[クーポン配布] LABISTS JP JP製ラズベリーパイ4Bセット品に使用出来る割引クーポンはこのバーをクリック

同一LAN内のIPアドレスを調べる方法(MacOSX編)

この記事は約3分で読めます。

Raspberry Pi をモニターレスで利用している時、SSHで接続したくてもIPアドレスが分からなくて困ることがあります。

固定IP化していればIPアドレスが変わることはありませんが、通常はIPアドレスは変わります。

また、インストール時にホスト名を設定していれば、IPアドレスではなく「ホスト名.local」でも繋がります。しかし、それを設定していないとなると分からなくなることがあります。

Macのターミナルで、arp-scanを使いLAN内のIPアドレスを表示させる方法がありますのでご紹介します。

スポンサーリンク

インストール

Mac OSXにはarp-scanは入っていません。これを先ずはインストールします。

brew install arp-scan
スポンサーリンク

調べるコマンドとオプション

arpコマンドで簡単に知るには以下のコマンドでOKです。

arp -a

これだとLAN内にある機器が出てきてしまい、Raspberry Pi だけとは限りません。

そこで検索して表示してみましょう。(フィルタリングかな)

arp -a | grep b8

arp -aの後にある|(パイプ)はSHIFTキーを押しながら¥マークで打てます。

これは次のコマンドと繋ぐと言う意味です。「〜とパイプがある」と日本語でも言いますね。

次のgrepは検索するという意味で使うコマンドです。

b8というのは、Raspberry Pi のMACアドレスはすべて「b8:27〜」で始まるため、それを抽出したいからです。

このようにb8から始まるRaspberry Pi が5台あることが分かりました。

(ただ、これだと恐らくキャッシュが効いていて、実際には電源が入っていないRaspberry Pi も検出されたりするようです。実際の台数と異なる場合、arpコマンドを実行するマシンを再起動してみると分かります)

使い方としては、Raspberry Pi の電源を入れる前に一度arpコマンドを実行し、Raspberry Pi が起動後にもう一度実行すると、1つ増えているのが分かるため特定できます。

arp-scanの場合

もう一つ、arpにはarp-scanがあります。

これは管理者権限で実行します。

sudo arp-scan -l --interface en0

こんな感じで表示されます。

arp-scan

※もしも表示されなければ、en0のインターフェイス種類はifconfigで調べてください。

こちらはベンダー名も出るので分かりやすいです。

当然ながらb8で絞り込んでRaspberry Pi だけ表示させられます。

sudo arp-scan -l --interface en0 | grep b8
スポンサーリンク

まとめ

私自身、arpコマンドはよく使います。

常時設置しているRaspberry Pi については、固定IPを設定しますが、とりあえず使う場合はそこまで設定しません。それにモニターを繋がずに利用することが多いからです。

できれば、セットアップ時にホスト名くらいは付けて置けば、次からは非常に楽になります。

sudo raspi-config

ホスト名を設定(例:hogehoge)

ssh pi@hogehoge.local

ホスト名を忘れてしまっては意味はありませんが・・・。

arpは何度も使ってみて覚えてください。

Raspbian Stretchで固定IPにする方法
...

コメント