Raspberry Pi 4のメモリー8GBモデルの実勢価格は、RSオンラインを基準に考えると、9,800〜10,000円前後でしょう。コロナ禍になる前は9,000円が一つの目安でした。

コントローラー

購入してから5年くらい経っているLogicool ゲームパッドをいつもオススメしています。

Rレッド

お手軽なコスパの良いコントローラーであります?

こいつ、期待しないで買ったのに、結局壊れずにずっと使える格安コントローラーでした。流石に一応はメーカー製だけのことはある。うん。

Amazonでも5,000近くの評価が付いている商品は希だと思います。直ぐに壊れるとか、チープなのは低価格だからある程度は仕方ないでしょう。

むしろ、この価格ではマシといえます。短い時間で気軽に遊ぶコントローラーとしてはオススメできますね。

少なくてもレトロゲームにはピッタリです。

おまけ

sshは利用することは必須ではありません。特に何もしなくても、Wi-Fiに接続すれば同じネットワーク内のPC等からshareフォルダにアクセスできます。

もしもSSH接続で接続したい場合、デフォルトのIDとパスワードは以下です。

  • デフォルトのユーザー名:root
  • デフォルトのパスワード:linux

GPi Caseで使うにはRecalboxがオススメ!

SHAREする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる