作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

買ってはいけないRaspberry Pi ケース?!

製品情報
スポンサーリンク

少しネガティブな記事タイトルですみません。良いなーと思って買ったものの、結局使いにくい、または不具合があったケースをご紹介します。

見た目と価格と使い勝手が良いケースがなかなか見つかりませんね。

完全に購入を避けなくても一応参考にしてください。

安定しない

見た目が良いミルフィーユ形式のケースは使い勝手が悪い!

 

このような形状です。

 

順番に組み上げていく形で、基板を上手く置けません。若干ズレて積み上げると元に戻すのも一苦労します。

さらに4つのナイロンネジで固定するにも、締め具合によっては斜めに傾きます。

運が悪いと基板を挟み込むだけでなく、強く挟んでしまえば基板を痛めることでしょう。microSDカードも差せるようになっていても上手く入らない場合が多くストレスです。

 

見た目は涼しげで熱対策にも良いかと思えますが意外と冷却できません。ファンが付いているタイプはファンのお陰でアルミケースのそれと同じような効果はあります。

反面、プラスティックのためネジ具合では歪むため、ファンが干渉して音を出します。平行を保つにはネジの締め具合が微妙になります。

 

よく歪む

この歪むことが使用するまでは分かりませんでした。すでに3つ程の異なる製品を購入しました。全て破棄済みです・・・。

Raspberry Pi 2Bの頃に出回ったため、中には3Bに対応していなく、一部をニッパーで切り取らないと収められない始末です。少しとはいかないので、その分耐久性が劣り、すぐに歪む原因になりました。

※同じミルフィーユ形式でも、クーペタイプの半分ならば4枚なので、それほど歪みませんでした。

 

現在、他にも優秀なケースが販売されており、敢えてこのミルフィーユ形式を選ぶ理由が無くなりました。

3B+になってから、熱対策を考えると、ファン無しのアルミケースが最強です!

 

自作もあり

ここは自作ということもアリですね。

100円均一の小さなケースならば、柔らかい木製やプラスティック素材なため加工がし易いです!

同じく100円で水性塗料も買い、思い思いにデザインした色で遊ぶことも簡単です。自分で作ると愛着が沸きます。

いくつか購入しても1,000円もかかりません。

 

サイズ表

機種 サイズ
Raspberry Pi 3B+ 85mm x 56 mm
Raspberry Pi 1B、2B、3B 85.6 mm × 56.5 mm
Raspberry Pi Zero /W/WH 65 mm × 30 mm

 

このサイズにmicroUSB電源のコネクタの出っ張りを考えて購入してみてください。

大は小を兼ねると言います。大きめならば問題なく組み込めるでしょう。大きい方が加工もし易く結果として見栄えが良くなりますね。

こちらもご参考にしてください。

ミュージックサーバーのケースをDIY
pHAT BEATとRaspberry Pi Zero Wでミュージックサーバーで組み上げたシステムのケースを制作しました。 格安で手作り感たっぷりのかわいらしいデバイスになりました。 制...(続きを読む)

 

想い入れのあるケースの方が愛着が沸いてきますよ。
Zero系を定番のフリスクの中に収めるのもひとつは欲しいかも?!

このサイトは分かりやすい写真付きです。

フリスクでRaspberry Pi Zeroのケースを作る - 猫の手も借したい
前回、ぜろぴっぴを買った話をしました。 akkisino02.hatenablog.com フリスクケースの加工が終わったので一連の流れを記事に。 「フリスクケースにRasPiZeroを詰めた」という話はいくつか見たのに、実際の加工の流れを見なかったので需要あるかなと。無い? ノーマルサイズでいく 前回の記事で、「12...(続きを読む)
ご意見・ご感想
お気軽にメッセージください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
コメント欄以外にも、よろしければお気軽にメッセージください。

この記事についてのご感想などはもちろん、間違いのご指摘、またはRaspberry Piの世間話など何でもOKです!

この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダをフォローする
製品情報
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
ラズパイダ

コメント