Argon ONE M.2ケースの組み立てと冷却ファンスクリプトのセットアップ

Argon ONEケースはマニュアルが付いています(英語)一通り眺めれば迷うことはないでしょう。上下を張り合わせるだけの簡単な仕組みです。

一時言われていたWi-Fiの感度に関して、一応5GHz帯を使いました。Wi-Fiが厳しい環境で無ければ2.4GHz帯も気になりませんでした。

裏側に電源ボタンが付いていて、この挙動をジャンパーピンで設定できます。電源ボタンを使いたいのでデフォルトのそのままにしました。

冷却ファンの制御スクリプトは、ネットからダウンロードして使います。

curl https://download.argon40.com/argon1.sh | bash

実行には管理者権限が必要かも知れません。Pop!_OSではそうでした。後からsudo !!で実行しました。

設定をするにはconfigコマンド

argonone-config

対話式で設定していきます。

冷却ファンのモードが3つあります。今回は2番目の3つの温度によって設定できるモードです。

55℃を超えたら20%、60℃を超えたら50%、そして65℃を超えたら100%の動作量にしてみました。100%だと僅かに高い音が鳴ります。

常時50%くらいでもいいかな。お好みで。

このファンコントロールをアンインストールするコマンドもあります。

argonone-uninstall

他にもオプションで購入しなければなりませんが、赤外線リモコンにも対応しています。使う予定はないので、ここでは省きます。

海外で人気があるのも頷けます。よくできていますよ。

対応したSSDドライブと共に購入して、Raspberry Pi 4の4GBモデルであれば、2万円以内に収まるでしょう。Raspberry Piを剥き出しで使わないなら、メタルボディも手伝い安心して使えるキットです。

以前にご紹介したNASPiとどちらが、と言われれば、Argon ONE M.2の方が組み立ても簡単でオススメできます。2.5インチ内蔵型のSSDドライブであればNASPiが対応していますから、価格もほぼ同じで甲乙付けがたい。

Raspberry Pi OS以外をインストールするのに向いていました。

このケースにPop!_OSをインストールして使っています。M.2 SATAのSSDドライブへ書き込むのに、外付け用ケースが無かったので、少し変わった方法で書き込みました。

参考:

Argon ONE M.2 Instructions Manual

目次
トップへ
目次
閉じる