同一LAN内のIPアドレスを調べる方法(MacOSX編)

公式Raspberry Pi OS

Raspberry Pi をモニターレスで利用している時、SSHで接続したくてもIPアドレスが分からなくて困ることがあります。

固定IP化していればIPアドレスが変わることはありませんが、通常はIPアドレスは変わります。

また、インストール時にホスト名を設定していれば、IPアドレスではなく「ホスト名.local」でも繋がります。しかし、それを設定していないとなると分からなくなることがあります。

Macのターミナルで、arp-scanを使いLAN内のIPアドレスを表示させる方法がありますのでご紹介します。

インストール

Mac OSXにはarp-scanは入っていません。これを先ずはインストールします。

brew install arp-scan

調べるコマンドとオプション

arpコマンドで簡単に知るには以下のコマンドでOKです。

arp -a

これだとLAN内にある機器が出てきてしまい、Raspberry Pi だけとは限りません。

そこで検索して表示してみましょう。(フィルタリングかな)

arp -a | grep b8

arp -aの後にある|(パイプ)はSHIFTキーを押しながら¥マークで打てます。

これは次のコマンドと繋ぐと言う意味です。「〜とパイプがある」と日本語でも言いますね。

次のgrepは検索するという意味で使うコマンドです。

b8というのは、Raspberry Pi のMACアドレスはすべて「b8:27〜」で始まるため、それを抽出したいからです。

このようにb8から始まるRaspberry Pi が5台あることが分かりました。

(ただ、これだと恐らくキャッシュが効いていて、実際には電源が入っていないRaspberry Pi も検出されたりするようです。実際の台数と異なる場合、arpコマンドを実行するマシンを再起動してみると分かります)

使い方としては、Raspberry Pi の電源を入れる前に一度arpコマンドを実行し、Raspberry Pi が起動後にもう一度実行すると、1つ増えているのが分かるため特定できます。

arp-scanの場合

もう一つ、arpにはarp-scanがあります。

これは管理者権限で実行します。

sudo arp-scan -l --interface en0

こんな感じで表示されます。

arp-scan

※もしも表示されなければ、en0のインターフェイス種類はifconfigで調べてください。

こちらはベンダー名も出るので分かりやすいです。

当然ながらb8で絞り込んでRaspberry Pi だけ表示させられます。

sudo arp-scan -l --interface en0 | grep b8

まとめ

私自身、arpコマンドはよく使います。

常時設置しているRaspberry Pi については、固定IPを設定しますが、とりあえず使う場合はそこまで設定しません。それにモニターを繋がずに利用することが多いからです。

できれば、セットアップ時にホスト名くらいは付けて置けば、次からは非常に楽になります。

sudo raspi-config

ホスト名を設定(例:hogehoge)

ssh pi@hogehoge.local

ホスト名を忘れてしまっては意味はありませんが・・・。

arpは何度も使ってみて覚えてください。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  2. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  3. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  4. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  5. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  6. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP